創作意欲がかきたてられる♡すのこを使ったDIY作品特集

創作意欲がかきたてられる♡すのこを使ったDIY作品特集

通気性をよくするために、押入れの床や敷布団の下に敷く「すのこ」。そんなすのこがDIYの材料として活用されているのをご存知ですか?どんなものが作れるのか知りたい、そんな方のために、今回はすのこを使った作品を、「インテリア雑貨」「収納アイテム」「生活雑貨&家具」と3つのカテゴリーにわけてご紹介します。

インテリア雑貨

まずは、「キーホルダー&マグネット」「時計」「ショーケース」の3つをご紹介します。どの作品も、インテリアに華やかさをプラスしてくれるものばかりです。RoomClipユーザーさんが、どのような工夫をしているのかさっそくみてみましょう。

ラベルを貼って

ころんとしたサイズ感がかわいい、キーホルダー&マグネット。オイルステイン塗装した木片と、スタイリッシュな英字ラベルが絶妙にマッチしていて、ユーザーさんのセンスのよさを感じます。もう、使い道がないから……と端材を捨てる前に、お気に入りのラベルとあわせ、オリジナルアイテムを作ってみてはいかがでしょうか。

セリアのすのこを解体してキーホルダーとマグネットを作ってみました(*・∀・) 100均のすのこは材質が柔らかいからカットしやすいし簡単に作れます。
maca

スタンプを押して

白い壁に映えるグレーカラーがすてきな、スクエア型の時計。ダイソーのはんこをランダムに押した文字盤の数字も、遊び心があってGOOD。ノコギリを使用せずに作れるとのことなので、はじめてDIYする方にもおすすめです。色や形などをアレンジすれば、インテリアスタイルにあった世界にひとつだけの時計が作れますよ。

レシピを考えて

三角屋根がキュートな、おうち型のショーケース。こちらは、「四角形や台形ではなく、おうち型のショーケースが欲しい!」という思いから、ユーザーさん自身で作り方を考え、組み立てた力作です。思い描いた理想を、見事形にしています。屋根の部分が扉になっていて、季節や気分にあわせた模様替えが気軽に楽しめそうです。

フォトフレームとすのこで作るショーケース風。
dolphin24

収納アイテム

次に、「ヘアブラシ&チューブ型ワックス収納ボックス」「食器棚」「ブックシェルフ」「オープンラック」の4つをご紹介します。なるほど、こうすればいいのか……!と、ヒントをもらえる作品が勢ぞろい。収納アイテムを作って、整理整頓上手を目指しましょう。

身だしなみグッズを

こちらは、出しっ放しを防ぐために作られた、ヘアブラシとチューブ型ワックス用のボックス。ヘアブラシの背の高さと幅にあったベストなサイズ感で立て掛けやすく、とても使い心地がよさそうです。これなら忙しい朝でも、さっと準備や片付けができますね。みなさんも手作りアイテムで、日々の暮らしの悩みを解決しませんか?

愛用のテーブルウェアを

英字ロゴがピリッといいアクセントになった、小さな食器棚。爽やかで清潔感のあるホワイトカラーが、マグの魅力をより一層引き立てています。愛用している食器を見せる収納にするのにぴったり。すのこ裏の角材に板を渡す手法は、棚を作るうえでよく出てくるので、覚えておいて損はありません。

愛読書を

廊下の一角に設置された、味のあるブックシェルフ。雑誌をラフに立てかけておくだけでさまになるラダー風で、インテリアがワンランクアップすること間違いなしです。本の出し入れがスムーズに行えるように、棚と棚の間隔を十分に開けていて、使い勝手もばっちり。デザイン性と実用性を兼ね備えた、すばらしいアイテムです。

普段使いの靴を

「玄関に普段履きの靴を置く棚」を製作した、というこちらのユーザーさん。靴がワンアクションで、手に取れる、片付く、オープンラックは手間がかからず、まさにデイリー使いのアイテムを管理するのに最適です。玄関がすっきり整うのはもちろん、毎日の身支度がスムーズに行えます。靴一足分が収まる、スリムな奥行きも◎。

生活雑貨&家具

最後に、「サイドテーブル」「天板」「ダストボックス」の3つをご紹介します。思わず惚れ惚れしてしまう、まるで売り物のような完成度の生活雑貨や家具。どんなものを使って作っているのかにも、注目してみてください。

100均商品を使って

ちょい置きに便利な、コンパクトサイズのサイドテーブル。ウッドデッキの形を生かしそのまま棚に採用した、マネっこしたい技ありのアイデアです。驚くことに、材料はすべてセリアで調達したもので、かかった費用は400円程度なんだとか……!100均の材料のみで作ったとは思えないほど、クオリティの高い仕上がりです。

1枚ずつ並べて

丁寧に作り込まれた、ヘリンボーン柄の天板。大きな天板の隅々まで、板がビシッときれいに並んでいて、ユーザーさんのこだわりを感じます。手間と時間がかかる分、でき上がったときの達成感はひとしおですね。作品にオリジナリティを加えたいという方は、並べ方に工夫を凝らした作品作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

これはホームセンターのすのこを利用。 作りたかったヘリンボーン柄の天板が安くできて良かった。
and_a_plus

異素材を組み合わせて

こちらのダストボックスは、自宅のベランダで眠っていたすのこと、お菓子が入っていたアルミ缶の蓋を組み合わせたもの。蓋は汚し加工とステンシルを施したり、扉を開けると缶や瓶が捨てられるようにしたり、ユーザーさんのリメイク術に脱帽です。こんなにおしゃれなゴミ箱なら、人目につく場所でも堂々と出しておけますね。


いかがでしたか?すのこで作れる作品は、小さいものから大きいものまで、さまざまです。100均やホームセンターなど身近な場所で手に入るので、ぜひみなさんも、RoomClipユーザーさんのアイデアを参考に、すのこを使ったDIYにチャレンジしてみてくださいね。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「すのこ DIY」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ