力強さと繊細さ!アフリカの幾何学模様をインテリアに

力強さと繊細さ!アフリカの幾何学模様をインテリアに

このところ海外でも再評価が高まっている、アフログラフィズム(Afrografism)なアイテムをご紹介します。こちらは、「アフリカ」と「幾何学模様(グラフィカル)」からくる造語です。テキスタイルや手仕事で生み出される暮らしの道具などを中心に、アフリカンアイテムを取り入れたインテリアを見ていきましょう。

使い勝手のいい幾何学模様のアフリカンテキスタイル

まずはじめにご紹介したいのは、アフリカのテキスタイルを取り入れたインテリアです。さまざまな民族の手仕事によって生まれた布にデザインされた幾何学模様には、アフリカの自然や人々の願いが込められています。シンプルなパターンの連続が生み出す、新鮮なインパクトをお楽しみください♪

アフリカの部族による手作りの布を飾る

インテリアにテキスタイルを取り入れる方法はいくつかあります。その1つが、壁に飾って楽しむ方法です。shinさんは、クバ族というアフリカの部族が手仕事で作り出すファブリックを、アートのように廊下の壁にかけて楽しんでいます。手前には木のコンソールテーブルを置いて、バランスよく小物を飾っていますね。

玄関の廊下もディスプレイ変更。 探しまくったちょうどいいサイズのクバ族の草ビロード。
shin

ベッドルームを印象的に見せる布使い

こちらは、freakycatさんのベッドルームです。白い壁に白いベッドリネンという、シンプルなインテリアの中に、アフリカの幾何学模様アイテムをミックスさせています。窓をカバーするように掛けられた、モノトーンのテキスタイルが印象的ですね。シンメトリーに配置したフレームもおしゃれです。

窓際の布は部屋の印象をガラッとかえてくれるお気に入りの布です!
freakycat

ナチュラルシックなリビングに合わせて

こちらは、luv_asakoさんのリビングです。木の質感を活かしたナチュラルシックなインテリアでまとめられています。ブラックのソファに掛けられたスローは、アフリカの泥染めと呼ばれる手法で作られたものだそうです。アースカラーの組み合わせや大胆な幾何学模様が、アクセント効果を発揮していますね。

アフリカンファブリックをカーテンに

maclocuraさんは、アフリカのファブリックを使ってカーテンを手作りされたそうです。リビングの階段横に飾られ、アートのような雰囲気ですね。ネイビーブルーにグリーン、そしてイエローが使われた幾何学模様が目を引きます。個性的で存在感の強いファブリックは、インテリアのアクセントにもおすすめです!

アフリカン幾何学模様は暮らしの道具にも

続いてご紹介するのは、アフリカで作られた壺やかごなどの暮らしの道具たちです。アフリカのデザインは、自然の素材を組み合わせてドラマチックなインテリアを作り出します。アフリカの幾何学模様を組み合わせたBOHOスタイルも、シンプルなデザインと合わせたモダンスタイルも、どちらも魅力的ですね。

シンプルでモダンな幾何学模様の壺

Katsuraさんのお部屋に置かれている壺は、アフリカのタンザニアで購入されたものだそうです。丸みのあるブラックのベースに彫られたシンプルなラインが、なんともモダンな表情ですね。アフリカの幾何学模様アイテムの多くは、天然のものや有機物を利用して作られているので、ナチュラル度が高まります。

タンザニアで買った木の実?でできた壺。
Katsura

木製家具と相性のいいアフリカンバスケット

ほのかな灯りが美しいmm319さんのディスプレイコーナーには、アフリカのバスケットが飾られています。アフリカの各地で作られているバスケットは、その地域によって少しずつ形や模様が違うようです。天然素材を使って手仕事で作られているので、観葉植物や木製の家具との相性がバツグンです。

色味がそろったアフリカンアイテムを並べて

Hirokoさんは、アフリカのザルとお皿を一緒にディスプレイしています。シンプルな編み目に、シマウマ柄のようなブラックのラインが入ったデザインがモダンですね!お皿はモロッコのものだそうですが、大人っぽさのある幾何学模様が魅力的です。色のトーンが似ているので、統一感のあるコーナーになりました。

アフリカの幾何学模様をミックススタイルで

最後にご紹介するのは、アフリカの幾何学模様アイテムをさまざまに組み合わせたミックススタイルのインテリアです。アフリカンなファブリックやかご、壺やお皿などの陶器を美しく取り入れたインテリアをご覧ください。ほかの地域の手仕事や民芸を取り混ぜてもステキですよ。

まるで、海外のインテリアのような美しさ

海外のショップのような美しいディスプレイは、yupinokoさんのベッドルームです。少しずつ段差が生まれるように配置された棚板シェルフや、余白を残した飾り方など、参考にしたくなるアイデアがギュッと詰まっています。どれも天然素材が使われているので、トーンもそろい落ち着きがありますね。

元和室とは思えない!アフリカンな空間

sayumamaさんは、和室にクッションフロアを敷いて、ご覧のようなアフリカンムード漂う空間にしつらえています。大きめサイズのバスケットは、アフリカのブルキナファソのものだそうです。壁にハンギングされたファブリックや、低い位置に設置されたシェルフに並んだザルなどに、手仕事のぬくもりを感じます♡

布のデザインや質感を活かした使い方を

STELLA_SEAさんは、アフリカの布を2Wayで楽しまれています。インディゴブルーの布は、流木を使ったハンガーに掛けたハンギングスタイルです。細かな幾何学模様のモノトーンファブリックは、床に敷いています。それぞれのデザインや質感を活かした使い方がステキですね。アジアの雑貨とも相性がよさそうです。


アフリカの幾何学模様をインテリアに取り入れるアイデアをご紹介しました。天然素材や有機物を素材にしているものが中心なので、落ち着きのあるカラートーンになりますね。手仕事のぬくもりとモダンなデザインを楽しんでみませんか?


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「アフリカ 幾何学模様」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ