賃貸でも取り付け簡単♪カーテンボックスDIY by cenchanさん

賃貸でも取り付け簡単♪カーテンボックスDIY by cenchanさん

丁寧なDIY家具で、インテリア作りを楽しんでいるcenchanさん。今回は、カーテンボックスDIYをご紹介いただきます♪温かい木目が印象的なカーテンボックスで、いつものカーテン風景が優しく、そしてシャープな印象に変わります。賃貸でもOKの簡単なDIYになっていますよ!

教えてくれた人

湘南暮らしのインテリア好きです^^
流木や古材、グリーンが好きで、家具も作っています!
インスタグラムもよかったら覗いてください♫

早速作ってみましょう♪

用意するもの

用意するもの
  • カーテンレール部品 シングルブラケット 5個
  • レッドシダー 1x4材 6ft 2本
  • ビス 4本程

STEP1

まずは、木材をカーテンレールの長さに応じてカットします。
今回は180cmのレールに対して183cm程の材料なので、カットはなしです。

STEP2

STEP2

ブラケットを木材に取り付けます。
本来は壁に付ける穴を利用して、ボックスの裏側になる部分に付けます。
上端に寄せると、完成時にカーテンボックスらしくなります。

STEP3

STEP3

上にモノを乗せれると可愛い&便利なので、前の手順で作った物に、棚になる部分の木材を上に乗せるような感じで、ビスを使って取り付けます。
ポイントは棚になる方の木材を、少しだけ先端を出して付けると見栄えがよくなります。

STEP4

STEP4

お好みで色を塗ります。今回は、ワトコオイルのドリフトウッド色を使いました。

STEP5

STEP5

いよいよ取り付けです。
ブラケットのレールに挟む部分のビスを緩め、レールへ乗せ、左右の位置を調整します。
後はブラケットとカーテンレールを止める時と同じ要領で、レールを挟みビスを締めて固定します。

STEP6

STEP6

しっかり取り付いているか確認し、完成です。

オシャレさと快適さを叶えるDIY♪

グリーン&流木ディスプレイも素敵にキマり、部屋のポイントになっているカーテンレール♪周りの家具と同じ木の風合いも心地よく、統一感ある部屋づくりにつながっていますね。カーテンボックスは、カーテンの隙間をふさぐため、カーテンの遮光性が高まり、部屋の冷暖房効率も上がるうれしいアイテム!オシャレ×快適を実現するDIY、挑戦してみませんか?

ワンポイントアドバイス

  • レールの形に合ったブラケットを選ぶ。
  • ある程度重みのあるモノを乗せたい場合は、ダブルブラケットに。
  • レールのブラケットの位置と、ボックスに付けるブラケットの位置はずらす。

cenchanさんはご紹介した他にも、RoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ