「癒される空間へ。好きが溶け込む、アンティークと花の似合う優しい住まい」 by rara.ra8787さん

「癒される空間へ。好きが溶け込む、アンティークと花の似合う優しい住まい」 by rara.ra8787さん

RoomClipに登録された新しいユーザーさんの中から、毎回お一人をピックアップしてご紹介する本連載。今回は、眺めているだけでも温かく幸せな心地を分けてもらえるような、愛情がたくさん詰まった住まいづくりをされているrara.ra8787さんと、そのお宅をご紹介します。

今回ご紹介するのはこの方です!

築35年になる夫の実家をリノベーションし、2019年春より、義父、夫、自分、子供2人、チワワ1匹との同居生活をスタートさせました。リノベーションを機に、夫婦でインテリアや花への興味が増し、オシャレでも多世代の家族が心地良く、キレイに暮らせる我が家を目指しているところです!

3世代5人家族、みんなが幸せでいられる暮らし

夫婦で導き出すオリジナルのテイストと味わい

ご主人の生家を3世帯5人家族が暮らせる家へとリノベーションしたrara.ra8787さんのお宅は、2階建て4LDKの間取りです。以前の家から受け継いだ玄関扉は、どっしりとしたアンティークな趣が魅力的。でも実は扉自体の歴史は深くとも、この色は新しいそうなんです。劣化の激しかった表側は、リノベーション時に工務店によって再塗装が施されました。そしてさらに、『まだ理想の雰囲気ではない』と、ご主人自ら再々塗装されたのが現在の姿とのことです。玄関扉一枚からも、たくさんのストーリーとこだわりがあふれ出してきますね。扉を開けたら、どんな素敵な世界が待っているのか期待に胸を膨らませつつ、お邪魔していきましょう。

出迎えてくれたのは、ホッと懐かしい気持ちを覚えさせてくれる、優しく温かな空間でした。特に、ご主人こだわりのアンティーク加工を施したボルドーパインの無垢床の味わいはひと際です。そこに、シュークローゼットのルーバー扉やブリキのミルク缶、コンソール代わりのレトロなミシン台といった、アンティーク要素の数々が加わり、何とも言えない心地よい懐かしさが紡ぎ出されています。漆喰の壁に映える、風情のあるドライフラワーも素敵です。

玄関ホール正面に見えるアーチ状の扉を抜けると、ご家族が団らんするLDKです。北欧やブリティッシュ、フレンチ……いろいろなテイストが垣間見えるインテリアに共通しているのは、ナチュラルであり、アンティークな趣があることではないでしょうか。ご夫婦それぞれ好みの譲れない部分は大切にしながら、足し引きしミックスしたことで誕生した、まさにオリジナルのテイストです。そのキーポイントとなるのは、ボルドーパインの床。家具も雑貨も選ぶときは、この床に合うか否かを基準に決めることで、テイストをミックスしながらも、方向性は一貫することができたと、rara.ra8787さんは語ります。

好きな要素が手を取り合う、癒しの眺め

ダイニングの奥に見えるキッチンも覗いてみました。壁つけI型をベースにした、個室感のあるスペースは、どこか秘密基地めいたワクワク感を持ち合わせています。扉から水栓、そこにあるすべての要素が美しく、インテリア然としています。それは、素材やデザインをはじめ、壁も床も、窓もなにもかもにrara.ra8787さんの『好き』が詰まっているからこそではないでしょうか。シンク横の室内窓から入る、ダイニングの温かな照明と雰囲気に癒されながらなら、家事も楽しくより丁寧にできそうですね。

水まわりつながりでフォーカスしておきたいのが、キッチン同様に『好き』を丁寧に詰め込んだ造作の洗面台です。照明や取っ手といったディティールにまでこだわってコーディネートされていることが、写真からもわかります。中でも注目したいのが、真鍮のアクセント。洗面台に限らず、rara.ra8787さんは家中のいたるところに真鍮のディティールを散りばめているんです。さりげなく取り入れられた、品のよい真鍮の輝きは、温かなインテリアにほんのりと高級感を漂わせます。こうした、匙加減の絶妙さも、rara.ra8787さんご夫婦のつくり出すテイストの魅力です。

共に紡ぐ、家族のそれぞれ

rara.ra8787さん宅には、2階にもリビングがあります。今一度、玄関ホールに戻り階段を昇ってみましょう。階段も、冒頭写真で下から見たときは、ホワイトの蹴り込みがアクセントになりリズミカルな印象でしたが、上から見るとボルドーパインの美しい木目を存分に楽しめるんですね。様相の違いに、思わずハッとしました。

階段を昇り切り、廊下を少し進むと、期待を裏切らない温かく穏やかなセカンドリビングです。テレビ横につくられたご主人のワークスペースも、ご家族と時間を共にしつつも、間仕切りの壁があることで心地よく作業に集中できる工夫が効いています。

振り返った反対側の壁は、アーチを少し起こして緩やかなゾーニングを施した、rara.ra8787さんと娘さんたちのスペースがあります。例え、ご家族がそれぞれのことをしていても、背を向け合っていたとしても、同じ空間で同じ時間を共有できる間取りの妙に優しさを感じました。こうした間取りの優しさも、rara.ra8787さん宅に満ちる幸福で温かな雰囲気をつくり出すファクターなんですね。

rara.ra8787さんは、『私の中で何を選んでも重要なのは、そこに癒やしを感じられること』だと語ります。5人家族3世代だからこそ、苦労や悩みもあるものの、みんなが心地よくほっこりできる空間を理想にしていると。そのためには、インテリアはオシャレなだけでは事足りません。収納力や掃除のしやすさも大切です。だから、rara.ra8787さんの住まいづくりにはそんな工夫もたくさん詰まっているんです。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

rara.ra8787さん邸の間取り図

rara.ra8787さん宅は、2階建て4LLDKの2世帯住宅です。1階に共有スペースと義父様の生活空間をおき、2階にはセカンドリビングとrara.ra8787さん世帯の個室を配されています。人数も多く、世代の層も広いご家族が暮らす家だからこそ、みんながバランスよく幸福に過ごせる工夫が、いたるところに施されています。

rara.ra8787さんへの5つの質問

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

お部屋のインテリアテーマやこだわっていることを教えてください

rara.ra8787さん

夫の実家をリノベーションをすると決めた時、まだテーマは漠然としていました。私は北欧系が好き、夫はブリティッシュやフレンチのちょっと濃い目のアンティーク系が好き。でも、ふたりの見ている方向はなんとなく同じで……、カフェ風の雰囲気、ナチュラルベースです。『だったら、それぞれのいいとこ取りでいいんじゃない?』って、つけたテーマは、ナチュラル北欧ヴィンテージでした(笑)

それからどんどんと私もアンティークの魅力に惹かれていきました。そんな中で、花の世界にも魅了され、今では夫婦の中で、アンティークと花の似合う家がメインテーマになってきたような気もします。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

インテリア関連の好きなブランドやショップを教えてください

rara.ra8787さん

リノベーションを通じ、古道具の魅力に気づいた私たち。アンティークショップや蚤の市、マーケットなどで一期一会の出逢いを楽しんでいます。具体的には、食器や小物関連でいえば、私のもともとの憧れはミナペルホネンやマリメッコ、アラビア、イッタラでした。でも、なかなか手が届きません(笑)これに近い世界や雰囲気を大事にしたいと思っています。

また、照明や小物関連は、アクシスというブランドが好きです。新品でも、アンティークな雰囲気とすごく相性が良いところが気に入っています。夫の方は、アーコールが好きになり、いろいろ探して、5脚のアーコールチェアをそろえたほどです。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

インテリア関連で最近買ってよかったものがあれば教えてください

rara.ra8787さん

収納力のある家具は、どれも便利ですね。中でも一階リビングにある、クラッシュゲートの9杯のチェストは、見た目と収納力が秀逸で、ボルドーパインのアンティークな雰囲気との相性も抜群。家族全員分の薬専用引き出しをつくったり、文房具や日用品の雑多なものを収納したりしています。リビングのみんなが一番使いやすい場所に、生活感や色の氾濫をしまい込むことができるため、買って良かったなと思います。

アーコールチェアと合わせて展示してあった、アクメファニチャーのダイニングテーブルもはずせません。新品ながら、アンティークな雰囲気にマッチし、幅や大きさはスペースと我が家の人数にピッタリ。4杯の引き出し付きの収納力も決め手でした。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

インテリア以外でこだわっているモノやコトを教えてください

rara.ra8787さん

インテリア以外では、ガーデニングです。やっぱり、手をかけられなかった外部が気になりはじめ、何気に手をつけたところ、夫婦でどハマりしました。特に多肉植物が大好きです。フラワーショップを見に行くのは至福の時。古道具の似合うジャンクガーデンを目指し、少しずつバージョンアップしています。

また、そんな雰囲気に合うように、気づいたらDIYにも挑戦していました。まずは門扉や柱もペンキで塗り直し、勢いづいて車の塗装まで。朝起きたら、夫が玄関扉をペンキで塗り替えていたのにはビックリしたこともありました。

RoomClip mag編集部
RoomClip mag編集部

RoomClipでやってみたいことや期待していることがあれば教えてください

rara.ra8787さん

本当に素敵なお家の方々ばかりの中、私たちでいいのかなと大恐縮ですが、人生の中でなかなか経験できない機会をいただけたことに、感謝しております。予想以上に大変だった、工事中の苦労も報われた気がしました。そんな工事中は、ガラケーでRoomClipを利用できなかったことが、今さらながら悔やまれます。もっと早く出会えていたらとも思います。

じっくりと好きなイメージを探し、残せる場は、絶対に役に立ちます。素敵なお宅、人々と繋がり刺激をもらえるツールですので、これからもたくさん活用させてください。

rara.ra8787さんのお部屋ギャラリー

クリックすると大きいサイズでみることができます。


rara.ra8787さんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連リンク