本当に便利な収納はココ!新築のおうち作りで手に入れたい快適収納スペース

本当に便利な収納はココ!新築のおうち作りで手に入れたい快適収納スペース

新築のお部屋作りを考えるとき、収納の場所は重要なポイントになりますよね。生活に寄り添う使い勝手のいい収納スペースが確保できると、より快適に過ごせるおうちが作れます。そこで今回は、ユーザーさんが作ってよかったと思うおすすめの収納場所をご紹介したいと思います。工夫なども一緒にチェックしてみてください。

キッチン

キッチンには必需品が多いので、収納に工夫が必要ですよね。あらかじめ動線を考えた収納があると、お料理をスムーズに楽しく進めることができます。かゆい所に手が届く収納を備えて、ストレスフリーなキッチンを作りませんか。

スパイスニッチ

調理中でも手に取りやすい場所に調味料を置くことができるスパイスニッチ。sunuponさんのこだわりポイントは、愛用のWECKの高さに合わせて作ってもらったことです。お気に入りの容器を基準にして高さを調整するというのは参考になりますね。側面にコンセントがあるのも便利そうです。

内側にはコンセントを二口。 ホームベーカリーやブレンダーで活用中。
sunupon

ゴミ箱が置けるオープン収納

キッチン収納の一部に引き出しを付けず、オープンスペースにしたというmaryさん。ここにゴミ箱を置くことで、外から見えにくく家事動線もよくなるという快適空間になります。ゴミ箱は両開きをセットして、そのまま使えるようにしているそうです。調理をしながらワンアクションでゴミを片付けることができます。

引き出しタイプの食器収納

mogさんの食器収納は、引き出しタイプです。奥の食器までストレスなく取り出せるのがおすすめポイントなんだそうです。なるべく一種類だけ重ねるようにして整理すると、さらに使い勝手よくなるんだとか。引き出しただけで見渡せるので、食器選びもスムーズになりますね。

グリルをなくしてツール置き場に

焼き魚が好きというrocoaさんですが、なんとグリルをなくして引き出し収納を取り付けていました。魚はフライパンとオーブンシートを使って焼くことで、グリルレスを実現したそうです。引き出しにはキッチンツールを入れて、調理中でもさっと出し入れできるスペースとして活用しています。

リビング

リビングは家族が集う場所なので、誰でも使いやすい所に収納があると快適です。また、お子さんの道具や学校からのプリントなどを整理できる定位置が決まっていると、忙しくてもスムーズに動くことができますね。デッドスペースを活用したり、機能的なアイデアを取り入れたりした収納アイデアをチェックしてみてください。

マグネットが使えるリモコンニッチ

OPTYさんのリモコンニッチは、マグネットタイプです。学校からのプリントなどをまとめて貼っておくスペースとしても活用できるんだそうです。必要に応じて簡単に貼りかえができ、一か所でミニマルに整うのがいいですね。プリント類の置き場所が定まらないという方は試してみてはいかがでしょうか。

小上がり下の引き出し収納

リビングに続く小上がりがあるmimitotoさんのお部屋。段差の部分に引き出し収納を設置していました。お子さんのお世話グッズやおもちゃを収納しているんだそうです。リビングで使う常備品などを入れて置くのに最適な場所ですね。デッドスペースを収納にすることで、お部屋全体を広く使えます。

ベンチの側面に

kuu_koko22さんのリビングにはベンチスペースがあるそうです。その側面に、1日何度も開け閉めするというほど使い勝手のいい収納スペースがあります。本やお子さんの保育園グッズ、筆記用具などの必需品を収めているそうです。高さを活かして、収納量を十分確保できるのがうれしいですね。

その他のお部屋

収納の工夫が活かされたお部屋は、まだまだあります。ここにこれを置けると便利!という理想を形にした収納作りは必見です。また、ディスプレイも意識した大容量壁面収納の実例は、憧れのお部屋作りの参考にもなりそうです。

洗濯機横に洗剤が置けるスリムタイプ

洗濯機の横のスペースに、スリムな棚を設置しているchobisukeさん。洗濯洗剤がすっきり整頓できるスペースになっているそうです。洗濯機のすぐ横に洗剤が常備してあると、出し入れしやすく作業もスムーズになりますね。

エイダイのスリムオン✨✨ これのおかげで、洗濯物洗剤がスッキリ!
chobisuke

玄関にコートハンガー

コート類の収納場所を玄関まわりに設置して、お部屋の中に持ちこまなくてもすむ工夫を実践していました。玄関から続くシューズクロークの中にコートハンガーも設けているんだそうです。外出の際にこの場所で脱ぎ着ができ、一か所にまとめて置けるのもスマートです。

階段の壁面に本棚

たくさんの本を取りやすくスタイリッシュに収納できるアイデアです。階段の段差に沿って壁に収納棚を設置していました。リズミカルに取り付けてあるので、大容量でも圧迫感なく収めることができますね。階段に座ってそのまま読書をすることもでき、本好きさんにはたまらないスペースになっています。

ひとます30センチ程なのですが、本当にたくさん 収まるので、自分でもびっくりしています!
kanata_

どれもこれも羨ましくなるくらい使い心地のよさそうな実例ばかりでした。収納が整っていると動きもスムーズになって、おうち時間が充実しそうです。ぜひ新築やリノベーションの参考にしていただければ幸いです。


RoomClipには、ユーザーさんが投稿した「新築 収納」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連リンク