凛とした心地良さにうっとり♡ホテルライクな玄関の作り方

凛とした心地良さにうっとり♡ホテルライクな玄関の作り方

お客さまをお迎えする玄関は、家の顔ですよね。どんな印象かによって、家の中のイメージも変わってきたりします。今回は、気品があるのにくつろげる、ホテルライクな玄関をご紹介したいと思います。RoomClipユーザーさんの実例を参考に、家族やお友達をもてなす玄関を、作ってみてはいかがでしょうか。

洗練されたディスプレイ

玄関を飾るオブジェや植物も、ホテル仕様に変えてみませんか。高級感と洗練さと大胆さをポイントに、飾りすぎない装飾を目指しましょう。玄関をぐっと引きしめてくれること間違いなしの、ユーザーさんの実例をご紹介します。

白い空間にモノトーンのオブジェを

ツヤのあるまっ白な玄関は、高級感あふれる佇まいです。アクセントとして色を加えたくなりますが、to2113toさんはあえて白が多めのモノトーンでニッチを飾っています。さらに透明も加わることによって、シックなだけでなく気品漂う空間に。お花にモノトーンを選ぶというのも上級テクニックですね。

リゾート風の大きなグリーンでお出迎え

大きなプランターに入れられた全長1メートルを超えるグリーンを、エントランスに対で置かれているyukikoさん。その堂々たる存在感は見事です。まるでアジアンリゾートに足を運んだかのようですね。凹凸のあるタイルやライトアップも、温かい海風を感じるようなリゾート感を演出しています。

品良く生け花にして飾る

趣ある大きな壺に、豪華な生け花が生けられた玄関。和モダンスタイルのホテルのような、立派な出で立ちです。一輪挿しやドライなどを飾るのも可愛らしいですが、生け花があると凛とした空気になり洗練さを際立たせます。個性的な障子のデザインも、特別感があってしなやかです。

シャンデリアでゴージャスに

アンティーク調のデザインが随所に散りばめられ、柔らかさがプラスされたエレガントな玄関です。すっきりと整えられているので、甘くなりすぎずバランスが良いですね。その中で一段と目を引くのが豪華なシャンデリア。日常とは違うゴージャスな気分に浸ることができそうです。

ホテルライクな演出

広さは違えど、家でもホテルのような非日常を演出することができます。光をうまく使ったり、外と中のつながりを持たせるなど、ホテル並みの美しいエントランスを作る技も。ソファを置いて、ゆとりの空間でおもてなしをするのも素敵です。

間接照明を取り入れる

玉砂利や石の灯篭など、外の要素を組み込んだ開放的な玄関です。夜はあちこちから間接照明が照らされ、幻想的な空間になりますね。特にねじれた形のスタンドライトは、明るい光で影の模様を作り、日常を忘れてしまいそうな安らぎを与えてくれます。

玄関ドアを開けたら…㌧㌧(。´・ω・)ノ゙ 階段横のライン証明と♪ 間接照明でお出迎え♡ 「ただいまぁ〜ヾ(o´▽`o)ノ 」 って1人でも言ってる(*´ω`*)ゞ ホッとする空間です(⑅˘̤ ᵕ˘̤)*♡*
yukiko

ソファを置いてラウンジのようなゆとりを

甘辛ミックスのゴージャスな玄関は、広い空間を利用してソファが置かれています。まるでホテルのラウンジのようですね。背もたれが高く包み込むようなソファなので、ゆったりとした時間を過ごせそうです。自分自身をもワンランクアップさせてくれるような演出です。

中と外に一体感を持たせる

外とつながりを持たせた奥行のある玄関です。床と壁は外と中で同じものを使い、区切りを感じさせない作りになっているそうです。特に壁は、彩りのキレイなモザイクタイルを使用し、ホテルのエントランスさながらの気品があります。ドアにはガラス面があるため、閉めていても外との一体感を感じられる工夫も。

玄関ホールは外と中の一体感を出すために、床のタイルと壁を同じにしてます。ドアの両サイドにはガラスが入っているので、ドアを閉めていても繋がりが見えます♡
Ryo

広さを出した余裕の玄関

靴の音がコツコツと響く広くてツヤのあるエントランスは、憧れですよね。ホテルのような広さがなくても、工夫しだいで視覚的に広々と見せることができます。玄関を開けた瞬間に非日常を感じられる、特別な空間を作りましょう。

白で広さを強調する

広さと清潔感を与えてくれる白が印象的な玄関です。まっ白に覆われて、広々とした玄関がさらに広く感じられます。艶やかな床も、ホテルのような高級感を感じさせますね。また、玄関を開けた正面に大きな窓があるのもポイントです。閉鎖感がなく、外からの光を贅沢に取り入れることができますよ。

大建工業さんのダイハートアートのホワイトオニキスを床材に使っています。一階は寝室以外全てこの床。傷に強く、5年経つ我が家ですが今でもピカピカ。高級感もあってお気に入りです^_^
ma-

生活感の出るものはロールカーテンで目隠し

余計なものが一切ない、シンプルで美しい玄関ですね。生活感がなく、非日常にいるような感覚になります。実は奥のグレーのロールカーテンの中がシューズクロークになっているのだそう。見せる部分と隠す部分をしっかり線引きすることで、生活しやすいホテルライクを作り出すことができます。

シンプルなインテリアと開放感

空間を贅沢に使ったエントランスですね。物を置きすぎないことで、広さが際立ちます。長い棚の上にも置き物は1つという、余白の持たせ方が上品です。丁寧に手入れされた床も存在感がありますね。窓からは光が差し込み、外の木々の緑まで味方につけた、絵になる空間です。


ため息の出るような、凛と整った玄関ばかりでした。中に入っただけで、外での疲れも一気に癒されそうです。空間の使い方と少しのゴージャスをプラスして、いつもとは少し違うスペース使いに挑戦してみてくださいね。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「ホテルライク 玄関」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ