21件
関連度順
1
1〜21枚を表示 / 全21枚

関連する記事

何度もリピ買い♡良デザインで暮らしがもっと楽しくなる消耗品
何度もリピ買い♡良デザインで暮らしがもっと楽しくなる消耗品
日々の生活の中、さまざまな場面で登場する消耗品。みなさんは、どんなものを選んで使っていますか?今回は、何度も使いたくなるようなデザイン性の高い消耗品をご紹介します。消耗品は使い終わったら捨ててしまうものですが、だからこそデザインにこだわれば、日々の生活がもっと楽しくなるはずです。
化粧品の収納アイデア51選!無印のボックスやIKEAのドレッサーなど
化粧品の収納アイデア51選!無印のボックスやIKEAのドレッサーなど
アイテム数が多く、ついごちゃっとなりがちな化粧品の収納スペース。大きさや形がさまざまな化粧品は、どのような方法で収納するのが良いのでしょうか?リビング・洗面所・寝室など、メイクする場所別に、RoomClipユーザーさんの収納アイデアと無印やIKEAなどのおすすめアイテムを紹介します。
骨董品をカジュアルに。古道具を暮らしに取り入れるコツをご紹介!
骨董品をカジュアルに。古道具を暮らしに取り入れるコツをご紹介!
かつては、特別なものとしてコレクションするイメージがあった骨董品。一つずつ違った表情があり、ずっと眺めていても飽きないですよね。RoomClipでは、そんな骨董品や古道具を気軽にふだん使いしている方がたくさんいらっしゃいます。古いアイテムをそばに置いて、その美しい佇まいをぜひ楽しんでみてください。
手仕事のぬくもりを感じる。さまざまな民芸品のある暮らし
手仕事のぬくもりを感じる。さまざまな民芸品のある暮らし
世界中の国や地域にある、さまざまな民芸品。長い歴史の中で受け継がれてきた技術や、その地方にある素材を生かして作られています。手仕事のぬくもりを感じることができる作品は、暮らしにあたたかみをプラスしてくれますね。今回は、そんな世界各地の民芸品を取り入れられているユーザーさんの実例をご紹介します。
忘れ物ゼロで新学期を気持ちよくスタート!学童品の収納実例
忘れ物ゼロで新学期を気持ちよくスタート!学童品の収納実例
長いお休みのあとは、どうしても忘れ物が多くなってしまいがちですよね。そこで今回は、新学期のスタートを上手に切れるような、学童品の収納アイディアをご紹介します。教科書やランドセルが使いやすく収納できれば、忘れ物もきっとなくなるはず。お片付けが苦手なお子さんでもできる、収納のヒントが満載です。
お気に入りコスメはこうして収納☆化粧品収納アイディア10選
お気に入りコスメはこうして収納☆化粧品収納アイディア10選
お気に入りの化粧品は、手に取るたび心が躍るという方も多いのではないでしょうか。今回は、そんな化粧品の収納アイディアをご紹介します。プチプラグッズを使ったアイディアから意外なものを使うアイディア、そしてDIYをしたアイディアまで幅広くお届けしますので、化粧品好きさんはぜひチェックしてみてください!
世界各地の伝統を身近に楽しむ。「民芸品」を取り入れたインテリア
世界各地の伝統を身近に楽しむ。「民芸品」を取り入れたインテリア
「民芸品」とは、各地の民衆生活の中から誕生した手製の日用品のこと。その地域にしかない独特な色使いやデザイン、手仕事ならではの温かみのある風合いは、インテリアアイテムとしても注目されています。今回は、そんな民芸品をお部屋に取り入れているRoomClipユーザーさんたちをご紹介しましょう。
コスパ抜群でどれも優秀☆ダイソーのリピート買い必須アイテム
コスパ抜群でどれも優秀☆ダイソーのリピート買い必須アイテム
使い心地が良く、ついついリピートしてしまう商品ってありませんか?品ぞろえとコスパの良さで人気のダイソーにも、お買い物上手さんに特に指名買いされているアイテムがあるようです。そこで今回は、RoomClipユーザーさんがダイソーでリピートしている商品をご紹介します。
大切に保管&いつでも見返せる☆思い出の品の収納アイデア
大切に保管&いつでも見返せる☆思い出の品の収納アイデア
お子さんの作品や家族の写真、旅行のお土産などといった、思い出の品は大切に保管しておきたいですよね。ただ、しまいこんでしまうのではなく、いつでも見返せるような工夫があったらいいなと思いませんか?RoomClipユーザーのみなさんは思い出の品をどのように収納されているのか、実例をご紹介します。
消耗品はIKEAで買うのが吉♡プチプラで良ビジュアルな雑貨
消耗品はIKEAで買うのが吉♡プチプラで良ビジュアルな雑貨
毎日の生活で一定期間使った後は捨ててしまう、消耗品。いくら捨てるからといっても、ビジュアルの良いものを使いたいですよね。今回は、良ビジュアルな雑貨がプチプラで手に入ると話題の、IKEAの消耗品をご紹介します。消耗品としてではなく、ディスプレイアイテムとして長く使いたくなるアイテムは、必見ですよ。