ちょっとした工夫でスペースアップ☆収納場所を増やす方法

ちょっとした工夫でスペースアップ☆収納場所を増やす方法

おうちという限られたスペースの中、収納場所が足りなくて困った、なんてことはありませんか?だからといって、家具などを増やしてお部屋が狭くなるのも避けたい、そんなときにはちょっとした工夫やアイディアで収納場所を作ってしまいましょう。今回は、ユーザーさんたちの参考になる収納実例をご紹介していきますよ。

収納場所を増やすときの基本テクニック

最初に、収納場所を増やしたいと思ったときにまず取り入れたい、基本的な工夫やテクニックをご紹介していきます。今あるスペースを上手に使って収納力をアップさせてしまいましょう。

縦置きで収納してみよう

より多くのものを収納したいと思ったときには、横置きにしていたものを縦置きにしてみるというのも一つの手です。こちらのユーザーさんも、食器を立てて収納することで、収納力とともに、取り出しやすさもアップすることに成功されていますね。見た目もすっきりとしていてとても使い勝手がよさそうです。

「収納を増やす方法」 基本なんでしょうが,食器もタオルも服も、我が家は立てる収納がメインです。 なんなら冷凍庫の中とかも立てる収納…笑 お皿の収納は,重ねているものは,単体で使うことが少なく大体セットで使うことが多いものなので重ねています。
pink-maple

吊り下げ収納を取り入れよう

ユーザーさんは、掃除道具を吊り下げ収納されました。色味を抑え、整然と並べられた美しさに、思わずみとれてしまいますね。このように壁面などを利用した吊り下げ収納をすると、省スペースになるのが◎。こちらの実例では、デッドスペースとなりがちな扉の裏が、収納場所として使われているのもポイントですよ。

隙間を上手に活用しよう

お部屋の中にちょっとした隙間を見つけたら、そこを収納場所にできないかを考えてみるのもおすすめ。こちらのユーザーさんは、ソファーの下に、引き出して使える収納を設置されています。バスケットと木材を組み合わせたことで、収納力抜群でかつ見た目もGOODな収納ができ上がっていますね。

ダイソーのB4サイズのバスケットに 色を塗った木材をグルーガンで付けただけ-w キャスターは結束バンドで固定。
yuri

収納したいものにあったグッズを

こちらの実例で取り入れられているのは、少ないスペースで3つのボールを収納できる、ボールスタンドです。このように、しまいたいものがはっきりしているときには、専用のグッズを使うことで、より効率的に収納をすることが可能となりますよ。ぜひ便利なグッズを探してみてはいかがでしょうか。

スペースを有効活用できるアイテムを使う

次に、スペースを有効活用できるアイテムを使うことで、収納場所を増やしている実例を見ていきたいと思います。空間をどのように使いたいのか、具体的に考えることで、使えるアイテムも見つかりやすくなりますよ。

ペン立てを洗面所の収納に

100均のペン立てを、洗面所の三面鏡裏の収納に取り入れている実例です。このように使うことで、チューブなどが取り出しやすくなっているのはもちろんのこと、高さのあるスペースを有効活用できているのがいいですね。すぐにでも真似してみたくなるナイスアイディアです。

子ども服に2段式のハンガーパイプを

すっきりと片付いたクローゼットの中、2段式のハンガーパイプを、子どもの洋服収納に使われているユーザーさん。これであれば、丈の短い子ども用の洋服を収納しても、空間をしっかり使いこなせるのがうれしいですね。バッグなど、ファッション雑貨を吊り下げ収納するときにも、使える方法です。

収納量を増やすためにヒラキの2段式のハンガーパイプを使っています。 空間が無駄にならずに収納できて、とっても良いです♡ 更に子供も自分で取れる高さになるので、自分で選んだり、支度しやすいという利点も◎
shilohy

一つで二つの役割を持つアイテムも

こちらの実例では、ダイニング用のベンチとして、収納機能がついているものを使用されています。中にはオムツやおしりふき、ストレッチポールなどが入っているそうですよ。このような一つで二つの役割を持つアイテムは、収納場所を増やしたいときの、強い味方になってくれること間違いなしです。

自分が使いやすい収納を作る

最後に、ユーザーさんご自身で、収納場所を作っている実例をピックアップしました。自分で作るからこそ可能な、ちょっとした工夫などにも注目してみてください。

突っ張り棒とバスケットで

突っ張り棒二本とニトリのワイヤーカゴでタオル収納を増やしている実例です。少し前に傾けることで、タオルが取り出しやすくなっているのもいいですね。突っ張り棒は、そのままなら吊り下げ収納に使うことができ、板などと組み合わせれば棚にすることもできます。ぜひ自分なりに使いこなしてみましょう。

収納していないときもアクセントに

こちらのユーザーさんは、トイレの壁に、トイレットペーパーを収納するための小さな棚を取り付けられました。その棚の奥には柄がプラスされていて、トイレットペーパーを外しても、インテリアのアクセントとなるのが素敵ですね。棚の設置する位置も含め、ユーザーさんのセンスが感じられる実例です。

ラブリコで壁面を活用

ラブリコを使った本棚は、奥行きがなんと10cm弱なのだそうです。それだけ省スペースなのにも関わらず、見てのとおりたくさんの絵本や雑貨を置くことができ、収納場所はいっきに増えますね。収納に空いている壁面を使いたい、でも傷はつけたくないというときには、ラブリコやディアウォールを活躍させてみてください。


収納場所が足りないと思ったときには、スペースをどこに作るかを考えるのと同時に、しまうものを減らせないかということも、ぜひ考えるようにしていきましょう。自分なりの工夫やアイディアで、必要な収納を作っていってくださいね。


RoomClipには、ユーザーさんが投稿した「収納」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連リンク