「ライフスタイルにフィットした、温もりが溢れる場所」憧れのキッチン vol.99 ponponさん

「ライフスタイルにフィットした、温もりが溢れる場所」憧れのキッチン vol.99 ponponさん

RoomClipユーザーの素敵なキッチンを紹介する「憧れのキッチン」連載。

今回は、ナチュラルで素朴な質感コーディネートで暮らしを心地よくメイクされている、ponponさんのキッチンをご紹介します。包み込むような『温もり』の正体を見つけてみてください。

RoomClipを始めて3年経ちました。田舎で静かに暮らす、一児の母です。散らかりがちな我が家を、いかに楽して、綺麗でお洒落な空間にできるかをテーマに、日々考えながら生活しております。

こだわりが映える、温かみのある空間

ponponさん宅は、ナチュラルな木の温もりや素材そのものの素朴な存在感で、丁寧にコーディネートされた空間です。キッチンにも、木の優しい質感が溢れていて、穏やかな雰囲気に満ちているのが印象的。まずは、キッチンづくりにおける、ponponさんなりのこだわりやテーマを教えてください。

ponponさん

「ナチュラルで温かみのあるキッチンがテーマです。一番のこだわりはカップボードで、何度も何度もキッチンで作業する自分の動きを想像しながら、サイズはもちろん、木目までこだわってオーダーしました。」

正面はウッドデッキ。開放感のあるキッチン

間取りを見てみると、ponponさん宅のキッチンの心地よさの理由が見えてきます。オープンなペニンシュラタイプのキッチンというだけでも、開放感はありますが、最大の魅力は、ダイニングとキッチンの正面にウッドデッキがあることではないでしょうか?外に大きく開けていることで、ナチュラルなインテリアの雰囲気も一層際立っています。ここからは、そんな開放感あふれるキッチンの魅力を最大限に生かす、ponponさん流のキッチンづくりの秘訣に迫っていきましょう。さりげなく生活感をオフして、キッチンをもっとすっきり使いたい……なんてお考え中の方も必見です。

キーワード1 お気に入りがぴったり収まる、オーダーメイドのカップボード

ponponさん

「大好きな無印良品のゴミ箱や籐のかごを、ぴったり収納できるカップボードをオーダーしました。また、その上に置く家電は、できるだけシンプルな物を選ぶようにもしています。」

キーワード2 手元を隠してくれる、絶妙な高さのカウンター

ponponさん

「料理中は物が散らかりやすいので、カウンターから手元が見えにくいように、30㎝の高さの目隠しを付けてもらいました。手元を優しく照らしてくれる、裸電球もお気に入りです。」

キーワード3 生活感をナチュラルにオフする『籠』

ponponさん

「野菜や、子どものお食事グッズなど、毎日使う物だけど生活感が出てしまうものは、ナチュラルな籠にしまうようにしています。」

キッチンをもっと素敵にするためのアドバイスがあれば教えてください

ponponさん

「私もまだまだ、『こうしたい』『ああしたい』が止まりません……笑。 でも、どんな空間で家事をしたいか、何年後にはこんな風にしていきたいなど、将来を想像しながらつくっていくと、自分好みのキッチンになっていくと思います。」

まとめ: ライフスタイルに合わせる『こだわり』が快適なキッチンをつくる

程よく手元を隠してくれるカウンターやお気に入りを気持ちよく嵌め込めるカップボード……なるほど、使い手のライフスタイルにキッチン全体がフィットしているから、自然体を存分に楽しめる空間になっているんですね。そんな自然体から生まれる雰囲気も、心地よい温もりにつながっているのではないでしょうか?

オーダーメイドや設計上の工夫はすぐに真似ることは難しいですが、生活感を『籠』を使って無理なくオフするテクニックなどは取り入れやすそうです。しまい込むには使用頻度が高すぎるけど、出しっぱなしも……なんて生活感アイテムがあるなら、さっそく試してみてください。


ponponさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ