西日が当たる部屋でも快適に過ごしたい!良い対策方法は?

西日が当たる部屋でも快適に過ごしたい!良い対策方法は?

西日の当たる部屋は、冬は温かく過ごせますが、夏は暑くなってしまうというデメリットもあります。西日の長時間あたる部屋の畳や家具などは、変色してしまう可能性もあります。でも、一日中カーテンを閉め切って過ごすわけにもいかないですよね!部屋で快適に過ごすための西日対策を見てみましょう!

フィルム、のれんの活用

窓に直接貼って紫外線などを遮ることができるUVカットシートは、西日対策にもおすすめです。また、キッチンなど狭い空間では、柄の美しいのれんなどを利用してみるのもいいですね。

UVカットシートを使う

涼やかな柄で、暑い季節でもさわやかに過ごせそうなデザインのUVカットシートを使っています。透明なので部屋が暗くならないのがうれしいポイント。張り直しができるのもいいですね。カーテンも涼し気です。

リビング側は、夕方の西日がガッツリ入ってくるので、窓にシートを貼ってます。 ちょっと分かりにくいですが、海模様のデザインだそうです🏖️ ベルメゾンさんで購入したのですが、中々良い仕事をしてくれます♡ 見た目も涼しく🎐 西日対策にもなりました☀
niko3

食器棚シートを使用する

こちらは、キッチンの窓に食器棚シートを使用しています。こんな風に、小さな窓なら、デザインの素敵なシートを使ってみても良いでしょう。シンプルなウォールステッカーとも雰囲気があっていて、スッキリ整ったキッチンです。

手作りののれんで

キッチンの勝手口の西日対策として、ユーザーさんは、端切れを縫い合わせて、のれんのようなものを作ったそうです。日を完全に遮るのには最適ですね。それぞれ柄の違う布を組み合わせて作られたアート作品のようなのれんが、キッチンを明るくしてくれています。

ブラインドやすだれ、ロールスクリーンの使用

光を完全に遮ることなく、適度に風を通して、光の具合を調整することができるブラインドやすだれ、ロールスクリーンもおすすめです。窓辺もシャープな印象になりますよ。

熱をカットしてくれるブラインド

熱をカットしてくれる特別なブラインドを、寝室に使用している実例です。西側のお部屋でも快適に過ごすために最適な、とても良い商品を選んでいます。環境にもやさしく、省エネになるのも魅力ですね。

窓からの熱をカットしてくれる特別なブラインドをつけています。 このブラインドをつけていない西側のお部屋は暑くていられないけど、ブラインドをつけたこの西側の寝室は温度が全然違って、本当にびっくりです!西日や暑さにお悩みの方にぜひオススメしたいです~♪
pikupikumaru

ダイソーのすだれを設置

昔から日よけ対策として使われてきたすだれ。見た目もとても涼し気で、暑い季節にはぜひ活用させたいですね。こちらはダイソーで200円で購入したそう。これなら気軽に対策ができそうです。

木製のブラインドを選ぶ

エアコンをかけるときは、シャッターもブラインドも潔く閉めてしまうというユーザーさん。使っているブラインドは木製のものです。シャープなブラインドも、木製にするとやわらかな雰囲気になりますね。ナチュラルな色で暑苦しさ感じさせません。

遮光性のロールスクリーンを使用

こちらは、キッチンの小窓に遮光のロールスクリーンを設置しています。西日が入ってきたら閉めて調整することができるので便利です。キッチンの家電などが痛まないような対策もばっちりできそうです。

窓の形や大きさを工夫する

西日が当たってしまう部屋になることが分かっていたら、家を作る段階から窓の大きさや形を工夫してもらうように設計士さんなどに相談してみても良いですね!西に窓が欲しい場合は次のような実例を参考にしてみてください。

寝室の天井付近の小窓

西日の当たる寝室で、小さな小窓を天井付近に作られたユーザーさん。窓は開かないタイプのものだそう。天井付近に光があるので直接光を浴びなくてよさそうなのがメリットですね。

リビングには小さめの窓

西日の当たるリビングにある窓は、小さめの内倒し窓にしたそうです。外の視線も気にならない位置にありながら、上手に明かりを取り入れています。シェードタイプのカーテンでさらに対策もバッチリです。

スライド格子をDIY

ユーザーさんは、もともとのアルミ格子の上に、DIYで作った白い格子を設置したそうです。デザイン性にもすぐれて、風通しも良さそうな西日対策窓ですね。白い色が明るく涼し気な窓辺を演出してくれています。

①スライド格子 もともとは茶色の防犯アルミ格子がありましたが、 その上にSPF材で作った白い格子を設置しています。 1×4材を四分割にスライスしてトリマーで縁飾りを付けて塗装。 内側にもうひとつSPF材のスライドできる板格子があり、西日を防ぎます。
littlejoy

西日の暑さ、というデメリットも、西日に最適なシート、スクリーンやブラインドなどを選ぶことによって快適な空間ができるということが良く分かりましたね!自分の部屋に合いそうな対策があれば、ぜひ取り入れてみてください。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「西日対策」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ