「35m2。清潔感と落ちつきのシンプル大人スタイル」 by annさん

「35m2。清潔感と落ちつきのシンプル大人スタイル」 by annさん

本連載ではRoomClipユーザーさんが暮らすワンルーム・1Kをご紹介。真似できるリアルな工夫やとっておきのスタイルを探っていきます。

今回は、濃い目の木の家具とグレーなどの落ち着いた色味で統一された、シンプルインテリアにお住いのannさんのお部屋です。

今回教えてくれたユーザーさん♪

プロフィール

数年ぶりに4月からひとり暮らしを再開しました。 ホッと落ち着ける部屋を目指して、マイペースに部屋作りを楽しんでいます。

お住まい

  • お住まいの地域: 大分県
  • お部屋の種別: ワンルーム(部屋とキッチンに仕切りがない。玄関あけたらすべてがオープン)
  • 居住面積: 35m2
  • 家賃: 38,000円
  • この家に住む人: 自分
  • ご職業: 住宅メーカーの事務
  • 趣味: 雑貨屋巡り・読書

いまのお部屋に決めた理由はなんですか?

annさん

「家賃と部屋の広さ、東側と南側に窓があり日当たりが抜群だった点です。 また住宅地の中にあり静かだということも決め手のひとつです。」

お部屋のこだわりを教えてください

annさん

「目指したのはとにかく居心地のいい部屋です。 部屋全体を落ち着いた色味で揃え、ゆったりくつろげる空間にしました。 また床にはできるだけ物を置かず、大きめの家具は脚付きのものにして掃除がしやすい環境にしました。」

気づいたらいつも居る場所はどこですか?

annさん

「ソファーです。テレビを観たり、読書したり、とにかくゴロゴロしてます。 居心地がいいので気付いたら寝ていることが多いです。」

ホッと落ち着ける居心地のいい部屋作り【ここがポイント!僕&私の工夫】

①部屋全体を落ち着いた色味で統一する

annさん

「部屋のフローリングの色に合わせて木目の家具はダーク色、その他は白・グレーで統一しまた。それだけだと少し寂しいので、アクセントに好きな色を一色入れようと思いカーテンをピンクにしました。」

②洗面スペースは白で統一する

annさん

「洗面室は清潔感を意識して白を選びました。 また狭いスペースなので白で統一することで少しでも広く感じるようにしました。」

③トイレには爽やかさをプラスする

annさん

「トイレには窓が無く暗いイメージだったので、籐の籠やフェイクグリーンを取り入れて癒しの空間にしました。」

④棚で生活スペースを分ける

annさん

「ワンルームで全てがオープンな空間なので、ベッドとソファの間に棚を置き、間仕切りの代わりにしてベッドスペースと生活スペースを分けました。 オープン棚なので、ベッドのすぐ横にあっても窮屈さを感じることがなくて気に入っています。 また、ベッドの横に仕切りがあることで、安心感も生まれ居心地のいい空間になりました。」

最近買ったナイスなアイテムを教えてください

ITEMFrancfrancのクッションカバー
PRICE2,500円

肌触りの気持ち良さと絶妙なグレーのグラデーションがとても気に入ってます。

販売サイトで商品を見る

今後インテリアで挑戦してみたいことがあれば教えてください

annさん

「今の部屋に住み始めて半年経ちますが、まだ模様替えを1度もしていないので、近々ガラッと模様替えをしてみたいです!」

お話をお伺いして

annさんのお部屋のレイアウトは、ベッドを奥の窓と平行に置き、横に棚を置いています。そうすることで、ソファとTVのある生活スペースとがゆるやかに分けられ、それぞれの時間を落ち着いて過ごすことができます。間仕切り代わりにもなる棚は、抜け感のあるモノを選ぶことで、ワンルームでも奥まで視線が伸び、圧迫感が少なく心地よく過ごすことができますね。そして、落ち着いた色味でそろえられたシンプルスタイルが特徴的。濃い木製家具が空間を引き締め、清潔感と落ち着きを感じる大人スタイルとなっています。また、ピンクのカーテンやトイレにはグリーンを取り入れるなど、お部屋のポイント作りのテクニックも参考にしたいところ。印象的なポイントを取り入れることで、自分らしくメリハリのある部屋作りにつながります。皆さんも、シンプル大人スタイルにおける、空間の使い方とポイントの取り入れ方、ぜひ参考にしてみませんか?


annさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ