ちょっと渋めに決めてみる♪カッコいいジャンクコーナー

ちょっと渋めに決めてみる♪カッコいいジャンクコーナー

ちょっと昔のなつかしさを感じる家具や備品、雑貨を取り入れたジャンクスタイル。うまく取り入れれば、カッコよくて古いものの持つあたたかみを感じるコーナーを作ることができます。ごちゃごちゃし過ぎず、統一感のあるカッコいいジャンクの取り入れ方を、ユーザーさんから学んでみましょう。

存在感ある家電を主役にしてみよう

ジャンクなコーナーの主役に、ちょっと前までどこかの家庭で使われていたような家電を選んでみましょう。レトロ感のある時計やラジオ、ミシンなどは、なつかしさとあたたかみのあるコーナー作りに役立ちます。好きなデザインのアイテムを見つけたら、ぜひ、主役として目立つ場所に飾りたいですね。

目覚まし時計とポットを飾って

ユーザーさん宅では、玄関のディスプレイに、レトロ感のある目覚まし時計やポットを飾られています。目覚まし時計は、結婚したときの思い出の時計だそうです。錆のでた古いポットにドライフラワーがよく似合っています。渋い色合いでまとめて、落ち着いた雰囲気です。

古いポットを花瓶に。目覚まし時計は結婚した時に買ったもの。錆も出てきていい感じです♪
kao

洋書に古い時計がよく似合う

洋書コレクションを並べた棚に、古い時計を飾ったコーナーは、知識と時間が閉じ込められたような、豊かで静かな空気が感じられます。時計と本は相性抜群ですね。いろいろな色の本を並べた棚に、存在感のあるどっしりした時計を一つ置くことで、引き締まった統一感が生まれているようです。

古いラジオにグリーンの色調を合わせて

こちらのユーザーさんは、古いラジオを集められているそうです。リビングに置かれているラジオは、現役で活躍中とのこと。お気に入りのラジオを主役にしたコーナーは、落ち着いた色のグリーンを合わせて、くつろいだムードです。小さな亀がほほえましいですね。

古いラジオ集めてます。 ちゃんと現役で活躍中!iPhoneと繋いで音楽も聴けちゃう優等生♩お気に入りです!
Ai

ミシンとタイプライターは黒でまとめて

ユーザーさんのお気に入りを集めたコーナーには、古いミシンやタイプライターが目を惹きます。用途の違う道具を並べても、黒を中心にして統一感を持たせると、落ち着きとカッコよさが出るのですね。まわりのメモや写真、パネルなどの小物使いも凝っています。

業務用の什器や備品を活用してみよう

古くてカッコいいアイテムと言えば、昔の工場で使われていたような什器や備品などがあります。プリンターズトレイや、引き出しなどは、家具として取り入れやすく、ただ飾るだけでなく、実用的なインテリアとして使えます。ユーザーさんの例を見てみましょう。

プリンターズトレイは実用的に使える

古いものが好きだというユーザーさんは、DIYも取り入れて、実用とディスプレイを両立されています。ミシンや手芸に関わる小物でまとめて、あたたかみのある雰囲気に。存在感あるプリンターズトレイの裏には、実は配線などが隠れているそうです。飾りながら、隠したいものはうまく隠すアイデアがいいですね。

プリンターズトレイで電話配線や無線LANなどを隠しています♬ 布を掛けただけのインターホンを上手く隠したいなぁ( •́ㅿ•̀ )
keitan

インダストリアルな引き出しは収納にも便利

古い事務所に置いてあったような5段の引き出しは、大き目サイズで収納としても頼りになりそうです。錆びた鉄脚のテーブルの上に置いて、手紙を書いたり、読書をしたりと自分の時間をゆったり楽しめそうなスペースです。あまり飾り立てず、すっきりさせておくのがカッコいいですね。

デスクライトでカッコよく照らす

ジャンクが好きな方は、古いものや壊れたものをリメイク、活用したDIYが得意な方が多いです。こちらは、ユーザーさんの作業場だそう。材料の収納もインテリアになって、手作りの楽しさが伝わってくるようです。黒いデスクライトは高さもあり、全体のバランスを取って、空間をカッコよく引き締めてくれているようです。

プラントハンガー作りの作業場所です☺︎木箱や瓶を使って麻紐やウッドビーズを収納しとりまする。
aki

ブラックを効かせて渋く決めてみよう

ブリキの錆びた雑貨はジャンクスタイルに欠かせませんが、分量が多すぎたりすると、見る方によってはちょっと受け入れがたく思ってしまうかもしれません。ジャンクをすっきりおしゃれに見せるためには、ブラックを取り入れてみましょう。きりっとした雰囲気が加わり、渋くてカッコよいコーナーになります。

動物フィギュアでほっこり

ユーザーさんは、DIY棚に重厚感ある二眼レフカメラを飾り、黒いバーにメガネやキーをつり下げて、きりっとカッコいいコーナーを作られています。エアープランツや小さな動物フィギュアをプラスすることで、カッコよさの中にも、ふわっとなごんだ空気が加わっているよう。バランスの取れたディスプレイですね。

ウォールデコが印象的な玄関

ユーザーさん宅では、玄関に曲線が美しいウォールデコを設置されています。足元には木の実を置いたり、フェイクグリーンをからませるなど、カッコよさと優しさがバランスよく取り入れられています。もう少し錆びさせたいそうですが、自分好みに調節していけるのもジャンクスタイルの楽しみですね。

ショップで購入したウォールデコをダイソーのフェイクグリーンをからませて玄関にディスプレイしてみたけど、もう少し錆させたいな。。。
tukitoame

自分で作るのも楽しい

ジャンクスタイルが好きなユーザーさんは、DIYやリメイクが上手な方も多いです。サボテンが入った渋くてカッコいい黒いトランクは、木箱を利用したDIYなのだそうです。古びた風合いの出し方も本格的!フタの裏の赤も、派手過ぎないいい色合い。サボテンを元気よく見せてくれています。


ピリッと黒を効かせたり、色数を絞って渋めに統一すると、ジャンクなディスプレイもごちゃごちゃせず、すっきりまとめやすそうですね。ユーザーさんの例を参考に、お気に入りの古いものを使ったディスプレイを楽しみたいです。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「ジャンクスタイル」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ