「23m2。ふわりとアソビ心が漂う、シンプルな北欧スタイル」 by chiiiさん

「23m2。ふわりとアソビ心が漂う、シンプルな北欧スタイル」 by chiiiさん

本連載ではRoomClipユーザーさんが暮らすワンルーム・1Kをご紹介。真似できるリアルな工夫やとっておきのスタイルを探っていきます。

今回は、神奈川県の23m2の1Kで一人暮らしを楽しむchiiiさんの、柔らかさのあるシンプルな北欧スタイルのお部屋をご紹介します。色・柄が心地よいリズムで取り入れられていて、シンプルだけれど無個性にしないスタリングが魅力的です。

今回教えてくれたユーザーさん♪

プロフィール

もうすぐ1人暮らし歴1年を迎えます。好きな柄、好きな色、好きなものに囲まれて暮らせることが楽しい毎日です。居心地の良い空間を日々、つくっていくことも楽しいです。

お住まい

  • お住まいの地域: 神奈川県
  • お部屋の種別: 1K(キッチンと居室がドア等で仕切られている)
  • 居住面積: 23.07m2
  • 家賃: ヒミツ
  • この家に住む人: 一人暮らし
  • ご職業: アパレル関係
  • 趣味: 旅行、ライブ、映画、写真、買い物

いまのお部屋に決めた理由はなんですか?

chiiiさん

「新築だったことや南向きで太陽の光が気持ちよく入ること、フローリングも白っぽく、全体的に明るいお部屋だったことが決め手です。駅から徒歩7分、スーパーも徒歩1分圏内という立地も良いところです。」

お部屋のこだわりを教えてください

chiiiさん

「北欧をテーマにした、すっきりシンプルなお部屋です。カラーはホワイトを基調に、ベージュ・グレー・ブルーを合わせ、グリーンやイエローを差し色に少し使っています。また、切り花を置くことも多いので、季節ごとの自然な色彩も楽しんでいます。観葉植物のグリーンも部屋のカラーリングには重要です。

あとは、目につく場所に、自分のお気に入りが見えるようにレイアウトしています。 例えばムーミンのボックス、ケーラーの花瓶などは好きなアイテムなので、いつも目につく場所に置いています。マリメッコも大好きなので、食器で使っています。」

気づいたらいつも居る場所はどこですか?

chiiiさん

「テーブルの前です。ご飯を食べたり、テレビを見たり、読書をしたり、音楽を聴いたり……日々の生活の中心的な場所です。」

柔らかナチュラルな北欧スタイリング【ここがポイント!僕&私の工夫】

①優しいカラーのコントラストと北欧柄ですっきりと

chiiiさん

「すっきりしているお部屋を目指して、物をあまり置かず、シンプルにまとめています。カラーもベージュ、ホワイト、ブルー、グレーのコントラストが気に入っています。また、柄ものを入れる場合は、単色を選ぶようにして北欧っぽい雰囲気になるように意識しています。」

②植物と花器のナチュラルなアクセント

chiiiさん

「観葉植物とお花の場所を作っています。 テレビ周りは目につく場所なので、意識的に植物を置くようにしているんです。ケーラーの花瓶や友達からのプレゼントの一輪挿し花瓶もお気に入り。インテリアのアクセントになるので、コーディネートのポイントにもなってくれていると思います。」

③アイコンは北欧の愛されキャラ

chiiiさん

「ムーミンを見せています。 天井にある棚には、大好きなムーミンのボックス(衣類を入れています)を置いて、癒されています。もう一つ棚があるのですが、そこにはムーミン・ムーミンパパ・ムーミンママのフォルムをしたツボ押しが並んでいます。」

④リンクコーデでトイレもさっぱり

chiiiさん

「トイレ雑貨もカラーを統一しています。 ホワイトとブルーの2色で清潔感のある空間にしました。 あまりたくさんは物を置けないので、最低限で楽しんでいます。」

⑤キッチンの生活感もお気に入りスタイルで

chiiiさん

「キッチン周りもカラーを統一しています。 毎日使うブルーのやかんは、特にお気に入りです。あまりスペースがないのでセリアで買ったフックに、調理器具を吊るして使っています。」

最近買ったナイスなアイテムを教えてください

ITEMイームズチェア(リプロダクト)
PRICE2760円(税込)

イームズチェアを置くことで北欧テイストに近づけるので、インテリア的に良いです。また、ミニテーブルをセットして、座りながらコーヒーを飲むこともあります。ちょっとした物を置くにも便利です!

販売サイトで商品を見る

今後インテリアで挑戦してみたいことがあれば教えてください

chiiiさん

「これから夏になるので、カゴを使ったインテリアを試してみたいです。ドライフラワーを入れて飾ったり、床に置いて小物や衣類を入れたり……いろいろ工夫して使って行けたらと思います。 今は、IKEAのカゴが気になっています。」

お話をお伺いして

chiiiさんは、1Kの居室部分の明るい窓際にベッドをレイアウトし、そこからゆるやかにローテーブルやテレビといった生活アイテムを入り口に向かって配置されています。あえてソファではなくクッションを使うことで、よりリラックス感が強調されているのが印象的です。また、明るい木目の木製ファニチャー中心のコーディネートも、ホッと気持ちを癒してくれます。そして、優しいトーンの北欧スタイリングが、そんな癒し系の空間にアソビと心地よいアクセントをつけていました。日常づかいのお皿に、鮮やかなマリメッコのお皿を取り入れたり、見える場所に北欧発のキャラクターアイテムを並べたりといった、暮らしの中に自然と「北欧」を取り入れる工夫も素敵ですね。

chiiiさんは好きなことや物を楽しみながらお部屋づくりをされています。キャラクターアイテムも印象的な柄も、カラーや素材を意識して選ぶことでインテリアの中にさらりと溶け込ませ、存在感をふわりと軽く漂わせるのがchiiiさん流のスタイリングの魅力。そんなchiiiさん流の個性がふんわり香るスタイリングなら、1Rや1Kといった範囲の限られた住まいでも自分らしい暮らしづくりができます。ぜひ、参考にしみてください。


chiiiさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ