「使い勝手の良い見せる収納◎爽やかクールな北欧スタイル」憧れのキッチン vol.110 sofaisanaさん

「使い勝手の良い見せる収納◎爽やかクールな北欧スタイル」憧れのキッチン vol.110 sofaisanaさん

RoomClipユーザーの素敵なキッチンを紹介する「憧れのキッチン」連載。

今回は、シンプルな北欧スタイルインテリアにお住いのsofaisanaさんのキッチンをご紹介します。

リノベーションしたマンションで夫と2人暮らし。整理・収納が苦手な自分にとって、どうすればシンプルに暮らせるかを考え、日々少しずつ北欧インテリアを目指しています。

苦手な家事を少しでも楽しくできるように

総タイルのキッチンカウンターが印象的なキッチン。北欧テイストのあたたかさの中に、sofaisanaさんの個性とセンスを感じる空間です。そんなsofaisanaさんにまずは、キッチン空間作りで工夫された点やこだわりについてお聞きしました。

sofaisanaさん

「「見せる収納」があまり得意ではないので、リノベ時に収納の容量を最大限に取って、とにかく中に収納。よく使うお気に入りの食器や道具を動線に合わせて配置して、苦手な家事を少しでも楽しくできるように考えています。 アクセントクロスのグリーンと家電などの黒、ステンレス+サブウェイタイルの組み合わせが、「可愛くなりすぎない」「男前になりすぎない」自分の好きなテイストになったかな、と思っています。」

リビングダイニングにつながるセミオープンキッチン

広いリビングの奥に位置する、小さなお部屋のようにセパレートされたキッチン。LDと適度なつながりと独立性を持ち、生活感を上手にカバーしながら家族との会話も楽しめる絶妙な空間使いができるのが魅力ですね。それでは次に、sofaisanaさんのキッチンに見えてきた特徴について3つのキーワードで見ていきましょう。

キーワード1 「見せる収納」ではなく、「中に収納」でスッキリとしたキッチン

sofaisanaさん

「リノベ時にスッキリしたキッチンにしたくて、背面の収納棚の容量を最大限多く取ってもらいました。掃除が苦手なこと、見せる収納が得意ではないこともあり、食器や細々したキッチン道具は極力棚の中に収納。よく使う道具・お気に入りの北欧食器などを使い勝手がいいように配置しています。」

キーワード2 可愛くなりすぎないよう、黒を差し色に

sofaisanaさん

「アクセントウォールが爽やかめなグリーンなので、家電やキッチンツールに黒を持ってくることで、キリっと締まった雰囲気になるようにしています。 家電やよく使う物は見せる収納になるので、見えていても大丈夫だと思えるデザインの物を選んでいます。」

キーワード3 リノベで手に入れた、可愛すぎないちょっとだけ男前なキッチン

sofaisanaさん

「カウンターを、少しでこぼことした味のあるサブウェイタイルでかこみ、目地を黒にしたことで少しだけ男前な雰囲気に。可愛すぎるのも男前すぎるのも好みではないので、今のバランスが自分にとってベストかな、と思っています。」

キッチンをもっと素敵にするためのアドバイスがあれば教えてください

sofaisanaさん

「家の中で最も、「自分の性格に合っているか」が大切な場所がキッチンなのかな、と思います。好きな食器をディスプレイしたい!でも、掃除は苦手…、ラべリングしたはいいけど詰め替えは面倒…とか。憧れのスタイルがあっても、それが自分に合っているかはまた別の話。「こうしたい!」を少しずつ実践して、自分に合うスタイルを見つけていくと、自分の理想に近づいていくと思います。」

まとめ: 性格に合う収納づくりで使い勝手UP!

爽やかなアクセントウォールに黒の差し色を取り入れた、甘辛バランスが心地いい北欧スタイルのキッチン空間。sofaisanaさん流『見せる収納の取り入れ方』はぜひ参考にしていきたコツでしたね。「お気に入りのデザイン食器などは、よく使うものに絞って動線上に置く」そうすることで、使い勝手もよく自然とこまめな掃除につながります。もちろん、空間作りのアクセントにもなりますよね。皆さんもsofaisanaさんのように性格に合った無理のないキッチン作りをしてみませんか?


sofaisanaさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ