リラックス感アップ!こだわりのクッションカバーでお部屋を快適に

リラックス感アップ!こだわりのクッションカバーでお部屋を快適に

さまざまなデザインのものがそろう、定番のインテリアアイテム、クッションカバー。お気に入りのものが見つかれば、ついたくさん欲しくなってしまいますね。リビングやベッドルームのインテリアにぜひ取り入れたい、おすすめのデザインやリメイクアイデアをご紹介します。

シンプルなお部屋のアクセントに

シンプルなコーディネイトのお部屋には、カラフルで存在感のあるクッションカバーがおすすめです。インテリアの良いアクセントになってくれますし、クッションひとつでお部屋の印象を大きく変えることもできます。リビングやベッドルームが寂しいなと感じたら、クッションカバーを活用しましょう。

ナチュラルインテリアを華やかに

シンプルなアイテムで作られた北欧ナチュラルにぴったりのネイビーとイエローのクッションカバー。淡いグレーのソファを上品に彩ってくれています。モノトーンな北欧柄クッションカバーも加えれば、お部屋全体が一気に明るい雰囲気になりますね。

9月に入りましたね♪ 秋の模様替え…とまではいきませんが、気分転換にクッションカバーを1つだけかえました~(*´U`*)
SAYO

シャビーインテリアにはファーやニットを

上品で大人っぽい雰囲気を漂わせるシャビーシックは、シンプルで上質なアイテムでコーディネイトされることが多いスタイルです。そんなお部屋には、ファーやニットなどのクッションカバーがお似合い。ホワイトのソファやシャギーラグともマッチして、さらに上質な空間に仕上がっています。

存在感たっぷりのシカがお部屋の空気を一新

大きな角を持つシカがこちらを見つめている、インパクト大なクッションカバー。グレーが多めのモノトーンインテリアの中でも、存在感を放っていますね。優しい印象のグレーのブランケットや、ラグが暖かい雰囲気を演出し、シカのクッションがお部屋全体をキリっと引き締めてくれています。

柄クッションカバーでかんたん模様替え

家具を移動させたりする大がかりな模様替えは大変ですが、小物を投入するだけで、お部屋の印象を変えることができます。柄のクッションカバーを活用すれば、それだけでかんたんな模様替えに。ぜひインテリアに取り入れたい、おすすめの柄をご紹介します。

思わず癒されるキリム柄のクッションカバー

北欧インテリアやカリフォルニアインテリアなど、さまざまなインテリアスタイルにマッチするキリム。クッションカバーに取り入れると、リビングやベッドルームがリラックスムード満点の空間に変身します。暖かみのある優しげな表情に、思わず癒されてしまいそうですね。

明るくポップなお部屋ならドット柄

明るい雰囲気のリビングを作るなら、ドット柄のクッションカバーがぴったりです。どんなスタイルとも相性が良く、他のインテリアアイテムとコーディネイトしやすいのも魅力ですね。グレー×ホワイトのお部屋に、イエローとグレーのドット柄が良いアクセントになっています。

ナチュラルインテリアに映えるチェック柄

どんなスタイルにもマッチするチェック柄のアイテム。シンプルナチュラルにコーディネイトされたお部屋には、ギンガムチェックのクッションカバーがおすすめです。ギンガムチェックは、レースやフリルとも好相性。一緒に並べたレースのクッションが、さらにガーリーな雰囲気を強調してくれていますね。

今日は2年生になった長女の授業参観♪パパも会社休みだったので一緒に見に行きました♡普段なかなか行けないので娘ちゃんも嬉しそうでした( ᵕ́ૢ‧̮ᵕ̀ૢ)‧̊·*帰りにニトリでお買い物〜♪新しいクッションカバー、チェックとレース♡♡レースの方めっちゃ可愛い〜(⸝⸝˃̶͈ ૢ ૢ˂̶͈⸝⸝)♡後はブリキのジョウロもゲット♪♪
asami.

ハンドメイドやリメイクにも挑戦!

クッションカバーは、インテリアアイテムの中でもハンドメイドやリメイクがしやすいもののひとつ。欲しいイメージにあったものや気に入ったデザインのものが見つからなかった時には、ぜひトライしてみてください。デニムやTシャツなどをリメイクする方法もおすすめです。

お古のニットがクッションカバーに変身

ラグマットとニットを組み合わせたら、こんなに存在感たっぷりのクッションカバーができました。モノトーンインテリアやナチュラルインテリアで大活躍してくれそうですね。着なくなった古いニットをうまく活用した、参考にしたいリメイクアイデアです。

クッションカバーが出来上がりました♪ 3Coinsのラグマットに、着なくなったグレーのニットを足して作りました。なかなかいい感じになったと思います(^^)
Kaneyuki

ステンシルでハンドメイドをさらにかっこよく

ステンシルを活用すれば、既存のクッションカバーにロゴや模様を入れるだけで、かんたんにリメイクをすることができます。西海岸インテリアにもぴったりのクッションカバーを手に入れるなら、ぜひステンシルに挑戦してみてください。デニム生地作ったものにロゴを入れれば、さらにサーフテイストあふれる仕上がりに。

履かなくなったデニムをカバーにリメイク

デニムは、さまざまなリメイクに使うことができます。履かなくなったデニムがクローゼットに眠っているなら、ぜひリメイクに活用してみましょう。デニムのポケットやタグ部分が見えるようにパッチワークしたクッションカバーなら、お部屋のインテリアの良いアクセントになってくれそうですね。

手作りカバーはおそろいのデザインで

ブルーのチェック柄の生地を使ってクッションカバーをハンドメイドされています。同じ柄の生地を使ったり、おそろいのデザインで統一すれば、お部屋のインテリアコーディネイトがさらに魅力的に。ロゴやワンポイントなどで変化を付けられるのも手作りならではの楽しさです。


シンプルなお部屋を華やかに見せてくれたり、インテリアの良いアクセントになってくれるクッションカバー。リビングやベッドルームを、今よりももっと快適な空間にするなら、ぜひクッションカバーにもこだわってみてはいかがでしょうか。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「クッションカバー」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ