猫も人も大満足のおうちを作る♡猫と暮らすインテリア実例

猫も人も大満足のおうちを作る♡猫と暮らすインテリア実例

猫との暮らしは、日々に癒しと温もりを与えてくれますよね。そこで、猫の居心地のよさをキープしつつ、インテリアも諦めない、そんなおうち作りに挑戦してみませんか。今回は、猫と暮らすユーザーさんの、お部屋作りのコツを見ていきたいと思います。猫がいることで、インテリアもより楽しめるようになるかもしれません。

お部屋に馴染む猫の居場所や遊び場作り

猫が人と同じ空間で過ごすために、キャットウォークやキャットタワー、または猫の居場所となるハウス作りなどを検討している方も多いかと思います。インテリア性も考慮しつつ、猫も気に入ってくれるように整えたいですよね。お部屋への馴染ませ方なども参考にコツをぜひチェックしてみてください。

ウォールディスプレイと一体化

tansukeさんは、ウォールディスプレイと一体化した、見せる猫スペースを作っていました。モノトーンのアート風なインテリアでコーディネートし、生活感を与えずに猫グッズを設置しています。IKEAの人形用ベッドやタワー型のおうちなど、アイテムチョイスにもセンスを感じますね。

家族の居場所に近いキャットタワーをDIY

家族が集うリビングのソファ横に、DIYのキャットタワーを設置しているsuemonta14さん。人と猫がさりげなく触れ合える距離感がいいですよね。棚板の位置を調整したり、ハンモック風にアレンジしたりと、好みを取り入れてアレンジできるのもいいですね。スリムなので、邪魔にならずにお部屋に溶け込みます。

キャットタワーは2x4とラブリコでDIY、奥にあるテントは100均の棒とあまり布、100均クッション5個で作りました。猫のものを作るのは楽しいです!
suemonta14

絵になる猫ハウスとキャットウォーク

おうち型猫ハウスは、DIYのオリジナル作品なんだそうです。窓や階段などが付いた本格的なデザインで、まるでオブジェのようですね。壁にも遊び心のあるキャットウォークが取り付けてあり、公園のようなワクワク感があります。ウッド系でそろえて、slow-lifeさんのお部屋のスタイルと馴染んでいるのも素敵です。

天井に吊るすキャットウォークと猫穴セット

tomokoさんのお部屋には、天井から吊り下げられたキャットウォークがありました。高い所が好きな猫のために、リノベーションで取り入れたアイデアなんだそうです。猫穴も高い場所にあって、自在に移動できる環境が整っています。材質がお部屋とマッチしているので、インテリアの一部としてアクセントにもなりますね。

困ったをスマートに解消するアイデア

猫との暮らしの中で、不便に感じることやちょっと困ったなと思うこともあるかと思います。そういった悩みを、スマートに解決するアイデアをご紹介したいと思います。ただ解決するだけでなく、見た目やデザインなどにもこだわれば、お部屋作りもグレードアップさせられそうです。

爪とぎから壁を守ってインテリアも格上げ

emmmmmi823さんのお部屋の壁は、エレガントな腰壁です。こちらは、猫の爪とぎで傷ついた壁の補修として取り入れたアイデアなんだそうです。壁を守りつつ、インテリア性もアップさせられる一石二鳥のアレンジですよね。傷ついてしまったらまた取り替えて、いろいろなパターンのスタイルを楽しむこともできます。

壁で爪とぎされてボロボロだったので腰壁風壁紙を自分で貼りました! またボロボロになっても貼りなおししやすいように、はがせるのりで貼ってます。 でもこの壁紙はそんなにボコボコしてないので、あまり爪とぎしません♪
emmmmmi823

トイレの飛び散り問題をおしゃれに解決

conmichanさんのおうちの猫トイレは、立体タイプです。合板でカバーを作り、砂の飛び散りを防止しているんだとか。トイレをそのまま置くより見た目もスマートで、お部屋にも溶け込みますね。猫が入りやすいように、3か所に入口を設けているのもポイントです。

お部屋を圧迫しない侵入防止扉

オープンタイプだったキッチンへの入り口に、DIYで扉を取り付けているmako0301さん。調理中に猫が入ってきてしまうと危ないので、それを防ぐために設置しているんだそうです。フェンスのような隙間のある扉なので、お部屋を圧迫せずに仕切ることができますね。猫も人も安心して暮らせるアイデアです。

人と猫の両方が快適に暮らせる工夫

猫との暮らしは、お互いに快適にストレスなく過ごせるのがベストですよね。そこで、無理せず過ごしやすさをアップさせるコツを実践されているユーザーさんのアイデアをご紹介したいと思います。あらかじめ環境を整えておけば、無理せず暮らしを楽しめます。

棚の配置は外が見える窓辺へ

窓が多く日差しがたっぷり入るchoriさんのおうちでは、猫にも居心地よく過ごしてもらうための工夫が取り入れられていました。窓側に棚やキャットタワーを置いて、近くの公園が眺められるようにしているんだそうです。棚をキャットタワー代わりに使えば、インテリア作りと同時に居場所を作ることができますね。

シーンに合わせて使い分けられる猫スペース

造作で設置した猫スペースがあるzenoさんのおうちです。扉が付いていて、シーンに合わせてそれぞれを開閉できるようにしているんだとか。猫が苦手なお客さまがいるときに閉じたり、お掃除のときは全開にしたりと、使い勝手が抜群です。エサや掃除道具を一緒に収納しておけるのも便利そうです。

普段は左下のようにして使い、 掃除の時は右下のように。 大勢の客がきたり、猫がダメなお客さんの時は上の写真のようにクローズ。 と使い分けます。 ゴミ箱のなかに、掃除道具、餌を収納。 エサやりは去年から時間になると自動で出るタイプにして慣らしました。
zeno

自由に出入りできるトイレ

猫トイレを人間と同じトイレ空間に設置しているshiiiさん。流せる砂を使って、掃除がすべてここで終わるように工夫しているんだそうです。トイレがまとまっていれば、お部屋の臭いなども気になりませんね。自分で出入りできる猫穴もポイントです。


猫を優先しつつ、インテリアとの調和も実現されているのが素敵でした。DIYなどで、お部屋に寄り添う形の猫設備を整えるのも、また1つの方法ですね。お互いにリラックスして暮らせるお部屋作りの参考にしていただけたら幸いです。


RoomClipには、ユーザーさんが投稿した「猫」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

最近見た商品

関連記事

RoomClipショッピングの関連リンク