小さめのお部屋を広く見せるコツ☆6畳〜8畳の空間でできるレイアウト

小さめのお部屋を広く見せるコツ☆6畳〜8畳の空間でできるレイアウト

お部屋のサイズは大きくなくても、工夫しだいで快適な空間はいくらでもつくることができます。ワンルームから家族暮らしのリビング、子ども部屋まで。6畳ほどのお部屋を広く見せるレイアウト術を、ユーザーさんの実例から見ていきましょう。色づかいや家具の選び方にもご注目ください☆

ワンルームを最大限楽しむ

まずはコンパクトなワンルームの実例からご紹介します。ユーザーさんはどのようにして、家具や家電をワンルームにまとめているのでしょうか。そのコーディネート術は、ワンルーム以外のお部屋でも役立ちますよ☆

生活スペースをゾーニング

6.5畳のコンパクトなお部屋では、家具の配置が最も重要です。ユーザーさんは家具を両端に寄せることで、リビングスペースとベッドスペースをうまくゾーニングされています。ベッドもソファーもコンパクトなものを選ぶことで、圧迫感のないお部屋になりますよ♪

お部屋は何畳ですかー☺️? ベッドはシングルでしょうか??😚 ぜひ参考にさせていただきたいです!
izu
部屋は約6.5畳の、正方形に近い形です。 ベッドは無印の脚付きマットレスのシングルサイズです。 参考にして頂ければ光栄です✨
saya-naga

ナチュラルテイストな8畳のお部屋

優しい木のぬくもりと清潔感のあるホワイトでつくるナチュラルなお部屋は、空間をやわらかい印象に導いてくれますよ☆ホワイトを基調にして、テレビボードやテーブル、照明などの家具は明るい木目調のものをチョイスされているユーザーさん。使用するカラーをしぼることで統一感が生まれ、洗練された雰囲気になります。

プロジェクターで省スペース

プロジェクターがあればテレビボードがいらないので、8畳のワンルームを広く使うことができます。さらにユーザーさんのベッドはロフトベッドなので、ソファーやローテーブルを置いても広く感じられますね。ゆったりと充実したお家時間が過ごせそうです!

快適なリビングルームのつくり方

小さめのリビングでは、背の低い家具を選んだりテイストをそろえたりすることで、空間を広く見せることができます。家具の選び方や部屋をつなげてLDKにする方法など、リビングルームのレイアウトの際の参考になりますよ☆

ミニマルな雑貨をふんだんに飾る

ミニマルな家具に、さまざまな雑貨をディスプレイされているリビングルームです。雑貨のカラーやテイストをそろえているので、たくさん飾ってもごちゃごちゃしません。大好きなものに囲まれていると、ほっこり幸せな気持ちになれますよね♪ユーザーさんのセンスの良さが感じられます。

家具のテイストをそろえる

リビングをすっきり見せるためには、カラーコーディネートが肝心です。こちらはおそろいのように見えるテーブルとテレビボードで、5.5畳のお部屋に統一感を持たせています。カーテンやラグも同系色のカラーにすることで、まるでモデルルームのようなお手本スタイルをつくられていますよ♪

背の低い家具で広々空間

小さなお子さんがいるお部屋も、背の低い家具を選ぶことで、お部屋がごちゃつきません!ユーザーさんは6畳のリビングのメイン収納に、無印良品のスタッキングシェルフを採用されています。背の低い家具はお部屋を広く見せてくれるので、リビングづくりにはおすすめ☆

襖を外してLDKに

3DKの間取りのお家で、襖を外したというユーザーさん。空間を仕切っていた襖がなくなるだけで、今までとはまったく違う印象になります。6畳のリビングとキッチンがひと続きになることで、大きなリビングダイニングになったようです。窓の明かりもより遠くまで届くので、お部屋が明るくなりますね!

3DKの家に引っ越す予定です! 部屋をのびのびと使いたくて1LDKみたいにしたいのですが、 外したふすまはどうされていますか?
arka
寝室にふすま3枚分の幅の押し入れがあるので、そこの上段に横向きに立てかけてます^ ^ 湿気にびびって押入れは開けっぱなしにしてます🙇‍♀️
k_k

勉強や仕事がはかどるお部屋づくり

最後はユーザーさんの書斎&子ども部屋のご紹介です。コンパクトなお部屋に人数分の机を置きたいけれど、お部屋が狭く見えてしまう。なんてときにマネしてみたい実例ばかりですよ♪家具や物が多くても、すっきり見せることができる、そんなお部屋をご覧ください。

屋根裏部屋風の書斎

ユーザーさんは6畳のお部屋を、旦那さんの書斎にされていますよ☆天井まで届く本棚は、IKEAのものだそうです。コンパクトなお部屋はどこか落ち着きがあり、趣味も仕事も集中することができます。屋根裏の秘密基地のようで憧れます。

3人分の勉強机はこう置く

限られたスペースだからこそ、家具のレイアウトには試行錯誤します。こちらは6.5畳の子ども部屋に、3人分の机を配置されているユーザーさん。机を壁際に向かわせて置くことで、それぞれのスペースを区分けされています。パーソナルスペースがしっかり確保されていることで、お子さんものびのびお勉強できそうですね!

2段ベッドと勉強机がジャストフィット

子ども部屋に2段ベッドを置くと、どうしてもお部屋が窮屈になりがちですよね。ユーザーさんはベッドと勉強机をバランスよく配置することで、ゆとりのある子ども部屋をつくられています。ベッドの両端にある勉強机とベッド前の棚は、DIYされたそうです。ジャストサイズだからこそ叶う、すっきりとした子ども部屋です。

娘2人部屋完成~‼ 6畳の狭い部屋なので、ベッドはとりあえずコンパクトなものを‼ 上で寝る姉が、落ちそうで怖いって言うので、ディアウォールで転落防止柵?を作りました‼ 上から覗ける窓を作って、下はお店屋さんが好きな妹のためにカフェ風(о´∀`о) つっぱりたい所にまさかの電気‼で思った位置には置けなかったけど、まぁいっか(*´ω`*)
tom

6畳ほどのお部屋のレイアウト術をご紹介しました。コンパクトなお部屋も、工夫しだいで解放感あふれる空間へと生まれ変わります。お家の広さが近いという方は、ユーザーさんの実例からイメージがつかみやすいので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪


RoomClipには、ユーザーさんが投稿した「6畳 リビング」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連リンク