「使うとき、気分まで上がる!見た目も勝手も良い定位置収納のつくり方」 by nasieさん

「使うとき、気分まで上がる!見た目も勝手も良い定位置収納のつくり方」 by nasieさん

RoomClipユーザーの収納に関するtipsを紹介する「収納のコツ」連載。

今回は、シンプルなインテリアと行き届いた片付けで、清潔感と開放感のある住まいづくりをされているnasieさんに、ものがあふれない収納づくりのコツをお伺いしました。nasieさんに収納のコツをお伺いしました。

今回教えてくれたユーザーさん♪

新居に引っ越して丸2年になりますが、まだまだ収納迷子の場所もあります。RoomClipでみなさんのお部屋をのぞくのがとても楽しみで、いつも参考にさせてもらっております。まだまだ未熟者ですが、自分や家族が生活しやすい収納を心掛けています。参考になればと思いますので、よろしくお願いします^^

定位置と一時置きでスッキリ

nasieさんは、小学生のお子さんをもつ子育て世帯です。子育て世帯では特に、雑多な生活感を見せずにインテリアづくりをするのはなかなか難しいことだと思うのですが、nasieさん宅はインテリアも収納の中も、どこを拝見してもスッキリ、キレイ。特に、収納の中は、グッズをバランスよく組み合わせながら、スペースの無駄なくフル活用されているのが印象的です。いったい、どのようなことを意識し大切にしながら収納づくりをされているのでしょうか?まずは、気になるこだわりからお伺いしていきます。

nasieさん

「ものを戻す場所を決めることで、余計なものを増やさず、スッキリ片付けられるよう心掛けています。すぐに片付けられないようなものは一時置きをつくり、時間ができたとき、まとめて片付けるようにすると、いろいろなものが散乱する状態も防ぐことができます。」

なるほど、しまいたいものや収納スペースにぴったりと合う、ケースやグッズの見事な組み合わせは、すべて使いやすく心地よい定位置づくりへのこだわりがあるからだったんですね。確かに、定位置があれば、過不足も一目瞭然。また、思うようにすぐ定位置に戻せないものや、まだ決まらないもののための一時置きがあることで、片付けや収納へのプレッシャーもうまく軽減しているのもポイントです。

ここからは、そんなnasieさんのこだわりがよくわかる、キッチン収納にフォーカスしていきます。気が付くとひと目につかないところは、詰め込み収納になっている!引き出しや戸棚の中からものを取り出すのがとにかく大変……という方も必見の、収納アイデアをお伺いすることができましたので、さっそくチェックしていきましょう。

見えないところも見せられる収納にするコツ3つ

その1 吊戸棚は、使用頻度順に白いケースで整える

nasieさん

「キッチンの吊戸棚では、イラストシールを活用しながら分かりやすく、使う頻度の高い順に、低い位置から収納しています。中段は取手付きのケースを使い取り出しやすく、上段は使用頻度の少ない子供のお弁当グッズやフードプロセッサーなどを収納BOXに入れています。ケースをすべて白で統一することで、中身がゴチャゴチャしていても、見た目はスッキリ清潔な印象にできました。」

その2 コンロ下には、コンロ調理で使うものたちがスタンバイ

nasieさん

「コンロ下には、鍋やオイル系、スタメン調味料などを収納しています。コンロで調理するとき、サッと取り出せるので、この位置で定着しています。ちなみに、白いオイルボトルは、Francfrancのものです。他の調味料入れと合わせて選びました。ルクルーゼなどの大鍋はカップボードの1番下の広い引き出しに収納しています。」

その3 いろいろ入るパントリーは、かさばるものほどスッキリ隠す

nasieさん

「掃除用品や洗剤などのストック、薬や文房具、取り扱い説明書や諸々の書類などは、すべてこちらのパントリーに収納しています。用途に合わせて収納のBOXは厳選しました。ペットボトルやカンなどリサイクル品の一時置きもこちらです。かさばるものほど、見えないようにスッキリ隠すようにしています。」

オススメの収納アイテム

ITEMIKEAのスクッブシリーズ (SKUBB)
PRICE799~1799円(税込)

かさばる冬布団や毛布、ダウンなどを圧縮袋に入れてから、IKEAのスクッブに収納しています。スクッブシリーズの良いところは立てられるところ。広さのないクローゼットでも、スッキリ収納できます。子供の作品や季節物の収納など、用途に合わせて選べるサイズ展開も魅力です。

販売サイトで商品を見る

最後に、収納が苦手な方へのアドバイスをいただきました

nasieさん

「その収納場所に合った収納グッズ(BOXや仕切りなど)をフル活躍させて、スペースの使い方を工夫すると、不要なものが見えてきて、次第にスッキリ片付いていくと思います。」

ベストな定位置で、キレイな暮らしを

nasieさんの美しい収納は、使い勝手抜群の定位置づくりが秘訣でした。何をしまうか、どう使うか悩みどころの吊戸棚も、使用頻度順に棚とケースを使い分けると、とても充実した雰囲気になるんですね。さらにnasieさんは、白いアイテムを基調に収納をコーディネートすることで、清潔感のある気持ちの良い収納に仕上げていました。

人目につかない場所でも、自分は毎日見る場所。だからこそ、収納の中は自分のために気持ちよく整えてみませんか?ぜひ、ベストな定位置づくりで、暮らしをキレイにキープするnasieさんのアイデアやアドバイスを参考にしてみてください。


nasieさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連リンク