モロッカンなお部屋が好き♡ポイントとなる3つのアイテム

モロッカンなお部屋が好き♡ポイントとなる3つのアイテム

エキゾチックな雰囲気と独特の華やかな色使いが魅力的な、モロッカンスタイルのインテリア。この記事では、モロッカンスタイルに欠かせない3つのアイテムをご紹介します。うまくポイントを押さえて取り入れれば、意外と簡単にモロッコ風の演出をすることが可能です。ユーザーさん達の実例を、早速見ていきましょう。

まずはバブーシュで足元を飾る

バブーシュはモロッコの伝統的な履物で、山羊や羊などの皮から作られています。踵を踏んで履くスタイルが特徴的ですね。カラーバリエーションが豊富で、ビーズなどの装飾がついているものもあります。デザインが可愛いので、来客用にされているユーザーさんも多いようですよ。

モノトーンカラーで上品に

3838さんが愛用されているのは、ホワイト・ブラック・シルバーのモノトーンカラーのバブーシュです。それぞれ同色のビーズ刺繍が施されており、上品な印象の装飾となっています。夏はサラサラで冬は暖かいとのことで、スリッパとしての機能性も申し分なしです。

山羊皮のバブーシュ。 夏はサラサラ、冬は暖かい!! うちは床暖房が付いているのですが、これを履いていれば去年は余程寒い時以外はつけなくても全然大丈夫な位でした。
3838

彫り模様でシャープな印象に

snoopyさんは、来客用のスリッパは絶対にバブーシュにすると決めていたそうです。こちらのバブーシュはレザーの表面に彫りが施されているタイプで、くっきりとした模様がシャープな印象。ヴィンテージやアンティークがお好きだというsnoopyさん宅のインテリアに、よく似合いそうなバブーシュです。

たくさんそろえて華やかに

sippoさんも、こちらのバブーシュを来客用にそろえられました。いらっしゃるお客様1人1人のイメージカラーで注文したら、こんなにカラフルになったそうですよ。いろいろな色合いのバブーシュが並ぶと、見た目も華やかですね。

プフはモロッカンのキーポイント

モロッカンインテリアの代名詞とも言えるプフ。不要になった衣類や布を詰め物にして使われる、円柱形のクッションです。クッションとしてだけでなく、オットマンとしても、また詰め物をしっかりすればサイドテーブルの用に使うこともでき、家のあちこちでフレキシブルに活躍してくれます。

コントラストの強いツートーンのプフ

tokimekiroomさん宅で活躍中の、こちらのプフ。濃いターコイズブルーとキャメルブラウンの強いコントラストで、存在感のあるデザインになっています。いろいろな用途に使われているとのことで、愛着もひとしおでしょう。

置くだけでインテリアになるターコイズブルーのプフ。 そして、脚置き、肘掛け、椅子、犬の座る場所、背もたれ。と幅広い活躍をしております。
tokimekiroom

アラビアンな雰囲気のプフ

こちらはiireyさん宅の屋根裏部屋。黒×ブラウンの重厚感のある色合いのプフは、目地の黒いタイル張りの床にとてもよく似合っています。細かな刺繍や型押しの模様が入っているのも、アラビアンな雰囲気で素敵です。丸テーブルに置かれた金属製のティーセットが、モロッカンな印象をより強めてくれます。

フレンチモロッコにはゴールドのプフ

フレンチモロッコなテイストでまとめられたmmipさんのお部屋です。淡いブルーの壁に、白と紫を中心にしてまとめられた家具。そこにポイントとなるようにゴールドのプフが置かれ、華やかさをプラスしています。さわやかな風が感じられそうな絶妙な色使いに、うっとりしてしまいます。

いつかは手に入れたい、本物のモロッコラグ

モロッコのラグの歴史は古く、一説によると、紀元前には絨毯発祥の地である中東から、作り方などが伝わっていたそうです。先住民であるベルベル人の女性によって、すべて手織りで作られていたというラグ。作られる地域によってさまざまな種類があり、ヴィンテージならではの味が感じられます。

モロッコラグといえば「ベニワレン」

こちらはモロッコのベニワレンという地域のラグです。ベニワレンというと格子柄が有名ですが、Konamiさんが愛用されているものは幾何学模様のような不思議な柄。ラグのベージュをベースにアースカラー中心でまとめているので、上品で落ち着いた感じのモロッコインテリアに仕上がっています。

幾何学模様が特徴「アジラル」

モロッコ中央部の街、アジラルで織られるアジラルラグ。ウールで織られたベースに、染色したコットンや端切れ布などで幾何学的パターンが描かれているのが特徴です。freakycatさん宅のものは、優しいアイボリーカラーに控えめに装飾が施されています。シンプルなリビングも、このラグがあると上質な空間に。

モロッコラグ素敵だなあ 高いからなかなか手が出せないけど いつか手に入れたい物です🎶
Shiho

アートのような織り模様「ザナフィ」

mimさんは、モロッコ・ダズナフト産のザナフィと呼ばれるラグを玄関マットとして使用しています。ザナフィとは織りのテクニックの名称で、毛足が短い造りになっているのが特徴的。アーティスティックな織り模様とボリュームのあるフリンジで、唯一無二の存在感があります。

華やかな端切れ「ボ・シャルウィット」

たくさんの色が使われた、ボ・シャルウィットのラグ。「端切れ」という意味のシャルウィットの名のとおり、不要になった衣服の切れ端などを織って作られています。カラフルなラグとたくさんのクッションで飾られたこの場所が、Megumiさんの家族みんなのくつろぎの場所だそうですよ。


モロッコのアイテムは華やかな色と装飾で存在感があるので、1つでも取り入れるとお部屋の印象が変わってきます。気に入ったデザインのものを少しずつ、徐々に増やしていくのも良いですね。ヴィンテージのモロッコラグは1点ものなので、出会った時のインスピレーションを大切に、選んでみてください。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「モロッコ」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ