「挿し色が絶妙な北欧モダン。家族を思う癒し系の空間づくり」 by YAAKOさん

「挿し色が絶妙な北欧モダン。家族を思う癒し系の空間づくり」 by YAAKOさん

RoomClipに登録された新しいユーザーさんの中から、毎回お一人をピックアップしてご紹介する本連載。今回は、北欧×モノトーンをベースにしたモダンなスタイリングで、家族がゆったりとくつろげる住まいづくりをされているYAAKOさんと、そのお宅をご紹介していきます。

今回ご紹介するのはこの方です!

2018年1月にマイホームが完成しました。 主人と私、2人の娘の4人家族です。 RoomClipで皆さんの素敵なお宅を参考にさせてもらいながら、自分にとって家族にとって、居心地の良い特別な空間づくりができたらと思っています。

家族の時間を丁寧に紡ぐ家

リラックスムード溢れる穏やかな北欧モダン

大阪府在住のYAAKOさんご一家のお宅は、2階建て3LDKの間取りです。北欧モダンなファニチャーやテキスタイルを、モノトーンを主軸にすっきりとスタイリングされているのが特徴的。クッションやラグといったちょっとしたポイントに、落ち着いたトーンの色彩をさりげなく取り入れることで、モノトーンモダンの中に温かく穏やか気配をつくりだしているのが素敵です。特に、こちらのリビングは、テレビ背面のアクセントクロスのミントグリーンと窓からたっぷりと入る自然光のコラボレーションが爽やかで、心地よいリラックスムードが満ちています。

ちなみに、リビングのリラックスムードを最も演出している、ゆったりサイズのソファは下部のフレームを引っ張り出すとWサイズのベッドになるそうです。ご夫婦と2人の娘さんの4人家族なYAAKOさん、『休日にこのソファベッドでゴロゴロ過ごす時間は最高です』と話してくれました。日中はお仕事や学校、保育園などでご家族それぞれに慌ただしく、バラバラの時間が多いからこそ、家族と共に過ごせる時間をYAAKOさんはとても大切にされているそうです。家族みんながゴロンとできそうなWサイズのソファベッドからは、そんなYAAKOさんの温かな心意気も感じることができます。

癒しの光景を見渡せるお気に入りの場所

YAAKOさん宅のLDKは、長辺にリビング、短辺にキッチン&ダイニングスペースをとる形のL字型をしています。リビングのソファベッドの先に見えるキッチンは、そんなL字型の丁度中心です。キッチンに立てば、空間全体を自然と見渡すことができます。だからこそ、YAAKOさんはこのキッチンが『家の中でも特に好きな場所です』と教えてくれました。『仕事から疲れて帰ってきても、子供たちの遊ぶ姿や植物たちと言ったキッチンから見える光景が癒してくれます』と。また、キッチンのスタイリングを見てみると、周りの空間に比べて挿し色が少なめのようです。モノトーンでよりすっきりとした空間だからこそ、周囲に広がる光景や家族の気配をたっぷりと感じさせてくれるのかもしれません。

こちらのお写真は、キッチンに立った時、正面に広がる光景を切り取った一枚です。ダイニングがあるかと思いきや、じわりとワクワク感がこみ上げてくる可愛らしいキッズスペースになっています。

YAAKOさん宅では、ダイニングテーブルをペニンシュラキッチンの入り口部分にミニマルに設置されています。そうすることで、キッチン正面のこのスペースを娘さんたちのためにゆったりと活用することができるんですね。これもまた、『家族の時間を大切にする』YAAKOさん流のレイアウトではないでしょうか。モノトーンの収納ツールでおもちゃのカラフルさをサラッとオフされているのも流石です。

表情豊かな植物と花器セレクト

YAAKOさんは、温かく明るいイメージの差し色づかいで、モノトーン主軸の空間を彩よくスタイリングされています。でも、その挿し色はファブリックやアクセントクロスだけではありません。住まいのポイントに飾られているグリーンたちもまた雰囲気づくりに大きく貢献しています。大きいものから小さいもの、表情豊かなさまざまな種類のグリーンたちは、空間に瑞々しい活気を生み出していました。そして、そのグリーンたちを包む器もまた魅力的です。鉢カバーやバケツ、クラフト袋、グリーンの器たちはいずれもモノトーン系のアイテムを選ばれているようですが、素材や形状、柄などがどれも個性的で、並ぶ姿はどこかアート的。それゆえ、差し色に引けをとらないアクセント効果を空間にもたらしています。

テレビ横の空間に作られたモダンなポスターとグリーンのアートなディスプレイは、ショップディスプレイや撮影用のセットのような完成度の高いスタイリングで思わずうっとりしてしまいます。背面のクロスのミントグリーンとの相性も抜群ですね。

YAAKOさんの住まいづくりはとても丁寧です。そしてその丁寧さは、いつだって家族との時間を充実させるという目的に向かっています。でも、丁寧にこだわりを貫くには、住まいをつくるYAAKOさん自信の心の余裕やゆとりも不可欠。自分自身の好みと癒し、そして家族の心地よさをバランスよく体現した、YAAKOさんの「家族のための特別な空間づくり」ぜひ、今後も注目してみてください。

YAAKOさん邸の間取り図

YAAKOさん宅は、2階建て3LDKの間取りです。今回は1階のL字型に広がるLDKにフォーカスしてご紹介しました。モノトーンを軸に北欧のモダンなディティールや色彩、そしてグリーンを取り入れたリラックス感のある温かな空間づくりがとても印象的です。2人の娘さんそれぞれの私室とご夫婦の寝室に分かれる2階は、1階とは異なり使い手それぞれの個性も活かされた空間と出会うことができそう。今後の投稿への期待が高まります。

YAAKOさんへの5つの質問

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

お部屋のインテリアテーマやこだわっていることを教えてください

YAAKOさん

特にこだわりはありませんが、植物のある暮らしと海外のインテリに憧れています。いろんなテイストのインテリアが気になるので、北欧モノトーンを軸に、少しの色味とたくさんのグリーンを取り入れたインテリアを楽しんでいけたらと思っています。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

インテリア関連の好きなブランドやショップを教えてください

YAAKOさん

IKEA、H&M HOME、Francfranc が好きです。 ネットショップでは、KOZLIFE、北欧雑貨と音楽 HAFENも好きでよく利用させてもらっています。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

インテリア関連で最近買ってよかったものがあれば教えてください

YAAKOさん

kallaのフラワーベース、H&M HOMEのフラワーベースです。丸いフォルムとマットな質感がとても素敵です。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

インテリア以外でこだわっているモノやコトを教えてください

YAAKOさん

この家で家族と過ごす時間を大切にしたいと思っています。 仕事をしていると、昼間はみんなバラバラです。なので、夜寝る前は必ず子供たちに絵本を何冊か読んであげたり、みんなで会話を楽しんだりしています。慌しく過ぎる時間の中でも、ゆっくりと丁寧に家族の時間を共有していきたいです。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

RoomClipでやってみたいことや期待していることがあれば教えてください

YAAKOさん

RoomClipに出会ったのはマイホームを建てることが決まった頃でした。それまでは、家に対して理想や夢は特になかったのですが、RoomClipでたくさんの素敵なお宅を拝見していくうちに、自分の中での理想像がどんどん膨らみ固まっていきました。空間づくりの大切さや楽しさを知ることができたのは、RoomClip のお陰だと思っています。 皆さんの素敵なお宅に刺激をもらいながら、インテリアを楽しんでいきたいと思っていますので、これからもどうぞよろしくお願いします!

YAAKOさんのお部屋ギャラリー

クリックすると大きいサイズでみることができます。


YAAKOさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ