お庭を自然に華やかに!risaさんの簡単ウッドフェンスデコテクニック

お庭を自然に華やかに!risaさんの簡単ウッドフェンスデコテクニック

DIYを取り入れながら、ご家族みんなが過ごしやすい庭づくりを実現されているrisaさん。今回は、そんなrisaさん流が息づくウッドフェンスデコをご紹介します。ウッドフェンス自体は、耐久性を考え外構屋さん施工とのこと。でも高さや、隙間の間隔、材質など細部には、もちろんrisaさんのこだわりが詰まっています。

教えてくれた人

夫婦2人、犬2匹と戸建てに暮らしています。 人も犬も快適な庭づくりを日々楽しんでいます。

早速作ってみましょう♪

用意するもの

  • ハンギングバスケット(壁掛け用)
  • ガーデンプレート
  • アイビー

STEP1

STEP1

まずは、ハンギングバスケットにアイビーを植えます。ウッドフェンスに掛けて、その下にガーデンプレートを設置してください。
(私はプレートとフェンスを針金で固定しています)

STEP2

STEP2

プレートを囲うように、大きさに合わせてアイビーで輪を作ります。

STEP3

STEP3

あとはプレートに、アイビーをかけるだけです。

STEP4

STEP4

完成品左手の小さな鳥カゴの植物は、季節や気分に合わせて変えたりしながら、庭づくりを楽しんでいます。

STEP5

STEP5

先程のアイビーは玄関前になりますが、こちらは庭のウッドフェンスです。 ちなみに、ブリキのアルファベットは屋外用の強力両面テープで貼り付けているだけ……。
我が家の庭づくりは基本的にはすべて、特別な施工はしていません。後から模様替えがしやすいように、やり直しがきく方法で作っています。

STEP6

STEP6

愛犬用に庭の入口のフェンスにはドッグプレートを飾っています。

バランス配置で、見せるデコテクニック!

お庭のフェンスが無機質だと、なんとなくもの寂しくなりがち。でも、risaさんはバランスよく植物やアイコンを配置して、好印象な庭空間を作られていました。特別なことはしなくても、あるものや好きなものをアレンジする工夫も素敵です。

もっとお庭や玄関を自分らしくしたい!と思っている方は、今回教えていただいたrisaさんの、無理と無駄のないバランスデコテクニックを参考にしてみてください。


risaさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ