家事がしやすい家づくり<お料理編>

家事がしやすい家づくり<お料理編>

お料理は毎日の家事で一番のウエイトを占めるものです。ここでは、毎日のお料理が少しでもしやすくなるための、工夫やアイデアをご紹介します。毎日のことだからこそ、工夫して得られる効果は大きいですよ!あなたのキッチンにもお料理しやすい工夫取り入れてみませんか?

キッチンでの動線を短くする

料理中はいちどに複数の作業が発生します。ひとつずつをこなすのに、いちいちあっちへ行ったりこっちへ行ったりしなければならないようでは、手間も時間もかかってしまいます。キッチンの中での動線を短くすることで、料理のやりやすさは大きく違ってきますよ。

コンロ周りに置くモノ

コンロ周りには、火にかけ調理する道具(鍋・フライパン)をメインに、加熱調理時に使う小物(おたまやフライ返しなど)を中心にしまっておくようにします。ただしまっておくだけではなく、取り出すときの手や体の動きを考えて、取っ手の向きや上下左右を配置すると、より取り出しやすくなります。

欲しいものにすぐ手が届く(*≧∀≦*)ほんとに、シャレオツ&実用的なキッチンだよね~(*´∀`)❤
.aya.
いかに動かないで料理出来るか。。ばかり考えてる(笑)
moco

シンク周りに置くモノ

シンク周りには、洗ったり切ったりするために必要なモノを中心に配置します。まな板や包丁、ザル、ボウルなどがこれに当てはまりますね。反対に、シンク下に置いてはいけないのが、湿気に弱いもの。シンク下収納は湿気がたまりやすいので、食品類は好ましくありません。

調理家電の配置を見直す

炊飯器や電子レンジ、トースターなどの小型の調理家電、一度置いたらそこが当たり前の定位置になっている方も多いのではないでしょうか?コンセントなどの関係で動かせない場合もあるでしょうが、もし使いにくさを感じていて、動かすことができるのならば、思い切って配置換えしてみましょう。

レシピ本はキッチンにあるとラク

レシピ本は本ですが、使う場所はキッチンですよね。なので、本棚にしまうのではなく、キッチンにしまう方が格段に使いやすさはアップします。調理しながらでもすぐに取り出せる場所に入れておけば、ちょっと見たいなというときでも、すぐに手に取ることができるので、まったくわずらわしさはありません。

料理中のアクションを減らす

料理の作業中に動作とともに減らしたいのはアクション。ひとつのことをするために、いくつもの工程を経なければならないのは大変です。この工程をひとつでも少なくすることができれば、料理の効率もアップしますよ。

調理小物はすぐ使えるように

お玉やフライ返しなどの調理小物は、必要な時に、調理の手を止めることなく、手に取ることができれば、事前に用意する手間も省け、作業効率も良いですよね。手を伸ばせば届くかける収納にしたり、立ったままで手が届く範囲の場所に、片手で取り出せる状態でしまっておくと、この効率は実現できますよ。

調味料は用途に応じた場所へ

キッチンの中にはさまざまな調味料がありますよね。調味料だからと、すべてをひとまとめにして置いておく必要はありません。冷蔵庫に保管しなければいけないもの以外は、よりたくさん利用する場所の近くに分散して置いておくようにしましょう。

ごちゃごちゃしてますが(^_^;)手前はズラーっと液体調味料や油。
whitecube

ストックはまとめて保管

乾物やインスタントを含む、食品のストック類は一ヶ所にまとめて保管しておくことをおススメします。まとめておくことで、その場所さえ見れば、今何があるのか、何が必要なのかの把握がしやすく、どこに入れたかわからなくなるということもありません。買い忘れやダブり買いも減らすことができますよ。

後片付けも手早く終わらせるように

食事をしたあとは、早くゆっくりしたいですよね。少しでも手早く終わらせるためには、食事の後にしなければいけないことを、少しでも減らしておけばいいのです。上手な仕掛け作りで手間を残さない工夫をしていきましょう。

水切りカゴを上手に利用

食後の後片付けを減らすには、調理中にいかに片付けておくかが大切です。気付いた時に、少しずつ洗い物を済ませておけば、食後の負担は格段に減ります。この写真のようなたためる水切りがあれば、乾かすところを増やしたいときでもすぐに増やせて便利ですよ。

ついでができる仕掛けを作る

キッチンをきれいに保つには、日々のお掃除が欠かせません。でも、食後の片付けのあとに掃除まできっちりしようと思うと結構な手間。それなら、何かのついでや、汚れを見つけた時にすぐ掃除できるように、汚れやすい場所の近くにちょい拭き用のウエスなどを置いておきましょう。ついでにできれば負担も大幅ダウンですよ。

掃除道具はまとめておく

ついでのための道具はばらして置いておきますが、しっかり掃除用の掃除道具はまとめて置いておきましょう。台所特有の漂白剤やクレンザーなどもすべてまとめて、ストックも一緒に保管しておけば、食品と同じで在庫管理までまとめてできて便利ですよ。


いかがでしたか?置く場所や置き方によって、家事のしやすさは格段に変わるものです。自分の使い方や癖なども考えて、より自分が使いやすく収めるようにしてみてくださいね。家事のしやすさに直結しますよ。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「家事」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ