猛暑だって快適に!エアコンの効きをよくする3つの方法

猛暑だって快適に!エアコンの効きをよくする3つの方法

暑い夏を乗り切るために、エアコンは必須のアイテム。もっと効きをよくして、猛暑を快適に過ごせたらうれしいですよね。そこで今回は、エアコンの効きがよくなる方法を3つのポイントにまとめました。環境にもやさしく、節電にもなるのでいいことづくしですよ。ユーザーさんたちの工夫を、さっそくチェックしてみましょう!

その1・エアコンを掃除する

みなさんは、エアコン掃除をしていますか?内部が汚れていると、エアコンの運動効率が下がり、電気代もかさみます。掃除をすることで、エアコンの効きがよくなるのはもちろん、排出される空気がきれいになるので、より安心して使えるようになりますね。定期的に手入れして、より長くより安全にエアコンを使用しましょう。

フィルター掃除

CoffeeHouseさんは、本格的な夏を迎える前に、エアコンのフィルターを掃除しました。掃除機でホコリを吸い取った後、クエン酸スプレーで汚れを落として水で流したそうです。こすらなくても、スプレーするだけで汚れがどんどん落ちるとのこと!身近なアイテムで手間も少ないので、トライしやすいですよ。

洗浄スプレー

スプレーするだけで、かんたんにエアコン掃除ができる専用アイテムがあります。EMIKOさんが紹介してくださったのは、アース製薬のエアコン洗浄スプレーです。吹きかけるだけで除菌・消臭、カビの増殖も防ぐことができますよ。しばらく使っていなかったエアコンを本格作動させる前に、使用しておきたいですね!

清掃業者の本格洗浄

manari3さんは、エアコン洗浄を専門業者に依頼しました。家庭ではなかなかできない部分も、部品をはずして丁寧に掃除してくださったとのことです。エアコンは複雑な機械なので、専門の業者に頼むと安心ですね。すっきりさっぱりして、大満足だそうです。

その2・直射日光を避ける

明るい日差しも、真夏はジリジリとしてつらい部分もあります。せっかくエアコンを付けていても、日差しが気温を上げてしまい部屋をなかなか冷やせません。こちらでご紹介するのは、日差しを避ける方法です。お部屋の温度も明るさも快適に、過ごしやすい空間を作りたいですね!

ロールスクリーン&カーテン

ロールスクリーンで、お部屋に直射日光が当たるのを避けているSIMPLEさん。吹き抜けのトップライトも、電動カーテンを閉めているそうです。エアコンの効きをよくするだけでなく、室内での日焼けを避けるためにも、スクリーンやカーテンは重要ですよ。エアコンの位置にも気を配り、暑さ対策をしっかりとされています。

よく座るダイニングやソファで涼める様にエアコンを設置しているので、涼しいです♪
SIMPLE

サンシェード

こちらは、hiyupan88さんが手作りしたサンシェードです。窓の大きさに合わせて、ダイソーのオーニングを2枚縫い合わせたそうですよ。フックを高い位置に取り付けることで、圧迫感なく取り付けられています。さわやかなブルーが、より空間を涼しげに見せてくれていますね。

南向きのリビングダイニングなのでサンシェードで少しでも直射日光を避けエアコンの効きを良くしてします♫
hiyupan88

シャッター

urchinさんは、西日が照り付ける夏はシャッターを閉めているそうです。明るさは、吹き抜け窓からの光で問題ないそうですよ。日光をしっかり避けられるので、エアコン効率が全然違うとのこと!明るさが確保できるなら、思い切ってシャッターを閉めるのもよさそうです。

室外機も日よけを

直射日光や地面からの照り返しによって、まわりの温度が上昇することで室外機がパワーダウンし、エアコンの効きが悪くなることがあります。そういった状況を避けるため、DEBUNEKOさんのように室外機にも日光対策をするといいですよ。サンシェードで室内も室外機も同時に日よけして、すばらしいですね。

その3・空気を循環させるアイテムを使う

冷たい空気は下におりる性質があります。この冷えた空気を部屋全体にいきわたらせるためには、うまく空気を循環させることが大切です。最後にご紹介するのは、空気を循環させるアイテムとその使い方です。冷気をじょうずに循環させて、エアコンの効率をUPさせましょう!

扇風機

nnnnnnnさんが使用しているのは、バルミューダの扇風機です。高さを下げて使用することで、下にたまった冷気をうまく循環させていますね。広く大きな風を生み出すバルミューダの扇風機は、大量の空気を動かすことができるので、涼しい風を生み出すことはもちろん、空気循環にも効果を発揮します。

サーキュレーター

Hisayoさんは、サーキュレーターを使ってエアコンの冷えた空気を撹拌させています。天井に向けることで、空気を上に上に流すことができ、冷気を部屋全体に行き渡らせることができそうですね。空気循環に特化したサーキュレーターなら、パワーがあるので効果は抜群です。

シーリングファン

上部と下部の空気を大きく循環させるシーリングファンは、天井の高いお家や吹き抜けなどには特にうれしいアイテムです。akoさんは、シーリングファンで吹き抜け上部の窓に向けて空気を送り込み、熱気を外に追い出しているそうです。冷房の効きをしっかり実感できるそうですよ。


いかがでしたか?エアコンの効きがよくなる環境づくりをすることによって、暑い夏をもっと快適に過ごすことができますよ。節約や環境の面でもうれしいことがいっぱいなので、みなさんもぜひトライしてみてくださいね!


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「エアコン 暑さ対策」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ