「エピソードがつまった団地リノベ。ホテルライクな上質空間」 by casaさん

「エピソードがつまった団地リノベ。ホテルライクな上質空間」 by casaさん

RoomClipに登録された新しいユーザーさんの中から、毎回お一人をピックアップしてご紹介する本連載。今回は、ラグジュアリー感のある落ち着いた空間づくりをされているcasaさんと、そのお宅にフォーカスしていきます。ホテルライクに洗練された空間に秘められた、こだわりやエピソードにも注目してみてください。

今回ご紹介するのはこの方です!

築30年以上の古い団地をホテルライクにリノベーションしました。 東京とは思えないのんびりしたところです。リビングからは、緑豊かな公園が見えます。

団地リノベで手に入れた、ホテルライクな住まい

シンプルなカラーで紡ぐ、クラシカルでシックな空間

東京都にご家族4人で暮らすcasaさんのお住まいは、団地をリノベーションした3LDKです。建具から調度品にいたる、住まいのすみずみまでこだわってつくり込まれたことで、外側が団地とは思えないほどに洗練されたホテルライクな住環境が誕生しています。リノベーション時に比重を大きくとったというLDKは、ご家族がゆったりとくつろげる開放的な空間。クラシカルな佇まいのファニチャーと、飽きのこないシンプルなカラーリングからは、シックな高級感が漂います。

お子さんたちの勉強スペースも兼ねるリビングは、グレイッシュなグリーンのアクセントクロスと真っ白なテレビ台のコントラストが特に美しい場所です。延長に机をつくり付けた造作のテレビ台は、真っ白にいたるまで、そのカラー決めには紆余曲折があったのだそうです。さまざまな試行錯誤の末にたどり着いた白は、アクセントクロスとも相性がよく、将来的に壁の色を何色に塗り替えてもコーディネートしやすい色。長く愛用し続けるものほど、飽きのこないスタンダードなカラーを選ぶのも、casaさん流のインテリアのポイントといえそうです。

また、大きな窓からは、近くにある緑豊かな公園の景色を楽しむことができるのも素敵です。ちなみに、住まいづくりに際してcasaさんが意識していることのひとつに『寒くない家』というものがあります。それに適うように、この大きな窓は、冬は暖かく夏は涼しい2重サッシ構造になっています。防音効果も高く、都会の集合住宅という環境にも適していますね。

生活感を感じさせないリュクスなダイニング・キッチン

ダイニングとキッチンは、その背面にクローゼットのような大きな『隠せる収納』があります。冷蔵庫までスッキリと収めてしまうこの収納こそ、生活感ゼロのホテルライクな住まいを実現する立役者ではないでしょうか。そして、生活感を感じさせないこの空間の主役は、豪奢でありつつも、いやらしい派手さを感じさせない、1950年代フランス製のエンパイア型シャンデリア。エレガントさを演出するモールディングや、光を受けてキラキラと輝くキッチン側面のタイルなど、空間にあるディティールのすべてがシャンデリアの美しさを引き立たているように感じます。

LDK全体を見渡せるペニンシュラスタイルのキッチンの正面には、世界的大女優がいました。その美しい姿を前にすると、自然とキッチンで作業する居住まいもシャンとしそうです。そんなキッチンは、casaさんが1日のほとんどの時間を過ごす場所。『私だけの空間!』という思いも強く、住まいの中では1番のお気に入りだと話してくださいました。

見惚れるほどに洗練された水回り

ホテルのインテリアでは、浴室や洗面といった水回りにも生活感がなく、非日常感をとことん演出してくれます。casaさんのつくり出す住まいの水回りも、ホテルのごとく洗練され、うっとりと見惚れるほど美しい仕上がりになっていました。特に、こちらの洗面スペースは『リノベーションに際して、妥協なく想像通りのカタチにできました』casaさんは語ります。クラシックでエレガントなミラー越しだと、身支度の時間もちょっと素敵なひと時に感じられそうです。

広々としたトイレは、グレイッシュなグリーン系と白をベースに品の良い配色でコーディネートされたリラックス空間です。金具部分がすべて真鍮で統一されているため、しっとりした落ち着きのあるゴージャス感を楽しませてくれます。水回りやトイレといった、暮らしに欠かせない部分が豪華だと自然と気分が高まりますね。

casaさんのつくり出す『ホテルライク』はクラシカルであり、モダンです。華美に偏るのではなく、引くところは引き、盛り上げるところは盛り上げる……そのさじ加減の絶妙さがcasaさん流の魅力。リノベーションやインテリアについてのこだわりやエピソードは、casaさんのブログでより詳しく紹介されています。今後の投稿と合わせて、ぜひ注目してみてください。

casaさん邸の間取り図

casaさん宅は、もともとは4LDKの団地でした。そして現在は、家族が過ごす時間が最も多いリビングに比重をおいたリノベーションにより、3LDKの間取りに生まれ変わっています。ホテルライクを理想とし、収納や色彩、ディティールの美しさにこだわって丁寧な空間づくりを楽しまれています。

casaさんへの5つの質問

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

お部屋のインテリアテーマやこだわっていることを教えてください

casaさん

おこがましいですが、ホテルライクを目指しております。 隠せる収納、飽きない色の選択、寒くない家(冷え性なので)を大前提とし、リノベーションしました。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

インテリア関連の好きなブランドやショップを教えてください

casaさん

最近は昔のように外出できないので、ネットで商品を見ることが多くなりました。 特定の好きなブランドやショップはありませんが、サラグレースさんやオルネ ド フォイユさん、スコープさんのサイトはよくチェックしてます。 外出した際、近場にインテリアショップがあれば、全く違うジャンルのお店でも(入りやすそうなお店であれば……)どこにでも入ります! 自分の趣味と全く違うお店で、気に入るものに出会えると嬉しくなります。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

インテリア関連で最近買ってよかったものがあれば教えてください

casaさん

チャンキーニット(ざっくりとしたメリヤス編みのブランケット)です。 これは以前に、雑誌のELLE DECORで見かけてはいたものの、誌面に商品説明がなかったので探していました。そして、RoomClipで発見できたんです。

Ayumiさんのページ:https://roomclip.jp/photo/ehpB

こちらに掲載されていた情報をもとに、海外輸入して購入しました。 毛100%です!とっても暖かいんですよ! この場をお借りして、教えていただいたAyumiさんに感謝を伝えさせてください。ありがとうございました。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

インテリア以外でこだわっているモノやコトを教えてください

casaさん

基本、『つくること』が好きです。料理もそうですが、洋服なんかも時間があればつくっています。 ただ、アクセサリーは、以前はたくさんつくっていたのですが、最近はあまりつくっていないですね。 ちなみに洋服なら、夏用のパンツやワンピースなどを年に1~3着ほどつくっています。 料理は、なるべく添加物の入らない食事を心がけています。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

RoomClipでやってみたいことや期待していることがあれば教えてください

casaさん

RoomClipでしてみたいことは、今のところ『地道に写真を更新していくこと』です。 ただ、同じ空間で少しだけものを変えたり、ずらしたりといった小さな変化だけで更新するのは、見てもらっている方に申し訳なく感じます。少しでも違う内容の写真を……と思うのですが、それには限界があるようにも思っているところです。 なので、いろいろな意味で裏側を教えていただきたいんです。

中には、同じ家だけどそう見えない、ため息が出るような写真をいつも投稿される方がいらっしゃいます。 その方が、『どんな風に変化をつけて写真撮影しているのか』といった、投稿の裏側を知る機会があればよいなと思います。 特に、切実に知りたいのは、空間を撮影するコツや小物をつかった演出の方法などです! 皆様が普段は決して表には出さない撮影の裏側が、ぜひとも知りたいです。

casaさんのお部屋ギャラリー

クリックすると大きいサイズでみることができます。


casaさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ