気分もスッキリ!片付けたくなる部屋のポイントをご紹介

気分もスッキリ!片付けたくなる部屋のポイントをご紹介

きれいに整頓されたお部屋にいると、気分もスッキリしますよね。でも、片付けやすいお部屋作りって意外と難しい。ここでは、片付けたくなるお部屋作りのポイントをいくつか簡単にご紹介いたします。片付けが苦手な方も簡単に始められるので参考にしてみてくださいね。

同じ大きさ、種類でまとめるのがポイント

最初のポイントは「同じ大きさ、種類でまとめる」ことです。例えば、お客様が来ても見られる機会が少ない、キッチンの食器棚は意外と乱雑になりがち。もらい物やついオシャレで買いすぎてしまうこともある食器やカトラリー類はアイテム別に分けて収納するとキレイに見えますよ。

カトラリーは大きさでもわける

引き出しの中でバラバラになってしまうことのあるカトラリー。引き出しに合うケースや、仕切りを置いて、アイテムごとにわけるとスッキリします。フォークやスプーンでも大小があるので、大小でもわけるのがオススメです。使わない物は思い切って断捨離してしまうのも良いかもしれませんね。

キティちゃんのスプーン捨てました|д)ノ⌒ 実は今まで、ココ撮る時は裏返してました(´_ゝ`)クッククク
nao
我が家、お客さん滅多に来ないのにお客さん用が多くて(´-`) 断捨離でスッキリ見習いますο(´・ω・`o)
erixon

ケースの色をそろえると統一感がでる

無印良品などの収納ボックスを使うだけでも統一感と清潔感ができて美しいですよね。1か所に乱雑に入っていると使いたい物を取り出しにくい等もありますが、キレイに並べられていると片付けやすく、取り出しやすいですよね。

美しや我が家のカトラリー群
REFRESHERS

同じ食器は色別でわける

同じ食器でも色違いや素材の違うアイテムは、色や素材別に更にこまかくわけることで食器棚の中がスッキリまとまります。色でわかれていればしまう時にもわかりやすいですね。

パッと見てわかりやすく

しまう時にどこにしまったら良いかわからなくなっては本末転倒です。写真のように引き出しを開いてパッと見てわかりやすくなっているのが片付けやすいポイントのひとつでもあります。

ボックスの活用でコンパクトかつスタイリッシュに

次のポイントはボックスを活用することです。家電の取り扱い説明書や、書類やアルバムなどの紙類を収納するのに便利なファイルボックス。衣類や小物はスクエアボックスなど、100均や無印良品など簡単に手に入る物ばかりです。ボックスにいれるだけでもスリムに収納できるので片付けもしやすくなりますよ。

ファイルボックスは片付けの必需品

本や家電の保証書や取り扱い説明書など、なにかと増えていく紙の書類。いらない物はすぐに処分してしまうのはもちろんですが、捨てられない場合はファイルボックスを使うのが便利です。ファイルごとや本の種類でボックスをわけると見やすいのでオススメですよ。白で統一されているので美しいですね。

クローゼットの中には大き目のボックスを

クローゼットの中で役立つのが大き目のボックス。掃除用具のストックや洗濯物などを入れておくのに便利です。そのまま乱雑に置くよりスタイリッシュでオシャレですよね。

中身を書くとなお分かりやすい

ボックスに何が入っているのか、ラベルや手書きで書いておくのもポイントです。片付ける時も同じ場所にしまうことができますよ。最初の手間はかかってしまいますが、何が入っているか書いてあれば、ご家族に「アレどこだっけ?」と聞かれて手を止める回数も減るかもしれません。

オモチャは見やすく片付けやすく

お子様がいらっしゃる方は、散らかったオモチャに溜め息が出ることが多いですよね。赤ちゃんのうちは難しいですが、ある程度コミュニケーションが取れるようになったら、片付けやすい環境を作るのがポイントになります。「おかたづけ育」という言葉があるんですよ。

トロファスト風でオシャレに収納

IKEAで人気を集めている、オシャレで収納力も抜群のトロファスト。IKEAで購入しなくても身近にある100均グッズで作ることもできるんですよ。ダイソーで人気商品の収納ボックスを使えば安価でオシャレなオモチャ箱のできあがりです。お子様の片付けへの意欲をかきたてる第一歩にしたいですね。

2色使いでスッキリ爽やか

ホワイト1色でも統一感があってオシャレですが、2色で交互に入れるのも素敵ですよね。子供のオモチャは原色でカラフルな物が多いので収納ボックスを淡い色にするとインテリアとしてもケンカにならないのでオススメです。

おもちゃを収納してみました!すっきり片付いて子供達も遊びやすくなったみたい(⁎˃ᴗ˂⁎)
chon28.

楽しく片付けができる

ボックスの中身を記した写真やラベルが貼ってあります。どこに片付けたら良いか、お子様にもわかりやすくなるのでオススメです。クイズのように「これはどこにしまうのでしょうか?」とやるとお子様も楽しく片付けができますよね。

母が片付けやすい収納からお子達が片付けやすい収納の仕方に変えてみました。これで楽しくおかたづけできる様になるといぃな♡
mamemaru

いかがでしたか?お金をかけずに、簡単にできることもたくさんありますよね。片付けが苦手な方もお子様に散らかされてついイライラしてしまうお母さまも、参考にしてみてくださいね。


RoomClipには、インテリア上級者の「片付け」のオシャレなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ