子どもっぽさは卒業!大人カラフルインテリアの作り方

子どもっぽさは卒業!大人カラフルインテリアの作り方

カラフルな部屋は、気分を明るく元気にさせてくれます。でも、ポップすぎて子ども部屋のようになってしまったり、部屋全体がうるさい雰囲気になってしまった経験はありませんか?今回は、ユーザーさんのお部屋を参考に、大人っぽさとカラフルを両立させるコツをご紹介します。

色を加えるだけで簡単イメージチェンジ

始めからたくさんの色を使ってカラフルな部屋を作るのは、ハードルが高いもの。まずはシンプルなお部屋に1~2色を加えるだけで、大人カラフルな部屋に変身させる方法をご紹介しましょう。

ホワイトインテリアに差し色を加える

人気のホワイトインテリア。でも、すべて真っ白の空間にマンネリを感じてくる方もいるのでは?hiyo.pietさんはポイントになる色を2~3色加えて、真っ白な部屋に青と水色で色鮮やかに。トーン違いの類似色にそろえているので、ポップになりすぎず爽やかです。使う色によって、いろんな表情を楽しめそう♪

色合いが素敵だな〜と、いつも憧れの眼差しで拝見しております!hiyo.pietさんの写真を見てからふと自分の部屋を見ると、地味すぎてショックを受けます。 私も明るさとカラフルさを取り入れたいです。
hemuko

モノトーンインテリアをパッと明るく

YAAKOさんのリビングはモノトーンベースですが、黄色のクッションと緑の壁があることでクールな印象をやわらげ、明るい雰囲気を生み出しています。こちらもクッションの色を変えることで、また違った印象を与えられそうですね。

きれいめインテリアに辛口カラー

alohaさんのリビングは、壁やソファーなどをブルー系でまとめたインテリア。そこに、ビビットなピンクとブラックのクッションを置いて、アカ抜けた印象を与えています。思い切った差し色の使い方は、海外インテリアのようなこなれ感があります。

男前インテリアは、カラフルアイテムで外しを

poohさんの部屋は、全体的に渋めのカラーで統一した男前な空間ですが、ダイニングテーブルをぐるりと囲んだイームズチェアの色を変えて、カラフルに。外しを効かせた、大人の遊び心を感じます。

くすみカラーは大人カラフルの強い味方

もっと色を使ってカラフルな部屋を作るなら、原色よりも少しくすんだカラーを選ぶと、ポップな雰囲気になるのを避けられます。赤ならワインレッド、青なら青灰色、黄色ならマスタードなど。ここでは、そんなくすみカラーでカラフルだけど、大人っぽい部屋を実現しているユーザーさんをご紹介します。

くすみピンクで作るキュートスタイル

flowerさんの寝室は、ピンクとグリーンを中心としたインテリアで統一。くすみピンクのおかげで、甘さ控えめのキュートな大人の雰囲気に。白はオフホワイトにすることで、コントラスが強くなりすぎずふんわりナチュラルに。

大胆な柄のwalpaさんのクロスを2種類貼りました♡ オレンジ色のクロスはヘッドボードに見立てて貼りました。ジョンイト部分にはモールディング。
flower

淡い色合いの上品なカラフル

パリのアパルトマンのようなロマンティックな、automneさんの部屋。淡いくすみカラーで上品にまとめられていますが、使われている黄色と紫はお互いを引き立てあう補色の関係にあたるため、単調さを感じさせない空間に仕上がっています。とくに黄色は、トーンを変えて明るめのものを使用したことで、引き締め効果も。

深みのあるトーンでノスタルジックに

まさに、昭和レトロといった雰囲気のhilaさんのお部屋。オレンジのカーテンに緑のソファーを合わせた配色は、深みのあるくすんだトーンのおかげで、味のあるノスタルジックな印象を与えています。

家具や小物使いで大人顔に

カラフルなインテリアを大人っぽく仕上げるには、家具や小物のデザイン、素材や色も重要。ウォルナットやチークのような深みのある色の木製家具や、高級感のある重厚な作りのものを組み合わせることで空間が引き締まり、ポップな雰囲気を一掃できます。

柄物は家具の色を統一して、スッキリと

一歩間違えるとごちゃついた印象になる、カラフルな柄物ファブリック。nomuyogu426さんは、カーテンやクッションだけでなく、壁面のアートにも柄を多く取り入れていますが、家具の色を深みのある赤茶のものに統一することで、派手さを抑え落ち着いた大人の空間に仕上げています。

ポップなカラーは、ダークカラーでメリハリを

pugholicさんは、青と黄色というポップになりやすい組み合わせを、フレームの色や家具の色を暗めにすることで、男前な雰囲気に。もし、パイン材のような明るい木材の色を使っていたら、ずいぶんカジュアルな印象に変わっていたでしょうね。

民芸品で重厚な雰囲気を加えて

鮮やかな黄色の壁にブルーのソファーという大胆な色の組み合わせをしながらも、上品で高級感のあるkfさんの部屋。その秘密は、繊細な透かし彫りのサイドテーブルや、窓際の花台のどっしりとした存在感にあり。どこか異国情緒ただよう壁の絵画やオブジェにも、大人のこだわりが感じられる寛ぎの空間となっています。


いかがでしたか?どのユーザーさんも配色だけでなく、色を置くポイントや周りの家具とのバランスやメリハリをよく考えて、大人カラフルな部屋を作り上げていますね。思い切った配色に勇気がいるという人も、まずはクッションカバーなど、手軽に交換できるものからぜひトライしてみてください。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「大人カラフル」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ