洗面台のこまごま収納に!無印良品のPPケース&ボックス

洗面台のこまごま収納に!無印良品のPPケース&ボックス

無印良品のポリプロピレン収納用品は、実用性とシンプルさで人気です。洗面台のように、多くの種類のものを保管したい場所にも最適です。特に、ボックスや浅型ケースタイプが仕分けに便利。今回は、洗面台収納を快適に使っているRoomClipユーザーさんをご紹介したいと思います。用途に合わせた組み合わせ方法は、必見です。

日用品や小物には、PPボックス

洗面台は、スキンケアやヘアケア商品など、置いておきたい小物がたくさんありますよね。形もサイズもさまざまなので、収納には頭を悩ませます。そこで、鏡裏や引き出し収納に、PPボックスを合わせて使うと扱いやすくなります。大きさが選べて、すっきり整いますよ。

化粧品は、メイクボックスで立てて保存

普段使いの化粧品は、仕切りの付いたPPメイクボックスが使えます。ペンタイプやチューブタイプは立てて収納できるので、取り出しやすく、最後まで使いきれますね。お化粧するときは、手元まで持ってこられるのでスムーズです。

ヘア小物スペースに

Yutsukiさんは、鏡裏の収納にヘア小物などを置いて、ドレッサーとしても使える工夫をしています。そのまま置いておくと行方不明になってしまうヘアゴムも、仕切りをしたPP整理ボックスに入れて一目で分かる収納に。つっぱり棒にヘアクリップを留めるアイディアもマネしたいですね。

細かく仕分けて、使いやすい

洗面台の鏡裏の収納は、収納力こそありますが、使いこなすのが難しいですよね。そこでchirotanさんは、さまざまなサイズのPP整理ボックスを使って、かさばる小物をまとめています。分類ごと入っているので、そのまま取り出せるのも便利。扉を開いたときに雪崩がおきる心配もありません。

洗面台下収納を有効に使うには、組み合わせ方に工夫を

ストックやタオルなど、かさばるものを収納するのに便利な洗面台の下。ぽいぽい置いてしまうと、奥の方は取り出しにくく、何があるか把握できなくなることもありますよね。ここでは、引き出しタイプのPPケース浅型やPPラックなどを使って、省スペースなのに大容量をかなえる方法をご紹介します。

洗濯カゴを置くスペースまでゲットできる

引き出し式のPPケースが、ジャストサイズに入っています。浅型と深型をうまく使って、細かいものもしっかり収まっていますね。高さを十分に活かした収納ができるので、空いたスペースには洗濯カゴを置くこともできます。全体的に余裕が生まれて、快適な洗面スペースが作れます。

汚くてあんまり開けたくなかった洗面台下を整理しました。 シンプルに片付いてスッキリです♪
pannal

入れるものによって、形を選ぶ

洗剤などのストックは立てて、小物は引き出しにと、使い勝手を重視して収納用品を選んで使われています。持ち物に合わせてサイズが選べるのもうれしいポイントです。kikujiroさんは、プリンター用紙を入れて目隠しをしているそうです。カラフルな柄が見えず、清潔感がアップします。

大量に余っているA3プリンター用紙で無印良品ポリプロピレンケースの目隠しをしました! 1つだけホワイトグレーだったファイルボックスは、他の場所から半透明タイプを持ってきて統一しました☆
kikujiro

ラックタイプはタオル収納に

こちらの洗面台下は、オープンタイプです。使い方は自在ですが、テクニックが必要ですね。kajiさんは、シンプルにPPケースの引き出しとラック型を並べて、すっきりと見せています。タオルを白で統一しているので清潔感があり、見せる収納にも馴染みます。カゴを添えて、温もりもプラスされています。

無印のポリプロピレンラックを使ってタオル類を収納しました。引き出しにはインナー類を。タオルは白で統一しています
kaji

ケースを使えば、家族の着替えコーナーにも

洗面所にパジャマやインナーなどの着替えを常備できると、便利ですよね。でも家族分となると、結構な場所を取ってしまいます。yattarmanさんは、洗面台下にPPケースの引き出しタイプを設置して、ここをお着替えコーナーにされています。イラスト付きのラベルを付ければ、子どもでも一人でお着替えができますね。

洗面所下。配管の手前に引き出しを設置したらスマートな収納になりました。お風呂上りに着るものをメインに収納してます。 ラベルはキャンドゥ。こどものものはカタカナで書いてます。
yattarman

洗面台まわりにも、用途は広がります

洗面台に収納が少なかったり使いにくい場合は、洗面台まわりにも目を向けてみると良いですね。隙間や既存の家具とPP収納商品をうまくかけ合わせて、見た目もスマートな収納方法を見付けてください。

洗面台横のすきまにぴったり

隙間にはPPストッカーを使って、収納場所を確保。18センチほどの隙間があれば収まるので、洗面台と洗濯機の間にでもぴったりです。高い場所に収納してしまうと取り出しが大変ですが、ここなら誰でも簡単に使いこなせます。シンプルでシックなデザインのラベルが付いて、高級感も増しています。

見せる収納ケース

モデルルームのような、整った棚を維持されているmariさん。見せる収納の見本のようです。アイテムの選び方もお上手ですよね。見られたくないものは、PPケースに入れてスマートに。このケースは、インテリアになる収納として、選んだそうです。

洗面所の収納棚。 ここにはタオルやグリーン、 柔軟剤などを収納しています。 見せても可愛いものは、 柔軟剤でもオイルでもそのまま置いて、 見せたくないものだけ、 ケースやBOXに入れているけれど、 それもインテリアとして見られるように。 ここの収納棚は、見せる派
mari

スタッキングして、シンデレラフィット

木とタイルで、ナチュラルな上品さのある洗面台です。こちらは、作り付けの棚にPPケースがぴったりだったそう。スタッキングして、大容量の収納ができるスペースになっています。ケースはサイズが多く展開されているので、家にある家具としっくり合うものが、見つかるかもしれませんね。


半透明のすっきり感は、何個並んでいても窮屈さを感じさせませんね。PP収納をパズルのように組み合わせることで、空間が無駄なく使えます。洗面台収納に迷ったら、ぜひ参考にしてみてください。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「無印良品 ポリプロピレン」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ