「お鍋だってインテリア☆収納を増やして楽しむカフェキッチン」憧れのキッチン vol.7 cavaさん

「お鍋だってインテリア☆収納を増やして楽しむカフェキッチン」憧れのキッチン vol.7 cavaさん

RoomClipユーザーの素敵なキッチンを紹介する「憧れのキッチン」連載。

今回は、優しく柔らかい色合いと質感がホッとする♡ナチュラルインテリが印象的なcavaさんのキッチンをご紹介します。

ナチュラルでほっこりなインテリアが好きです。 少しずつですが家族みんなが居心地のいい空間を作っていけるようにしています。 ハンドメイドも好きで、時々販売もしています。

ゲストに対応♡可愛く使いやすいキッチン

ポップなディスプレイが目を惹く、楽しい雰囲気を感じるcavaさんのキッチン。キッチンカウンターの使い方や壁紙なども工夫され、カフェ風に仕上げられています。では、どのようなこだわりがあるのでしょうか、聞いてみましょう。

cavaさん

「人を招くことが多く、自宅で時々パン教室をしていますのでキッチンを見てもらう機会が多いです。可愛くて使いやすいナチュラルキッチンを目指してます。」

ご自宅で、パン教室を開かれることもあるというcavaさん。とても素敵ですね♪ゲストの目が届くキッチンには、配慮する所も多そうです。具体的に、どのような特徴があるのでしょうか。早速見ていきましょう!

キーワード1 お鍋を見せる収納

cavaさん

「収納スペースが少ないため、ディアウォールで壁面収納を作りお気に入りの鍋を陳列させました。」

キーワード2 ベニア板で板壁風

cavaさん

「背面の吊り戸棚を以前は黒板にしてたのですが、ナチュラル感と黒の割合を減らすためにベニア板で板壁風に貼ってみました。 そしてペンキなどで風合いを出してみました。」

キーワード3 壁紙を変えてカフェ風に

cavaさん

「もともと白い壁だった所を、壁紙屋本舗さんのカフェっぽい壁紙を貼りました。 コンロ前は油汚れもするため、安価で可愛いキャンドゥさんの板壁風の壁紙を貼ってます。」

ナチュラルカフェ風をイメージに壁紙等をセレクトし、テイストを統一。見せる収納で、されにカフェな雰囲気を演出されています。そんな見せる収納に、活躍しているのがディアウォール。cavaさんには、使うと嬉しい3つのポイントについて教えていただきましたよ!ディアウォール使用を迷っている方、メリットについてぜひ参考にしてみてください。

ディアウォールで収納を増やすと嬉しいポイント3つ

その1 お鍋を使わない時は見せる収納となる

cavaさん

「重たいお鍋が多くそして収納も少なく、悩んだ結果ディアウォールで新たな棚を付けて、見せる収納にすることにしました。」

その2 フライパンなどが吊るせる

cavaさん

「お鍋はディアウォールに置き、フライパンはコンロ側にかけてすぐに取り出せるようにしました。」

その3 お鍋以外も置ける

cavaさん

「使わない時はディスプレイになるので、お鍋だけじゃなくてカゴや籐ポットなどを置いてメリハリを付けました。」

最後にキッチンをもっと素敵にするためのアドバイスをいただきました

cavaさん

「まずは少しずつ変えていく事です。 調味料棚を手作りしてみたり、一部分壁紙を貼ってみたり、1つが変わる事により少しずつ自分らしいキッチンに変わっていくと思います。
私は素敵なキッチンを見つけたら、まずダイニングテーブルに座って自分のキッチンを眺めて考えます。そうする事で客観的に見る事ができます。」

まとめ: 見せる収納でキッチンがもっと楽しく使いやすくなる!

カフェ風キッチンの「見せる収納」の影響力の大きさを実感しました。今や、お鍋やフライパンもデザイン性が優れていてインテリアの一つとしての魅力を発揮します。その佇まいや色さえも素敵に空間を演出するんですね。ディアウォールで収納力を高めることで嬉しいことも沢山ついてきます。壁紙など周囲の雰囲気つくりは一貫したイメージが必要。迷った時には、客観的にキッチンを眺め、さらに自分らしいキッチンを目指していきたいですね♪


cavaさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ