「21m2。カラーバランス、季節感で大人可愛さを楽しむ部屋」 by bonvoyageさん

「21m2。カラーバランス、季節感で大人可愛さを楽しむ部屋」 by bonvoyageさん

本連載ではRoomClipユーザーさんが暮らすワンルーム・1Kをご紹介。真似できるリアルな工夫やとっておきのスタイルを探っていきます。

今回は、淡く柔らかな色合いでコーディネートされた北欧スタイルインテリアにお住いのbonvoyageさんのお部屋です。お部屋を広く見せるよう気を付けているポイント、カラーコーディネート術にも注目です。

今回教えてくれたユーザーさん♪

プロフィール

一人暮らしを始めて半年弱。 好きなものをたくさん揃えて、狭いお部屋ですが快適に過ごしています。 季節・旬のものを取り入れるのが好きです。

お住まい

  • お住まいの地域: 大阪市内
  • お部屋の種別: 1K(キッチンと居室がドア等で仕切られている)
  • 居住面積: 21m2
  • 家賃: 内緒円
  • この家に住む人: 本人のみ
  • ご職業: 会社員
  • 趣味: 旅行、グルメ、雑貨屋とカフェ巡り

いまのお部屋に決めた理由はなんですか?

bonvoyageさん

「都会へのアクセスも良く、駅近なのに落ち着いた環境であることが気に入りました。 また、狭い部屋ながら天井が高めで圧迫感がなく、築浅で設備も綺麗なこと、2口コンロがあることも決め手になりました。」

お部屋のこだわりを教えてください

bonvoyageさん

「狭めのお部屋なので、あまり物を置きすぎず、広く見えるよう気をつけています。 そのため、家具もなるべくコンパクトなものを選びました。 収納が少ないので、棚などを作って使いやすくしています。 また、カラーを絞り、全体的に統一感が出るようにすることや、季節感を出すことを心掛けています。」

気づいたらいつも居る場所はどこですか?

bonvoyageさん

「ソファの上です。ごはんや読書、TV鑑賞など、部屋にいる時は基本的にソファに座っています。 クッションがたくさんあるので、肘掛け部分に置いて仮眠を取ることもあります。 特にファーを敷いてからは、ますます気持ち良く過ごせるようになりました。」

スッキリ過ごしやすい、大人の可愛さがあるお部屋【ここがポイント!僕&私の工夫】

①ベースとポイントカラーを決め、家具をコーディネート

bonvoyageさん

「床の色が好きじゃなかったのでフロアクッションを敷き、それに合わせてベースカラーを白とグレーに決めました。 差し色もブルーとイエローと決め、それに合わせて家具や小物を選んだのでスッキリ見えると思います。 また、家具を壁に寄せて動線を確保しているのもポイントです。」

②DIY棚&お気に入りプレートで気分UP

bonvoyageさん

「洗濯機置場の棚が足りなかったので、突っ張り棒とカゴで増やしました。 可愛いプレートを飾ったので、お洗濯の度に少し楽しくなります。」

③調味料スペースをDIYし、スッキリ使いやすく

bonvoyageさん

「キッチンは、調味料置場がなかったので、ラブリコと2×4材で棚を作りました。 調味料入れも統一したのでスッキリ見やすく、使いやすいです。 また、掃除しやすさ重視でキッチンマットは置いていません。」

④季節を楽しむ

bonvoyageさん

「1Kなので大胆な模様替は難しいですが、小物で変化をつけて季節を楽しむようにしています。」

⑤一目惚れのポスターを飾る

bonvoyageさん

「お部屋にアクセントが欲しくて、RoomClipでみかけて一目惚れしたダーリンクレメンタインのポスターを飾りました。 お客様からも、部屋の雰囲気に合っているとよく褒めていただいています。」

最近買ったナイスなアイテムを教えてください

ITEMポールハンガー plane/LIFE MARCHE
PRICE7,344円(税込)

ナチュラルな木製×ホワイトで北欧っぽいところが気に入っています。 コートや鞄・ストールなどを掛けるのはもちろんですが、何も掛けていなくてもサマになるのが嬉しいです。

販売サイトで商品を見る

今後インテリアで挑戦してみたいことがあれば教えてください

bonvoyageさん

「グリーンをもっと取り入れたインテリアにしていきたいと思っています。 北向きの開口部のお部屋なので、育てられそうな種類をうまく選んでいきたいです。」

お話をお伺いして

bonvoyageさんのお部屋のレイアウトは、お部屋の奥にソファとTVのくつろぎスペースを作り、ベッドはソファの隣に配置。ヘッドボードが程よい仕切りとなっているので、くつろぎ&生活スペースと睡眠スペースがゆるく区切られ、それぞれの時間を落ち着いて過ごせる良さがありますね。お部屋コーディネートのポイントは、カラーバランス。ベースカラーを決め、差し色をプラス。ぶれない色選びで、淡く落ち着いた雰囲気の部屋を実現。家具はコンパクトな物を選択することで、部屋を広く演出されています。また、DIYで好みの棚を作り実用性をUPさせながら、季節感を取り入れる余裕ある暮らしも楽しむbonvoyageさんのお部屋作り、皆さんも参考にしてみませんか?


bonvoyageさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿していらっしゃいます。ぜひご覧下さい!

関連記事

RoomClipの関連タグ