「脱リバウンド!定位置を決めて無駄ゼロすっきりライフ」 by atsuatsutamagoさん

「脱リバウンド!定位置を決めて無駄ゼロすっきりライフ」 by atsuatsutamagoさん

RoomClipユーザーの収納に関するtipsを紹介する「収納のコツ」連載。

今回は、DIYアイテムをディスプレイし男前インテリアを楽しまれているatsuatsutamagoさんに収納のコツをお伺いしました。「物があふれかえる暮らしはもう嫌だ!」という方必見。収納の基本に立ち返り、収納を見直してみたくなるコツになっています。

今回教えてくれたユーザーさん♪

ストレスのない暮らしを目指して、賃貸でもできる居心地の良い空間作りに日々奮闘中!!100均パトロールが好きで、プチプラでできるDIYや収納で部屋づくりをしています。整理収納アドバイザー2級。

家族もすぐわかる、見てわかる収納を

収納グッズは場所ごとに統一され、収納スペースにすっきりと収まり、見た目も良好に整理整頓が行き届いているatsuatsutamagoさんのお宅。収納ボックスにはラベリングがされ、わかりやすさも工夫されている様子。収納作りにおいて、どのようなことに重点を置き、工夫されているのでしょうか。

atsuatsutamagoさん

「我が家は物が多いので、自分がどれをどれだけ持っているか物に指定席をつけて、把握しやすいようにしています。ストックはストックだけの指定席があり、買い物に行く際、それを見れば重複して買うことも防げる利点も。 家族が使いたいものがすぐ使えるように、見てわかる収納を目指しています。」

なるほど、物が多い分、物の場所や数を把握しやすいように工夫されているのですね。見てすぐわかるよう、ラベリングはマスト。まさに、無駄な動きと無駄な買い物を極力減らすことができる収納法になっています。家族からの「アレどこだっけ?」もなく、家族が自分自身で出し入れできる収納の仕組みが作られているのですね。 さて今回、そんな無駄な動きを省いた収納法を実践されているatsuatsutamagoさんが教えてくださる収納のコツは「脱リバウンド」がテーマの、”物の指定席”の作り方です。物が多くて探してばかり、という方必見です。

物の指定席を決めて、脱リバウンド収納!3つのコツ

その1 指定席にラベリングする

atsuatsutamagoさん

「指定席が家族にもわかりやすいように、ラベルを貼っています。テプラがあればテプラでいいと思うのですが、私は100均のラベルシールに手描きで、誰が見てもわかる文字で、描くように心がけています。ラベリングするとそれ以外のものを入れないようになるので、散らかりにくくなる気がします。」

その2 収納の中にも定位置を作る

atsuatsutamagoさん

「定位置を決めて、収納ケースに入れる際、ヘアピンやヘアゴムのような細かなものは、さらに仕切りを入れて定位置を作っています。次に使うときに見つけやすく取り出しやすいですし、持っている量も一目瞭然なので、ものも増えにくいです。」

その3 一時保管場所を作る

atsuatsutamagoさん

「書類や郵便物などは、とりあえず入れておく、一時保管場所『とりあえずボックス』を作っています。あとで時間のあるときに指定席などに整理します。不要なものなど、定位置が不明なものも折畳みコンテナに一時保管して、後で人に譲ったりして行き先を決めています。」

オススメの収納アイテム

ITEMダイソーの蓋つきスクエアボックス
PRICE108円〜

サイズが3種類(我が家は2種類)あり、目的に合わせて、選べることと、スタッキングができること!! 蓋が付いているので、埃が中に入らないのも魅力的です。 ダイソー以外にもセリア・キャンドゥにもあり、(若干の違い有り)カラーも豊富です。

最後に、収納が苦手な方へのアドバイスをいただきました

atsuatsutamagoさん

「私のように物が多かったり、買い物好きの方は、片付けてもリバウンドしがち……。断捨離も大切ですが、片付ける際はきっちり詰めず、余裕をもたすのがポイントだと思います。ストックなどまだ購入していないものにも定位置を作っておくと、お買い物の後もスムーズに収納ができるようになって、物が溢れかえりづらくなるように思います。」

当たり前に”ここにある”安心感=快適な収納

自ら「物が多いんです」と語るatsuatsutamagoさん。しかし、極端に物を減らすことなく快適な収納をコーディネートし、雑貨のディスプレイも思う存分楽しむライフスタイルが印象的でした。 atsuatsutamagoさんが収納において、重点を置いていたのは「物の定位置を決めること」それは、ジャンル別に分けてラベリングし、その中でも細かく定位置を決める工夫。定位置に収まる前の一時保管場所も作り、余裕をもって収納を上手にコントロールしていましたね。「物の定位置を決める」という収納の基本、わかっていても、続けられない……という方も多いのではないでしょうか。しかし、ものが必ず「ここにある」という決まりがあることで、暮らしはかなりスムーズに回ってきます。それは、無駄な動きを省き時短を叶え、快適な暮らしへと直結。物が片付かない、とお悩みの方、今回の収納のコツを参考に基本に立ち返り、今一度収納をコーディネートしてみてはいかがですか?


atsuatsutamagoさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ