デコパージュは楽しい!みんなのリメイクアイテム集

デコパージュは楽しい!みんなのリメイクアイテム集

雑貨から布小物、家電まで、あらゆるものを自分好みに変身させることができるデコパージュ。1度やってみたらその楽しさのあまり、はまってしまう人も多いようです。今回は、身近なもののリメイクから独創性あふれる作品まで、RoomClipのユーザーさんがデコパージュしたアイテムたちをご紹介します。

日用品をデコパージュ

毎日使うものは自分の好きなデザインでそろえたいですよね。なかなか「これだ!」というものに出会えなくても大丈夫、自分で作ればいいんです。デコパージュ液は100均でも手に入りますし、あとは好きな柄の紙といくつかの道具があればすぐにでも始められます。まずは身近なものからデコパージュに挑戦してみましょう!

サニタリーボックスにデコパージュ

白く清潔なバスルームに置かれたサニタリーボックスには、マリメッコ柄のデコパージュが施されています。モノトーンの柄に赤いロゴが良いアクセントになっていますね。奥にある除菌シートのボックスにもおそろいカラーでデコパージュされており、統一感があります。

ウッドピンチにデコパージュ

カラフルにデコパージュされたウッドピンチたち。海外のお菓子の包み紙はポップなデザインのものが多いので、こんなふうにリメイクして活用できたらうれしいですね。matruko...さんはお子さんと一緒に作られたとのことで、お子さんも楽しんで作ってくれたのではないでしょうか。

家の中のさまざまなケースに

ウェットティッシュケースやポリ袋ケースなど、家の中には実はたくさんのケースがあります。それぞれのケースをお気に入りの柄で統一すれば、インテリアに一体感が生まれますね。家の中にお気に入りの柄が増えていくのもうれしいものです。

今回も、めちゃキレイに貼れてるし、アルテック、カッコ良いね❤️❤️❤️ ほんと、色々なとこにデコパージュしたくなる‼️
taki

コンセントカバーもデコパージュ

日用品というのとは少し違いますが、スイッチプレートやコンセントプレートはどんな家にも必ずあるものです。これもデコパージュでかわいくデコってしまいましょう。ritaさん宅のコンセントプレートは、オレンジ×ホワイトの柄が黄色の壁に映えて目を引きます。壁紙とのコーディネートを考えるのも楽しいですね。

お出かけアイテムにもデコパージュ

デコパージュは布地にもできるので、バッグや靴などを自分好みに変身させることもできます。柄をどのように配置するかで雰囲気が全く変わるので、そこはセンスの見せ所ですね。お気に入りの柄でいろいろ作って、お出かけの時間を楽しく彩りましょう。

お買い物バッグに

セリアのバッグにマリメッコのウニッコ柄をデコパージュ。これだけで、もとが100円のものとは思えないほど高見えするアイテムになります。自分で手をかけた分、愛着もひとしおですね。お買い物のときの良い相棒になってくれそうです。

これ昨日初めて作ったやつです☆セリアのデコパージュ専用のりで簡単にできましたよ\(^o^)/次はティッシュケースにもやってみよーかな♫
chiiii

子どもとおそろいシューズ

michiさんは、息子さんとおそろいの靴をデコパージュで作られました。初めてのデコパージュだそうですが、とてもキレイにできています。息子さんもママとおそろいはうれしいでしょうね。これを履いて出かけたら、楽しいお出かけがもっと楽しくなりそうです。

キーホルダーも手作りで

デコパージュとウッドバーニングで作られたキーホルダーです。このサイズ感なら、ほかのものにデコパージュして中途半端に余ってしまった紙を活かしてあげることもできそう。麻紐のナチュラル感も良い味を出しています。端材も手をかけてあげると、こんなにかわいらしく生まれ変わるんですね。

もはやアートなデコパージュ作品

既成のものにデコパージュするだけではなく、さまざまなクラフトと組み合わせて、世界に1つだけのアートな作品を作ってみてはいかがですか?デコパージュはほとんどの素材を土台にできるのが良いところ。アイデアと組み合わせしだいで、可能性は無限に広がります。

デニムリメイク+デコパージュ

nippopoさんは、デコパージュとデニムのリメイクでデザイン性の高いフレームを作られました。ボタンとファスナー部分は開閉可能なので、鍵などちょっとしたものを入れておくことができます。特別な材料を使っているわけではないのですが、アイデアとしてなかなか思い浮かばない作品ですね。そのセンスに脱帽です。

お隣の県の大型ショッピングモールにいったら素敵なナプキンを発見 ↑↑早速デコパージュしてデニムオブジェを作りました~♪♪ ボタンとチャックが開くのでぇ~何でも詰めれるぅ~(/-\*)
nippopo

紙粘土で立体的に

こちらはダイソーのカッティングボードにデコパージュしたものですが、なんと紙の中に紙粘土を詰めて立体的にしているのだそう。猫の柄の部分にだけ詰めているので、猫が少し浮いて見えるんだそうです。こだわりの仕上がりで、猫たちがより生き生きと見えてきますね。

マーキーライト+デコパージュ

マーキーライトはアメリカのホテルや劇場の電光掲示板をモチーフにした照明のことです。d.sikiさんはそんなマーキーライトをDIYし、デコパージュでオリジナリティを加えました。ライトに照らされたデコパージュが、アメリカンヴィンテージな雰囲気を演出しています。


どれも楽しんで作っていらっしゃるのが伝わってくる作品ばかりでした。まだデコパージュをやったことがないという方も、ご紹介した作品を参考にぜひチャレンジしてみてくださいね。きっと楽しくてやみつきになりますよ。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「デコパージュ リメイク」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ