狭くてもノープロブレム!垂直スペースを活用した収納術

狭くてもノープロブレム!垂直スペースを活用した収納術

お部屋が狭くて足の踏み場もない……そこまでではなくても、収納からモノが溢れ出ている、お部屋の隅にモノが山積みになっている、なんてことはありませんか?そんなときは床に置くのではなく、壁面を使ったり空中に吊り下げたりすることで、狭くてもすっきりした収納は叶います!

置くだけ・掛けるだけ!簡単収納

まずは、壁面を使った「置くだけ・掛けるだけ簡単収納」をご紹介します。少しのスペースがあれば置けるラックや、一度取り付けてしまえば長く使えるフックなど、今日からでも実践できる収納アイディアです。ポイントは、がらーんと空白になっている壁面を有効に使うことです。

立てかけるだけ♪ラダーラック

アクタスのラダーラックをお使いのmomo3さん。ブラックの支柱と天然木のバーの組み合わせが、モダンな雰囲気のお部屋に調和していますね。おしゃれなディスプレイのようでいて、しっかり垂直スペースを活用した収納としても機能しています。

置くだけでOK!コートハンガー

かさばるアウターの収納場所って迷いますよね。そんなときは、わずかなスペースがあれば置けるコートハンガーがおすすめです。Norieさんのように、お部屋のコーナーを利用して立てかけるだけで、コートやバッグなどの収納場所が完成します。

上下のフックを使い分け

イームズ風のアイアンハンガーを自作されたTurquoise_Diceさん。リズム感のあるデザインが、壁のカラーリングともぴったりです。帽子は上のフックに、洋服やバッグは下のフックにと、高さの異なる上下のフックを使い分ければ、収納量も2倍に増えるのがうれしいですね。

使えるピクチャーレール

集合住宅にはデフォルトで装備されていることも多い、ピクチャーレール。一度取り付けてしまえば、フックを増やしたり位置を変えたりと、汎用性の高いアイテムです。sachikoさんのように、ディスプレイのようにかわいく有効活用したい方におすすめです。

ピクチャーレールをもっとかわいく便利に有効活用したいです!!
sachiko

取り付けるだけ!棚で収納量アップ

「収納量を増やすには、収納家具を置く」とお考えではないでしょうか。ちょっと待ってください!収納家具を床に置くということは、その分、床面積が狭くなってしまいます。ここでも壁面に注目です。壁に棚を取り付ければ、床面積は広く使えるうえに、収納量が増えて、いいとこどりだと思いませんか?

角を利用して棚を交互に取り付ける

ルームクリップのユーザーさん御用達の、「無印良品の壁に付けられる家具」はもはや定番ですね。マンションのように部屋に柱の出っ張りがある場合、445さんのアイディアが参考になります。柱と壁のコーナーを利用して棚を交互に取り付ければ、ディスプレイのような収納に早変わりです。

ストリングシェルフなら粋な収納に

アルテックのストリングシェルフは、さまざまなパーツを組み合わせて作る壁面収納棚です。m.hOmeさんのように壁にビス止めしたり、壁に穴があけられない場合はピクチャーレールのフックに吊るしたりもできます。ディスプレイ棚としてはもちろん、スタイリッシュな収納棚としても機能するアイテムです。

棚柱があれば棚を増やせる

ホームセンターでも購入できる、柱棚を使った壁面収納です。収納がほしい壁面に取り付けておけば、ブラケットと棚を追加するだけで、収納量も増やせます。ancoさんのお宅では、デッドスペースになりがちな傾斜天井下に棚柱を設け、洗面所で必要なものをすっきりと収納されています。

アイディア無限大!ディアウォール

賃貸DIYの強い味方、ディアウォール。壁や天井を傷つけず、突っ張るだけの簡単DIYともあって、今や大人気アイテムですよね。ツーバイフォー材と組み合わせて、アイディアしだいでいかようにも応用できてしまう優れもの。垂直スペースを有効に使うためにも、ディアウォールに頼らない手はありません。

置き場所に困る乗り物のスゴ技収納

ペダルなし二輪車の「ストライダー」を垂直スペースに収納した、hiro.rororoさんのスゴ技です。自転車用のフックを使ったアイディアは、乗り物の置き場所に困っている方はぜひともマネしたいですね。ツーバイフォー材と玄関ドアのカラーリングが、申し合わせたかのようにピッタリなのにも注目です。

ストライダーかけるやつ作りました。 最近お気に入りのDIYパーツ、PILLAR BRACKETを使って。
hiro.rororo

ショップディスプレイのように♪

キュートなハンドメイド作品が並ぶ、hemukoさんのディアウォール収納です。まるでハンドメイドショップのように、抜群のバランスでディスプレイされています。有孔ボードを取り付けたことで、作品のサイズによって配置を変えられるのがポイントですね。

こちらはベッドサイドの壁ですが、2×4材を使ったディアウォール棚に有孔ボードを取り付けています。 枕元に近い棚にはスタンドライトや小物などを並べて、有孔ボード部分には自分の毛糸作品を掛けて飾ってます。 左側にはカバンやドライフラワーなどを引っ掛けており、飾ることを楽しみながら実用的な棚として使ってます。
hemuko

夢の壁掛けテレビも思いのまま

壁掛けテレビは憧れるものの、配線や下地の補強など、注文住宅のように建築段階から計画しておかないと難しいものです。注文住宅でなくても、賃貸でも、ディアウォールなら Aloaloさんのように壁掛けテレビは実現できます。テレビ台がいらない分、省スペースにもなって一挙両得ですね。


いかがでしたか?置くだけ、掛けるだけ、取り付けるだけなど、誰でも簡単に始められる、垂直スペースを活用した収納術をご紹介しました。収納スペースに困っている方、もっと空間を有効活用したい方は、ぜひご参考になさってくださいね。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「収納」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ