こんなやり方で解決できる♡広く感じるお部屋を作るヒント

こんなやり方で解決できる♡広く感じるお部屋を作るヒント

大きくてゆったりとできるお家はみなさん憧れると思います。しかし、実際に広々としたお部屋を実現できなくても、工夫しだいで広く感じさせたり広く見せたりすることはできますね。今回は、ユーザーさんの実例から見つけた、お部屋を広く見せるテクニックやコツについて、お伝えしていきたいと思います。

家具の配置や選び方

まずは、家具の置き方や選び方などを工夫して、空間をすっきり広々と見せているユーザーさんのインテリアの実例をご紹介します。お部屋の狭さを感じさせず、すっきりと整っているお部屋は今すぐにでも真似してみたくなるはずです☆それぞれのやり方のメリットをチェックしていきましょう。

背の高いものを置かない

視界が開けて、すっきりと感じられるgomabokuroさん宅のリビングです。ソファやテレビボードは同じくらいの高さで、他には高さのあるものを置かないようにしているんだそうです。窓際に寄せてソファを置いたことで、テレビ前の空間が広く感じられます。効果的な家具の置き方や選び方は参考になります。

角の丸いデザインを取り入れる

ダイニングのテーブルの形を丸に変えたことで、広く感じるようになったと紹介してくれています。さらに細い線が重なったデザインのテーブルの脚で、圧迫感を減らす効果もあるのではないでしょうか。家族との距離も近く感じられそうなラウンドテーブルは、お部屋を快適にしてくれそうです。

脚つき家具やガラステーブルを選ぶ

sei-gwenさんの工夫は、リビングテーブルをガラス製にして、床に物がつかないようなアイテムを選んでいるということです。床面が見えるだけでも、確かに空間の広がりを感じて、広々と見えてきますね。大人っぽい色使いにもうっとりするような、魅力いっぱいのリビングとなっています。

リビングは8畳ほどで狭めです。床が見えると広く見えるので、ガラステーブルにしました。 床にくっつかないソファー・つくりつけの棚・プランターカバーなども浮かせるようにしています。 できるだけ床に物がくっつかないようにしてます。
sei-gwen

床がたくさん見えるようにする

ruさんはお部屋が広く感じられる工夫をたくさん取り入れています。特に、床が広く見えるように、家具を窓際に寄せ、細長いダイニングテーブルを採用しているんだとか。確かにすっきりとしたお部屋で、お写真からはとても狭いリビングには見えません。参考にしてみたいですね♪

鏡を効果的に取り入れて

続いてご紹介するのは、鏡を使って、空間に奥行きを感じさせるというテクニックを取り入れているユーザーさんの実例です。鏡に映った眺めのおかげで、お部屋が広く感じられますし、光も反射するので明るく開放的な空間を演出できるようです。どんな場所に使っているのか、注目してみてください。

白い鏡で奥行きを感じさせる

白いフレームの鏡を置いているsakielさんのお部屋は、鏡の中にまだ空間が続いて見えるようです。壁にとけ込むようなフレームの効果もあり、自然とお部屋が広々と感じられますよ。鏡の効果を上手に取り入れた配置と、センスあふれるインテリアに感心してしまいます。

明るく開放的な玄関を演出する

玄関に大きな姿見を取り入れているgooskaさん。白で統一して、さらに鏡面素材にしたことで光が反射して空間の広がりが感じられるんだそうです。目の錯覚とはいえ、明るく開放的に感じられる玄関は、気持ちまで清々しくなってきそうです。

思った以上に反射効果があり、広く見える錯覚効果もありました✨
gooska

鏡の効果をキッチンでも

こちらは、キッチンの食器棚に鏡を貼るという工夫を取り入れている実例です。ものが多くなりがちで、閉鎖感のあるキッチン周りも、鏡があることで広がりを感じる効果があるようです。ダイニングテーブルに座った時に見える景色が広く見えるナイスアイデアですね。

置かない、取り払うという工夫

最後にご紹介するのは、あって当たり前と思っていたものを取り払ってみるというアイデアです。ここでは、ベッドルームとリビングでの実例をピックアップしてみました。模様替えやお部屋づくりのヒントとして活用してみてはいかがでしょうか。

フレームなしですっきりと

意外と幅を取っていたベッドフレームを取り払ったことで、空間が広くなったとご紹介してくれているのはnaeさんです。ベッドの高さが低くなったことで、よりくつろげるようになったんだとか◎照明の光も美しく映え、物が少ないベッド周りは、ゆったりとした時を過ごすのにピッタリです。

テレビボードを置かない

テレビを壁掛けにして、テレビボードを置いていないユーザーさんのリビングは、すっきり広々。レコーダーなどは白い棚の中に置き、配線も壁の中に通しているので、見えないようになっているそうです。ここまですっきりすると、お掃除が楽なのはもちろん、居心地の良さも格別ではないでしょうか。

テレビボードがないぶん、リビングが広く使えます。お掃除も簡単❗️ レコーダーは奥の白い扉の収納に入ってます。 壁の中に配線を通してテレビとレコーダー、テレビとパソコンとも繋がっています💁‍♀️
anmitsu

仕切りをなくして一続きにする

お部屋にあった引き戸を外して、広々した空間を手に入れたというユーザーさん。確かに、お部屋全体が見渡せるようになり、気持ちのよい眺めです。こんな風に、遮っていると感じるものを取り払ってみると、狭いと感じていた空間も、広く感じられるようになるかもしれません。


お部屋を広く見せるために、ユーザーさんたちが実践している工夫をご紹介しました。家具の置き方や鏡を取り入れるアイデアは、比較的挑戦しやすいのではないでしょうか。ぜひ試してみてくださいね。


RoomClipには、ユーザーさんが投稿した「広く見える」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連リンク