いつもの部屋を北欧テイストに変える10のコツ

いつもの部屋を北欧テイストに変える10のコツ

陽光が差して自然をふんだんに取り込んだ広い空間、温もりある木製家具、きれいな色の小物や家具が並ぶ北欧テイストなお部屋。あこがれますね。実は、いつものお部屋を手軽に北欧テイストに変えられるコツがありました!コツを1つでも取り入れれば、あなたのお部屋も北欧テイストにぐっと近づきます。

白を基調に差し色を取り入れる

北欧テイストを最も手軽に引き出すコツは、白を基調としたインテリアに、パステルカラーや明るい色を差し色に取り入れることです!テキスタイル類や家具、家電の一部など、インテリア全体を眺めたときの一部だけに、差し色を使ってみましょう。

1)カーテンやラグのカラーを差し色にする

白い壁に白いソファ、森林の多い北欧らしい木製家具が並ぶお部屋。白い丸みを帯びたテーブル下に、差し色となる赤いラグが敷かれ、窓際には、カラフルで大きな縦ストライプ柄のブラインドカーテンが取り付けられています。カーテンとお揃いの生地のクッションも白いソファにさりげなく置かれ、差し色がよく映えていますね。

2)クッションのカラーを変える

白いインテリアを基調とするお部屋に木製の家具があり、ソファ上に差し色となるクッションが置かれています。クッションやカーテンなどテキスタイル類なら種類が豊富にあるし、家具の買い替えと違って、気軽に日常に取り入れられそうですね。

3)ファブリックパネルを飾る

白い空間にタモの無垢材を使ったカウンターテーブルがあり、テーブル前の壁にマリメッコ・メトサンヴァキのファブリックパネルが立てかけてあります。グリーンの明るい差し色をした北欧テイストが、インテリアの中できれいに映えています。

4)テーブルクロスを工夫する

マリメッコ・ウニッコの中でも特に大きな花模様のクロスが、テーブルに掛けられています。白に囲まれたインテリアの中で、テーブルクロスの色と模様がよく映えて、空間を引き締めてくれています。ウォールシェルフに置かれた小物や壁に掛けられたトレイハンガーなどからも、北欧テイストがたっぷり感じられますね。

ヴィンテージのテーブルクロス* ブラウンのウニッコがつぼです。
im_chii

自然のグリーンを取り入れる

北欧は森林に囲まれているから、北欧ではインテリアでも「樹木」を連想させる小枝や木の葉のグリーンを巧みに取り入れています。やさしい色合いのインテリアにグリーンがあると、それだけで差し色になって空間を引き締めてくれます。

5)部屋にグリーンを取り入れる

高い天井のリビング白壁に、マリメッコ・ケサントの大きなファブリックパネルが掛けられていて、グリーンがとても爽やかです。その近くには観葉植物も置かれ、落ち着いたウッドカラーインテリアの中で、グリーンが清々しいです。

6)観葉植物とラグをグリーンにする

吹き抜けの明るい空間に、上に向かって高く伸びようとする観葉植物フィカス・ウンベラータが置かれています。そのグリーンと、広いフローリング上に置かれたグリーンのラグが、モノクロのお部屋で差し色にもなっていて、インテリアに巧みに自然の要素が取り込まれています。

7)局所的にグリーンを取り入れる

陽光の下に輝く森林のグリーンが、大きな窓を通じて視界に入ってきます。室内ではテーブルに置かれた透明グリーンのイッタラkiviのキャンドルホルダー、チェアに置かれた緑のシートクッションが、空間を引き締めています。ルイスポールセンのシャッターズマルチカラーの照明も、かわいく差し色になっていますね。

木製家具や北欧アイテムを取り入れる

北欧らしさが現れているものはいろいろありますが、木の素材感を大切にした温もりある木製家具や木工品は代表的です。ナチュラルでシンプルなスカンジナビアンデザインのアイテムを取り入れるのも良いですね。

8)カッティングボードを見せるように置く

カッティングボードやバターナイフなどキッチン関連の木工アイテムも、北欧では種類が豊富。温もりある洗練されたデザインで、北欧テイストを醸し出しています。カッティングボードは見える位置に置いてみましょう。棚に飾られたリサラーソンのライオン親子が、ほのぼのしますね。

9)ウォールシェルフに北欧アイテムを並べる

ウォールシェルフにかわいい北欧アイテムが並べられています。優しい色合いのファブリックパネルを掛け、シェルフにはイッタラのマリボウルやキャンドルホルダー、リサラーソンのネコがちょこんと乗っていて、シンプルながら飾り付けに温もりが感じられます。

無印良品の壁につけられる家具。ディスプレイを秋仕様にしてみました❀.(*´◡`*)❀.
yuus

10)シンプルでモダンな家具を置く

木製家具のカラーを統一し、インテリアに北欧アイテムをたくさん取り入れています。脚太がかっこよい、シンプルでモダンなダイニングテーブル。後方には同系色の収納チェストを、壁にはファブリックパネルを配し、北欧らしさが出ています。ルイスポールセンの照明も北欧テイスト化に大貢献していますね。


お部屋を北欧テイストにするには、(1)白ベースのインテリアに差し色を入れる (2)グリーンを置く (3)木工製品や北欧アイテムを置く、の3点が最大のポイント。ぜひ北欧テイストのお部屋作りの参考にしてみてください♪


RoomClipには、インテリア上級者の「北欧テイスト」のオシャレなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ