お子さんの絵の魅力をもっと引き出す♪アレンジ・リメイクアイデア

お子さんの絵の魅力をもっと引き出す♪アレンジ・リメイクアイデア

お子さんの絵は、そのときにしか出せない感性があって、驚くようなものを見せてくれたりしますよね。お部屋に飾って堪能したいですが、インテリアに馴染まないと感じることもあるかもしれません。そこで今回は、お子さんの絵にアレンジを加えて、また違った魅力を引き出すユーザーさんのアイデアをご紹介したいと思います。

飾り方をアレンジ

お子さんの作品は壁に貼ったりフレームに入れたりして、家族みんなが見える場所に飾って楽しみたいですよね。そこで貼り方や飾り方に少し手を加えて、インテリア性をアップさせてみませんか。お部屋に馴染むスタイルに仕上げれば、どんどん飾ってあげることができそうです。

作品に合わせてフレームにオリジナリティを

お子さんの絵と一体になったフレームが印象的な作品です。カラフルでキュートな恐竜の絵を、sekiさんがアレンジしたフレームに入れて飾っていました。フレームにはスパンコールを貼って、その上からミルクペイントを塗っているんだそうです。フレーム、バックの英字紙、絵のすべてがマッチしたおしゃれアートです。

100均の額に100均のスパンコール(紐でつながってるもの)をボンドで貼って、ミルクペイントで塗りました☆
seki

切り取ってつなげてガーランドに

にっこりとしたお顔が並ぶ手作りガーランド。こちらは、お子さんがクリアファイルに書いた絵を切り取って作ったyuriさんの作品です。それぞれに味のあるお顔がゆらりと並んで、ほっこりする空間になっていますね。そのまま壁に貼ってもいいですが、ガーランドにすることでインテリア性が加わります。

タイトルを付けてギャラリー風

絵のまわりを切り取って、ひとつずつにタイトルを付けて飾っているHANさん。切り取ることで形が引き立ち、絵の力をより感じられます。メッシュフレームやチェーンでゲージ風に仕上げたというフレームも、存在感があって素敵ですね。お気に入りの絵がうまれるたびに、少しずつ増えていくアートギャラリーです。

①こどものの絵のまわりを切る ②セリアの【メッシュフレーム】に  セリアの【三角吊金具6p】を1個付ける。 ③端材などに転写シール等でタイトルを付ける。(私はセリアで購入) ④タイトルの端材と短くしたチェーンをビスで付ける。 ⑤絵をプッシュピン等で壁に。被せるようにフレームも。
HAN

作品に少し手を加えてパワーアップ

絵を描くのが好きなお子さんは、日々たくさんの作品を作り出してくれますよね。その中でもお気に入りのものは、親子で総仕上げをしてみるのも楽しそうです。デジタルでデザインしたり、コラージュしたりすれば、さらにパワーアップしたアートとして飾ることができます。

絵をスキャンしてデザインをオン

アーティストの作品のようなこちらのアートは、お子さんの絵にデザインを加えて作ったものなんだそうです。3歳だったkokohanoさんの娘さんが、両手にペンを持って線対称に描いたという傑作をスキャンして仕上げていました。才能を感じるお子さんの線画をスタイリッシュに飾られていました。

これはうちのお姉ちゃんが3歳くらいかな? 両手にペンを持って 線対称に絵を描くのが好きだった頃 面白いなぁとスキャンニングして 私がデザインしたもの
kokohano

コラージュしてリメ缶に

matruko...さんは、お子さんが描いた絵に、いろいろなロゴをコラージュして、ポップな印象に仕上げていました。さらに缶に巻き付けて、リメイク缶のデザインとして活用されています。文房具入れなどの収納アイテムとして使っても喜ばれそうですね。

布や毛糸を貼り付けて

naive.coccoさんは、娘さんが小さいころに描いた絵を、お二人でコラージュしてディスプレイしていました。布や毛糸といった、紙とは異素材のアイテムを使っているのが面白いですよね。飾るだけでなく年賀状にも使うというアイデアも教えてくださいました。

作品をベースにして形を変える

最後は、お子さんの絵をベースにしたリメイクやハンドメイドアイデアをご紹介したいと思います。お子さんが描いたものを原画として、作品を作ってみませんか。刺繍やラベルのデザインにしたり、粘土で立体造形にしたりと、いろいろな形に変えることができます。作品をそのまま活かしたリメイクアイデアも必見です。

刺繍のアートに

お子さんの絵は、刺繍にして残すこともできるんです。小さい子ならではのタッチを、忠実に再現された魅力たっぷりの作品ですね。ctscandyさんのようにフレームに入れれば、味のあるアート作品になります。バッグやハンカチなど普段使うものに刺して楽しむのも素敵です。

オリジナルラベルのデザインとして

洗濯機まわりは、清潔感のある白やクリアのボトルで統一しているonsix777さん。中身が分かるように手作りしたラベルには、お子さんの絵が入っていました。シンプルなラベルに温もりが加わり、手に取るたびにほっこりしそうですね。毎日のお洗濯も笑顔で取り組めそうです。

オリジナル時計にリメイク

nejikoさんは、木材に描いた娘さんの作品を、時計にリメイクされていました。100均の時計を使って作られたんだそうです。お子さんの感性豊かな作品を、インテリア雑貨に作り替えて、日常の中に取り入れるという素敵なアイデアです。お部屋のメインアイテムとして飾りたいですね。

粘土で立体オブジェに

お子さんが描いたピューマの絵から、二つの作品を生み出されていました。一つは刺繍でタペストリに。もう一つは、粘土で立体オブジェとして再現されています。自分の絵が立体になって飾られていたら、お子さんもきっと喜んでくれますね。絵のセンスと、 k...さんの技術が融合してできたアート作品です。


パワーのあるお子さんの絵に寄り添うアレンジがポイントですね。作品がお部屋の中でいろいろな形で活躍していたら、お子さんも喜んでくれそうです。お絵描きのその先のアレンジも、お子さんと一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。


RoomClipには、ユーザーさんが投稿した「子ども 絵」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連リンク