カスタマイズ性の高さが魅力♪カラーボックスで作る学習机

カスタマイズ性の高さが魅力♪カラーボックスで作る学習机

お子さんがいるご家庭ならいつかは設置を検討する学習机。でも、市販のものは大きくなったら使わなくなってしまうかも……と購入を迷っていませんか?実はこの学習机、カラーボックスでつくれてしまうんです。今回はカラーボックス学習机をつくりたいと思っているみなさんの疑問を、ユーザーさんの実例とともに解決します。

高さや広さを調整できるの?

お子さんが小さいうちは低めのテーブルで十分という方や、中高生の大きなお子さんに広々と使えるサイズを……とお考えの方もいるでしょう。カラーボックスでつくる学習机は、工夫しだいで天板の高さや広さを思いどおりに調整することが可能です。

高さ調整できるカラボなら理想の高さに

カラーボックス学習机というとボックスの上に天板を乗せる方法が浮かぶと思います。でもその方法は天板の位置が高すぎたり低すぎることも。そんなときはtag-mclarenのように棚板の上に天板を乗せるという方法がおすすめ!付属の金具で棚板調整できるものなら、工具いらずで天板を理想の高さにできます。

カラボの向きを変えれば机の奥行UP

テーブルの上にライトや本を置くスペースをつくりたいとき、カラーボックス学習机は奥行不足のように思うかもしれません。でも、Kokoさんのようにカラーボックスを向かい合わせにすればその分奥行のある天板を乗せることができます。充分な広さがあれば、パソコンデスクとしても利用できますね。

向かい合わせにして広々テーブル

YUHeさんはカラーボックスでつくった机を、現在はワークスペースとして使用していますが、将来はお子さんの学習机としての使用を考えているそうです。シンプルで大人っぽいデザインにすることで学習机以外の用途も広がりますね。カラーボックスを横並びにせず背中合わせにすることで机も広々です。

カラーボックスじゃ収納が足りなそう……

お子さんが成長するにつれ学校の教材や習い事道具など、物がどんどん増えていきますよね。できれば学習机にスッキリと収納したいところですが、カラーボックス学習机は市販のものと比べて収納力の面で劣ってしまうのでしょうか。答えはNOです!収納面も考えられたユーザーさんの学習机を見てみましょう。

カラボを増やせば収納力もあがる

kiriさんは右に一つ、左側は三つ並べて収納力をさらにUPさせています。土台となるカラーボックスは必ずしも両側に一つずつにする必要はないんですね。浅型ボックスで引き出し風にしているところもポイントです。

ゴールデンウイーク中にリビング学習スペースを設置♪ ニトリのカラボに天板を乗せた机ですが、「備え付けの机の下にカラボで収納スペース作ったんです」という雰囲気を出したくて、左の半端な高さの壁?みたいなのを作りました。 3人並んで座れます^ ^
kiri

正面にもカラボを置いて収納増設

shimashimaさんは手前にもカラーボックスを設置して、前後左右に収納スペースがある学習机をDIY。これなら、学年が上がるにつれ増える教材にも対応できます。サイドにフックをつけて、手提げも掛けられるようになっているのはナイスアイデアです!

カラーボックスに、板を差し込んだだけの、机です。差し込んだカラーボックスは、そのまま2人分の収納に。机の前も、黒いとってがついた棚も、カラーボックス。
shimashima

天板の上にカラボを重ねる

こちらのカラーボックス学習机はkazueさんがDIYされたもの。天板の上にさらに2段のカラーボックスを乗せることで、収納力がUPしています。正面は板壁風にして、コルクボードや小物を飾れる棚も設置。木のぬくもりを感じさせる居心地の良さそうな学習スペースとなっています。

すのこのデスクトップパネルもプラス

mi-ri-na-muさんはカラーボックスで作った学習机の上にすのこでデスクトップパネルを追加しています。小物が置ける棚や、時間割表などを貼ることができるコルクボードもついて使い勝手が良さそう。天板の下には引き出しもついて本格的です。

カラーボックスだと見栄えが気になる

今はリビングで学習させているご家庭も増えています。でも、お客様を招くこともあるリビングだからこそ、場所をとったり散らかって見えるのは困りますよね。また、子ども部屋のインテリアにあう学習机探しに苦労されている方もいるはず。そんな悩みもカラーボックスの学習机なら思いのまま!

扉付きのカラーボックスで隠す収納

utataneさんはソファーのうしろの窓際にカラーボックスの学習机をつくりました。スマートな外見はそれだけでもスッキリとした印象ですが、そこにさらに扉付きのカラーボックスを使って目隠し収納をされています。これならいつお客様が来ても慌てません。

好きなカラーで好きなデザインにできる

市販の学習机ではなかなか難しいこんな男前風のデザインも、カラーボックスなら叶います。smilemamさんの学習机はビンテージ感のある天板と、渋みのあるグリーンの組み合わせ。ワンポイントの動物のシルエットもオシャレです。イームズチェアもスタイリッシュな印象をさらに引き立てていますね。

備え付け家具のようにつくることも

カラーボックス学習机の良さは幅を自由に調節できること。tantakatanさんはカウンターの下のスペースに学習机をDIYしました。カウンターの幅と机の幅がぴったり同じサイズなので、まるで最初から備え付けられていたかのようです。天板やボックスの色もお部屋のインテリアにあっています。


いかがでしたか?カラーボックスでつくる学習机はサイズも形も自分の思いどおりにカスタマイズできて、市販のもの以上の使い勝手を発揮します。見た目も好みにアレンジすればお子さんもお気に入りの机になること間違いなしですよ♪


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「カラーボックス 学習机」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ