日々の過ごし方を考える。心地よい暮らしの楽しみ方

日々の過ごし方を考える。心地よい暮らしの楽しみ方

日々の過ごし方を考えるときに、「心地よい暮らし」は重要なキーワードです。自分らしい心地よい暮らしを探していく中で、参考にしたいお部屋を取り上げてみました。心地よい暮らしを意識したお部屋づくりのコツや楽しみ方を伝授してもらいましょう。心地よい暮らしを意識した、RoomClipのお部屋をご紹介します。

心地よい暮らしをするためのコツ

心地よい暮らしをするためのコツは、どんなことなのでしょう?心地よい暮らしを意識しているユーザーさんのお部屋をご紹介します。

天気のいい日にブランケットを洗って

ペパーミントグリーンの明るいお部屋は、Jinaさんのお家のリビングです。お天気のいい日には、ブランケットを洗って、サッパリとさせるそうです。清潔に保つことで、心地よさを維持することができます。爽やかなお部屋の印象は、カラーリングやアイテムのデザインとともに、清潔感からも漂ってくるものかもしれません。

デッキのグリーンに囲まれて

ウッドデッキをアウトドアリビングとして活用している、chocoさん。デッキで過ごす時間を、贅沢でラグジュアリーな時間としてたいせつに考えています。海外のインテリアにも憧れているというchocoさん。デッキのグリーンを増やして、上部にはサンシェードを張って、快適にしています。

床にものを置かずにフラットに

「すっきりしているけど、生活感もある、居心地の良い部屋にしていきたい」という、Cha-Chaさん。床にはものを置かずにフラットにしています。お掃除もしやすく、片づけも気軽にできそうです。お部屋にいる時間も長くなりそうです。

すっきりしているけど、 生活感もある、居心地の良い部屋にしていきたいです(^^) 好きな部屋になっていくと、部屋にいる時間が増えてきました。
Cha-Cha

庭の花をテーブルに飾って

暮らしに潤いを与えてくれる、植物や花。noriflowerさんは、暮らしにグリーンや花を取り入れたいと考えています。庭で摘んだ花をテーブルに活けて、生活の中に意識的に自然を取り込むようにしています。心が癒される植物や花を積極的にお部屋に取り入れていきたいですね。

庭の花をテーブルに。
noriflower

北欧やブラウンの目にやさしいカラーづかい

北欧風やブラウンカラーなど、目にやさしいカラーづかいをしているお部屋は、自然に居心地も良く、ストレスを感じにくいお部屋づくりになっているようです。木調やアースカラーを上手に使って、スッキリとしたお部屋をご紹介します。

無理しないで自分のペースでリセット

朝リセット、夜リセットと決めないで、自分のペースで無理をしないでリセットしていくという、comiriさん。カフェ風や北欧風などを意識したスッキリとしたお部屋は、肩の力を抜いて、植物や花に囲まれて過ごす中で生み出されてきたようです。ホワイトと木調のやさしい色合いが心地よさにつながっています。

目にやさしいブラウンカラーに

北欧ヴィンテージとブラウンインテリアでコーディネートされた、aurinkoさんのお部屋です。明るい色目の木調の床や家具で、やわらかくてやさしいブラウンカラーを使っています。ファブリックパネルなどナチュラルな素材も居心地よさのポイントになっています。

洗濯機まわりを棚収納で快適に

洗濯機をリメイクシートで淡いカラーに変えて、棚には洗濯で使う洗剤などを収納している、kurumichocoさん。どのアイテムもアースカラーで統一されています。使い勝手もよさそうで、ストレスを感じずにすみそうです。利便性のよさも快適さにつながります。

アンティークなどノスタルジックが心地よい

ノスタルジーを感じさせる、昔ながらのアイテム(レトロやアンティーク、古道具など)を使ったコーディネートは、その場にいる人をリラックスさせてくれます。最後に、親しみやすく、懐かしい雰囲気を感じさせてくれる、レトロや古道具などを使ったお部屋をご紹介します。

さらさらイグサラグで寝転んでくつろぐ

nikoさんのお家では、お子さんがお部屋にイグサのラグを敷いてリラックスしているそうです。古くは平安時代から「ござ」や「むしろ」と呼ばれて親しまれた敷物がイグサラグとして流行しています。寝転んでくつろげるさらさらの肌ざわりが心地よさそうです。お昼寝するのにも、気持ちよさそうですね。

アンティーク風のアイテムのキッズルーム

あせた色合いが美しい壁面に、古道具が置かれた、アンティーク風の、PUNさんのお家のキッズルーム。窓の格子や額縁などを配置したコーディネートに、ムートンの白がまぶしく引き立てています。どこか懐かしい絵本の中の世界のようなお部屋に、心がときめきます。

蚊帳をつったベッドルームにワクワク

漆喰の壁に高い天井、蚊帳をつった「ベッドルーム」は、nao_nodaさんのお家の寝室の様子です。まるで和風天蓋つきのベッドのような寝具のまわりは、体験したことのないワクワク感を抱かせてくれます。

この蚊帳、生地は麻です。蚊をよけるだけでなく、蚊帳越しの風(扇風機など)を柔らかくしてくれ、肌が冷えずにすむ、みたいな効果もあります。
nao_noda

RoomClipで見つけた心地よい暮らしを意識しているお部屋をご紹介しました。日々を過ごしていく中で、ご自分なりの心地よい暮らしを見つけていくことができれば、幸いです。ぜひ参考にしてみてください。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「心地よい暮らし」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連リンク