「照明・アートで魅せる本格カフェカウンターキッチン」憧れのキッチン vol.96 watanabeさん

「照明・アートで魅せる本格カフェカウンターキッチン」憧れのキッチン vol.96 watanabeさん

RoomClipユーザーの素敵なキッチンを紹介する「憧れのキッチン」連載。

今回は、ナチュラル×アイアンの組み合わせで、あたたかさとかっこよさの共存するお部屋にお住いのwatanabeさんのキッチンをご紹介します。

ナチュラルベースの家に夫婦2人+子供3人でひっそりと暮らしています。

お店のような空間を目指して

落ち着いたバーのような雰囲気が印象的なwatanabeさんのキッチン。本格的なカウンターとチェア、照明のバランスと見せる収納。シンプルでありながら深い味わいを感じる空間になっています。どのような点にこだわって、キッチン空間を作られたのでしょうか。まずは、キッチン全体のこだわりについてお聞きしました。

watanabeさん

「我が家のキッチンのテーマは『店舗』! カフェ感を出すためにキッチンとダイニングの位置はあえて距離をとっています。 また、メインとなるカウンターキッチンや吊棚は照明で目立たせるように。 そして、お店に欠かせないのは音楽!天井吊りスピーカーで流すとさらにお店の雰囲気が高まります。 思い描いていたキッチンを作ってくれた工務店の方々には感謝です。」

家の中心で楽しむカウンターキッチン

堂々と家の中心に位置するキッチン。自慢のカウンターキッチンが家のメインとなり、お店のような空間を目指すwatanabeさんの雰囲気作りへのこだわりが伝わってきます。キッチンとリビングが近く、ダイニングは距離をとってレイアウト。珍しい配置ですが、家族の様子がよくわかり、声も届く距離で安心。すべては、「カフェ」というテーマへの追求が、間取りと家具レイアウトの理由につながっているのですね。それでは、さらにキッチンの特徴を3つのキーワードで見ていきましょう。本格カフェキッチンを作り上げるヒントが隠されているはずです。

キーワード1 キッチンは目立つように照明計画!

watanabeさん

「元々間取りを決めた時からキッチンに日光は期待できませんでした。 どうせ暗いなら照明を楽しもう……!と、天井はあえて暗めの壁紙にし、複数のスポットライトでキッチンをステージのように照らしました。 日の光も良いですがスポットライトの下で料理するのもカッコいい感じですよ。」

キーワード2 よく見ると主張しているタイル

watanabeさん

「タイルは白が基調なので広い面積をタイルにしてもゴチャゴチャせずうるさくありません。 主張しすぎないようなタイルと目地色ですが、照明が当たるとタイルの凹凸の影が綺麗に出てきます。 それを近くで見ると『おっ、いいね』と思わずニヤけてしまいます。」

キーワード3 海外風にポスターやキャンバスアートをキッチンに!

watanabeさん

「海外のキッチンをイメージしてアートを飾りたい!という希望で少し大きめのキャンバスアートを置いたりポスターを飾りました。 とにかく我が家は色々とキッチン器具を置いてしまいがち。 なので、アートが場所をとってくれてるおかげで他の物が置きづらく、ゴチャゴチャせずにすんでいます。」

キッチンをもっと素敵にするためのアドバイスがあれば教えてください

watanabeさん

「キッチンはどうしてもゴチャゴチャしがち。なので複数のテーマを持つキッチンは他人には分かりづらいものです。これだ!という自分なりのテーマを決めたら、後は引き算で余分なものを取り除けば自分らしさが際立つと思いますよ。」

まとめ: テーマへの追求が、本格カフェ空間を作りだす!

「カフェ」というテーマのもと、一切の妥協をせずにお店のような空間になるよう様々な工夫をされていたwatanabeさん。メインとなるカウンターとチェア、落ち着いた空間を演出する照明テクニック、ディテールに凝ったタイルや雰囲気作りを助けるアート。さらには、リビングとダイニングの配置。すべての要素が、理想のテーマを実現するためのパーツとなっていましたね。”暮らしの場”でお店にような空間を作りのは難しいもの。今回教わった、watanabeさんのディテールのこだわりや引き算の美を参考にしながら、家にお店のような洗練さを取り入れてみませんか?


watanabeさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ