どう飾る?!お部屋がおしゃれになるニッチのディスプレイ

どう飾る?!お部屋がおしゃれになるニッチのディスプレイ

お部屋にニッチはあるけれど、どう飾ればおしゃれなお部屋になるのかわからない……、ニッチの使い方て難しいですよね。今回は、ニッチをセンス良くディスプレイして魅力的なインテリアをつくりあげている方々のお部屋をご紹介します。これからニッチをつくりたいと考えている方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

おうちの顔となる玄関ニッチのディスプレイ

お客さんが遊びにきて、まず目にするのが玄関インテリア。玄関にニッチがあれば、飾って自分らしくお客様をお迎えできます。だからこそ、どう飾ればいいのか迷ってしまいますね。そんな方へ、参考になる飾り方をユーザーさんの実例を参考にご紹介します。

ひかえめな飾りで味わいよく

moco2_homeさんの玄関は、シンプルな空間にデザイン性の高いアイテムのつまった質の高い玄関インテリアです。室内へ続く扉とちょうどよいバランスでもうけられているニッチには、シンプルで味わいのある飾りを置かれています。ひかえめでシンプルなところから、センスの良さが伝わってきます。

玄関のニッチにちょこんと小さなひな飾りを。 わらの土台に和紙で折られたお雛様とお内裏様。 シンプルで私好み。 手作りマーケットで350円というびっくり価格! 伯父から新築祝いにギャッベの玄関マットをいただいたので敷きました。 ふかふかで気持ちよい。
moco2_home

和風と北欧風が心地よく融合したお正月飾り

和風の飾りが、モダンに感じられるこちらは、shiokoさんの玄関ニッチ。和のアイテムである手ぬぐいと、北欧デザインのフローラベースを使って、和と北欧のものが心地よく融合したディスプレイです。季節を感じる小物やお花を、和風になりすぎないようにディスプレイしたい方のお手本になるような飾り方です。

玄関ニッチをコレクションスペースに

ninさんは、デザイナーのアレキサンダー・ジラルドがデザインしたウッデンドールをひとつずつ集めて、玄関のニッチに飾られています。黒い背景が、さまざまな色や形をした一体一体のよさをひきたてています。ずらっと並んだ様子は、美術館の一角のようで、ニッチをコレクションのスペースとして上手に使われています。

ニッチのある魅力的なリビング・ダイニング

長い時間を過ごすリビングやダイニングは、お好みのものと一緒に楽しく過ごしたいですね。さらに素敵な空間にすることで気分も変わります。続いては、リビングダイニングにニッチをもうけて、心地よいインテリアを実現されている方々のお部屋を見ていきましょう。

トータルコーディネートを考えたニッチ

happy7さんのリビングダイニングは、おしゃれなカフェのよう。ところどころにある黒が差し色となって、かっこよくあたたかみのあるお部屋になっています。ニッチの余白からみえる黒が、お部屋の中でいいアクセントになっています。お部屋全体のバランスを考えたニッチと余白の取り方は、ぜひ参考にしたいです。

生活感を出さずニッチに飾るように置く

色のバランスがよくさわやかなキッチンとダイニング。KotoRiさんはキッチンカウンター下にデッドスペースができないよう、ニッチを設けられました。ダイニングで使うものを置けば、カウンター上もすっきりします。生活感が出ないようにされているティッシュは、小物と一緒にディスプレイしているかのようです。

ニッチも含めた壁全体をディスプレイ

yururi-8239223さんのお部屋は、懐かしさの中におしゃれで温かい雰囲気があります。時計の下には3つのニッチがあり縦に並んでいるため、視線は自然と上がります。色味を抑えた小物がまとまりを生んでいます。ニッチの中を飾るだけでなく壁の前にあるものも含めて、壁一面がディスプレイになっています。

地震対策でお気に入りを安心して飾る

sari-rinさんは、お気に入りのものをダイニングカウンター前のニッチに飾っています。愛着のある小物は、日々の暮らしの中で目に入る場所に置いて、ずっと大切にしていきたいものです。そのために地震対策用のアイテムを使い、落ちて壊れることのないように工夫されています。安心できる工夫もうれしいですね。

ニッチ棚、復活♡ 地震の心配も、まだまだ続く中、 お友達に教えてもらった地震対策グッズを購入しました。 「ミュージアムジェル」という商品です(o^^o) 陶器の置物や、お皿、フィギュアなどの転倒防止! リサライオンやマリメッコマグの底にくっつけて固定させました(^-^)v ぴったりくっついて、とてもいい感じ♡
sari-rin

実用性とデザイン性を兼ねそなえた水廻り

玄関やリビングやダイニングだけでなく、水廻りにもニッチをもうけている方々がいらっしゃいます。どうすれば魅力的に飾りながら実用性も兼ねそなえた空間をつくることができるのか、ユーザーさんのお部屋を参考に考えてみましょう。

100均小物でトイレをイメージチェンジ

ニッチに置かれているアンティークな雰囲気の小物が、タイルと相性がよく魅力的なニッチをつくっています。こちらは、erinkoさんのトイレです。100均の新商品でディスプレイを少し替えられたそうです。このように100均のものを上手に取りいれられれば、新しいディスプレイにもチャレンジしやすいですね。

キッチンで必要なものを飾りながら使う

サブウェイタイルと黒い窓枠がかっこいいキッチンです。Maiさんのキッチンにあるニッチには、ヴィンテージや男前といったインテリアの雰囲気にピッタリの容器に調味料が入っています。はかりや、カッティングボードなどの使うものを、飾りながら収納すれば、使い勝手もよくキッチンも美しく保てます。

コップをつるして乾かしながらディスプレイ

まるい鏡がアクセントクロスと相性の良いShinoさんの洗面所は、蛇口や照明などいたるところにほどよくヴィンテージ感を取り入れられていて、爽やかな中に個性の光る空間。ごちゃつく洗面台もニッチに小物を納めればすっきり見えます。コップを吊るせば、乾かしながらディスプレイのようにもなりますね。


今回は、ニッチをディスプレイして魅力的なインテリアをつくっている方々のお部屋をご紹介しました。実例を参考にディスプレイを楽しんでみてはいかがでしょうか。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「ニッチ ディスプレイ」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ