1日の疲れをリセット♡寝室で作るおすすめリラックス空間

1日の疲れをリセット♡寝室で作るおすすめリラックス空間

1日の疲れを取り、リラックスできる場所としてベッドルームは最適な場所です。心が休まる大切な場所なので、快適に過ごしたいですよね。RoomClipユーザーさんも、さまざまな方法で夜の時間を満喫していましたよ。早速みなさんのアイディアを見ていきましょう!

香りでリラックス

香りはリラックス効果が期待できます。好きな香りに包まれて、眠りにつくと、心が安らぎ安眠効果を高めることができますよ。こちらの記事では、RoomClipユーザーさんがご紹介してくれた香りを生かしたリラックスアイディアをご紹介します。お好みの香りでぜひ実践してみてくださいね☆

お気に入りの香水をかけて

ベッドにお気に入りの香水をかけてベッドタイムを楽しんでいるというshizuponさん。お出かけのおしゃれとして香水をつけるのが一般的ですが、ベッドにかけるのは「なるほど!」なアイディアです。好きな香りに包まれて、リラックスした時間が過ごせそうです。

アロマ加湿器を活用

yukikoさんはアロマ加湿器を設置し、香りと加湿を贅沢に楽しみながら夜の時間をすごしていらっしゃいます。好きな香りと一緒に、お肌を乾燥からも守ってくれるのはうれしいですよね。また、ホテルライクな落ち着いた大人の雰囲気が感じられる寝室は、1日の疲れもしっかり吹き飛ばすことができそうです。

アロマの香りでゆっくり疲れがとれるね(*˘︶˘*).。.:*♡ 憧れる〜(≧▽≦)♡
koto.ohana

アロマディフューザーで灯りと香りを楽しむ

無印良品のアロマディフューザーを使っておやすみ前の時間にリラックスしているというHinakoさん。その日の気分に合わせて香りを変えて楽しんだり、香りとともにホットドリンクを飲めば身体だけでなく心も安らぎますよね。時の流れをゆっくり感じ、充実した夜の時間をすごせるアイディアです。

今日のアロマは、グレープフルーツとジュニパー。 ドリンクはゆず茶。 おやすみなさい。。。*ଘ(੭*ˊᵕˋ)੭* ੈ✩‧₊˚
Hinako

檜の屑をポプリにして

piyolandさんは檜の屑をポプリのようにして枕元においています。温泉でも用いられる檜はリラックス効果を期待でき、安眠へと導いてくれそうですよね。自然が生み出すナチュラルな香りは、甘い香りが苦手な男性がいらっしゃる家庭でも取り入れることができますよ。

照明でリラックス

寝る前の照明は明るすぎず、少し暗めにすることが入眠のコツです。間接照明をうまく使って、リラックスできるインテリアはいかがでしょうか。RoomClipユーザーさんも照明を上手に活用されていましたよ。さっそくアイディアをみてみましょう!

読書のしやすい明るさで

アジアンリゾート風のインテリアで寝室をご紹介してくれたcanopy69さん。本を読んだり横になってくつろいでリラックスしていらっしゃるとのこと。左右に置かれた照明が程よく灯り、安らげる視覚効果になっています。また、枕元に本棚があれば、読みたい本をさっと手に取ることができるので便利です。

寝転がったり本読んだりしてくつろいでおります(*´∀`)
canopy69

エジソンランプをタペストリーに吊るして

nya-さんは、枕上の壁にタペストリーとエジソンランプを利用した、癒される演出のアイディアをご紹介してくれました。横に寝転がると目線は上にいくことが多いので、上から差し込む優しい灯りでリラックスできますよね。モノトーンで統一された清潔感のある空間で素敵な時間が過ごせるアイディアです◎

灯りが素敵~癒されるね😊 私も大の字で寝転びたい笑
aikko

ベッドの下から差し込む光で癒し空間

なんとLEDテープライトを使ってベッド照明を手作りしたというreisaaanさん!リネンの隙間から溢れる光からリラックスできる雰囲気が感じられます。生活感を感じないベッドルームは、まるでリゾートホテルのベッドルームに来たような気持ちになりますね。

快適グッズでリラックス

リラックスするために、お部屋のインテリアだけでなく、寝具や暖房器具で快適なものを取り入れてみるのもおすすめです。RoomClipユーザーさんが快適に過ごせる安眠グッズをご紹介してくれましたよ。ぜひお気に入りのアイテムを見つける参考にしてみてくださいね☆

暖房器具を見直す

soleilさんは、バルミューダにて販売されているスマートヒーターが素晴らしいと絶賛されています。乾燥を防いでくれ、睡眠時には自動で快適な温度を調整してくれる優秀家電とのこと。灯油による給油の手間もなく、小さなお子さんがいる世代からシニア世代まで幅広い世代で活躍してくれるアイテムですね。

オーダーメイドの枕を使う

快適な就寝時間にかかせない枕は、自分に合った高さを選ぶことが重要です。prelumoさんのようにオーダーメイドの枕を選べば、寝心地の良い睡眠を得ることができますね!体の変化に合わせて、中綿を交換したりとメンテナンスをしっかりおこなうことで長く愛用できるのもうれしいポイントです。


リラックスできる寝室になるユーザーさんのアイディアをご紹介しました。香りや照明、安眠グッズなどを使って1日の疲れが取れそうな参考になる方法ばかりでしたね。参考にしていただき、快適な寝室作りを試してみてください!


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「寝室 リラックス」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ