そのすき間を収納に!無印良品のポリプロピレンストッカー

そのすき間を収納に!無印良品のポリプロピレンストッカー

ポリプロピレンストッカーは、無印良品の収納アイテムの中でも、人気のあるもののひとつです。すき間を収納にしてくれる、すぐれものですよ。今回は、そんなポリプロピレンストッカーの特徴と、ユーザーさんたちの使用例をご紹介します。すき間や収納にお悩みの方、必見ですよ!

ポリプロピレンストッカーとは

ポリプロピレンストッカーは3種類。すべて約幅18×奥行40×高さ83cmですが、引き出し3段タイプが1つと、4段タイプが2つあります。引き出しの深さが違うので、収納したいものに合わせたサイズを選べますよ。追加ストッカーを使えば、引き出しの増加や、オリジナルの組み合わせを作ることも可能です。

特徴その1・すき間にぴったりの幅

ポリプロピレンストッカーの最大の魅力は、すき間にフィットする絶妙なサイズであること!生活の中で使うものを片付けるには十分な幅なので、お部屋の中のどんなすき間にも活躍しますよ。こちらのように、玄関のちょっとした場所にもぴったりフィット!スペースを有効に使える、ナイスなアイテムなのです。

玄関に無印良品のPPストッカーを置いています。 下の引き出しから、カイロ、マスク、ティッシュ、ウェットティッシュ。 1番上には、宅急便や回覧板用の印鑑・ボールペンなどが入っています。
sumiko

特徴その2・移動らくらくなキャスター付き

キャスター付きなので、移動もとても簡単です。掃除の時や、模様替えの時にも動かしやすくて便利ですね。作り付けのカウンターデスクで、キャビネットのように使用している86yuki39さん。カウンターのどの位置に座っても、キャビネットも一緒に移動できるので、使い勝手がよさそうです。

特徴その3・どこにでもなじむシンプルさ

カラーは半透明、かたちはスタンダードなデザインなので、どんなテイストのお部屋にもなじみやすいアイテムです。生活スペースの片隅に置かれた、yururi_lifeさんのストッカー。壁や床のカラーに溶け込んで、お部屋にマッチしていますね。お部屋の個性を壊さない、シンプルで飽きの来ないアイテムです。

おすすめはキッチン&ランドリー

すき間が生まれやすい場所といえば、キッチンやランドリーではないでしょうか。ユーザーさんたちも、冷蔵庫横や洗濯機、洗面台の横などで使っている方が多く見られます。すき間を活かして、ポリプロピレンストッカーをどのように使用しているのでしょうか?早速チェックしてみましょう。

洗面台と洗濯機の間で

shinomamaさんのバスルームでは、洗面台と洗濯機のすき間に、ポリプロピレンストッカーを設置。洗面台と同じ高さなので、洗剤を置いたり、ちょっとした作業台にしたりと便利そうですね。半透明のストッカーや、ホワイトのボトルに詰め替えられた洗剤が、バスルームをより清潔感のある空間に仕上げています。

キッチンカウンターの下に

モノトーンのシックなキッチンでも、ポリプロピレンストッカーが活躍。おしゃれ家電やスパイスボトルが目をひく中で、ポリプロピレンストッカーは目立ちすぎず収納の役目をしっかり果たしています。まさに、縁の下の力持ち!収納するものに合わせて、引き出しの深さを替えているところもポイントです。

トイレと洗面台の間で

広くない場所でこそ、力を発揮しますよ。単身用住宅などの、スペースが限られたバスルームには、ポリプロピレンストッカーがぴったり。AMickeyさんは、洗面台とトイレの間に設置しています。引き出しの中はもちろん、上にはすぐ使いたいものを置けるので、見た目より収納力があるところもいいですね。

冷蔵庫と家具の間にさりげなく

キッチンとダイニングの間に、さりげなく設置されているmomo0907さんのポリプロピレンストッカー。シンプルゆえに主張しすぎず、でもすき間をしっかりと収納にチェンジできていますね。ホワイトでまとめられたキッチンとも、ナチュラルな木目の家具とも、相性ばっちりです。

アレンジでオリジナルストッカーに

中に何が入っているか分かりやすいところも魅力的ですが、目隠しを付けて中身を隠したり、アレンジを施したりしているユーザーさんもいます。生活感がなくなり、ぐっとスタイリッシュになりますよ。シンプルな目隠しから、本格的なDIYまで、ユーザーさんたちのオリジナルストッカーを見ていきましょう!

ホワイトの目隠し

他の収納アイテムに合わせて、ポリプロピレンストッカーの引き出し部分にホワイトの目隠しを付けたtamtam_homeさん。ホワイトで統一されたクリーンなキッチンは、とてもさわやかですね。すべてがぴったりとフィットしていると、美しくて気持ちがいいです。

ホワイトの目隠し+イラストラベル

umimicaさんは、清潔感のあるホワイトを基調に、中身が分かりやすいようラベルを制作しました。生活感は隠れても、中身は分かりやすいというアイディア目隠しですね。イラストの付きなので、家族みんなが分かりやすそうです。見た目のきれいさと、ママの優しさを感じるストッカーです。

ブラックの目隠し+マグネットシート

ブラックとブラウンの組み合わせが男前なこちらでも、ポリプロピレンストッカーが大いに役立っています。akoさんは、目隠しにブラックを使用しました。さらに側面にタイル調のマグネットシートを貼りつけ、磁石と突っ張り棒で引っ掛け収納も作っています。好きなテイストと便利さを追求した、かっこよすぎる一品です。

無印のキャスターケース脇にマグネットプレートを両面テープで貼り付けて、大きめのマグネットに突っ張り棒を引っ掛けて、歯磨き粉とかクレンジングなどのチューブ物をクリップで引っ掛けてます。
ako

家具や家電を配置すると、どうしても生まれてしまう『すき間』。どうせなら収納に替えて、有効活用してみましょう。無印良品のポリプロピレンストッカーを使って、すき間収納にぜひトライしてみませんか。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「無印良品 ポリプロピレンストッカー」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ