必要なものは手の届くところに。眺めても楽しい実用的収納術 by mocoさん

必要なものは手の届くところに。眺めても楽しい実用的収納術 by mocoさん

RoomClipユーザーの収納に関するtipsを紹介する「収納のコツ」連載。

今回は白をベースに、洗練されたアンティークススタイルインテリアを作り上げているmocoさんに収納のコツをお伺いしました。

今回教えてくれたユーザーさん♪

古物とDIYで格好可愛いお部屋を目指して日々奮闘中。

実用性であることを一番に

フックを活用したり、並べて見せたり……雰囲気抜群の古道具を活用しながらインテリアの一部として「モノは飾るように収納している」、そんな印象を受けるmocoさんお宅の収納。普段、収納にはどのようなこだわりをお持ちなのでしょうか。

mocoさん

「一番のこだわりは実用的である事。 出しやすく、片付けやすく、見やすく、そしておシャンティに。。をテーマに収納DIYをしています。」

なるほど!mocoさん宅のショップのようなオシャレな収納、実は実用性を一番に考慮されていた、ということですね。今回、mocoさんに教えていただくのは「実用的な見せる&隠す収納3つのコツ」についてです。見た目と使い勝手の良さを兼ね備えた収納術、早速見ていきましょう。

実用的な見せる&隠す収納3つのコツ

その1 見せる収納こそ楽ちんに

mocoさん

「毎日使う物は見える場所に置いても邪魔にならないものです。 だからこそ手の届く場所に収納しています。」

その2 隠す収納はしまい込まない

mocoさん

「普段使わない物は隠すのであってしまい込まないのが大事です。 割り箸、ストロー、お客様カトラリーなどは手の届く場所だけど見えない収納にしています。」

その3 カラーを統一させる

mocoさん

「カラーがバラバラですと ごちゃ感が増してしまうもの。色を統一してスッキリ見せるのも収納のコツだと思います。」

オススメの収納アイテム

ITEM野田琺瑯 ラウンドストッカー
PRICE5,600円

シンプルな形が一番のお気に入り。 内蓋もあり、お米10キロが入ります。 ホーローなので匂いもつかなく安心して保存出来るのが良いです。

最後に、収納が苦手な方へのアドバイスをいただきました

mocoさん

断捨離こそが収納のコツだと私は思います。 使うものだけを残す勇気が必要です。 1年間使わない物は必要ない物。 遠慮なく断捨離するべきだと思います。

しまい込むのはNG!手の届く所に“隠す”が正解。

「手に届く距離に置く。」実用性を重視した収納術、とても参考になりました。しまい込んでは取り出しにくい!見た目が良くても、使いにくくてはキレイを保つことはできませんよね。また、mocoさんは、こだわりの雑貨や食器などをしまい込まずに、インテリアの一つとしてディスプレイ収納もされています。手の届く所に飾りながらも使う、最高のループです。使いやすい収納、見直し工夫していきたいですね。


mocoさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ