参考にしたい!水回り以外でタイル使いが上手な部屋作り

参考にしたい!水回り以外でタイル使いが上手な部屋作り

耐水性に優れたタイルは、キッチンやバスルームといった水回りに使われるイメージがありますよね。最近では、調湿力やにおい吸着力の高い機能性に優れたタイルも登場したりと、海外でもインテリアのアクセントとしてタイルは人気です。今回は、水回り以外の場所でもタイルを効果的にあしらった実例をご紹介しましょう。

リビングの壁面にあしらうホテルライクなタイル使い

インテリアにタイルを使うと、高級感のあるホテルライクな雰囲気を演出することができます。リビングなら、視線が集まるテレビの背面の壁がおすすめ。アクセントウォールとしてもおしゃれな印象をももたらします。均一的なデザインよりも、壁に陰影を作ってくれる凹凸やザラツキがある質感のタイルが人気です。

モノトーンに合わせて白いタイルをチョイス

こちらは、monotone.mさんのモノトーンでまとめられたモダンなリビング。テレビを掛けている壁に、白い石面タイルを貼っています。ザラツキのある質感と凸凹のあるタイルを選んで、高級感のあるアクセントウォールが仕上がりました。天井からのダウンライトがタイルの壁に美しい陰影を作り出します。

機能性の高い「エコカラット」のタイル壁

naoさんがリビングのアクセントウォールに選んだのは「LIXIL」の「エコカラット」。日本古来の土壁をヒントに開発された凹凸のあるタイルは、湿気とにおい、空気中に含まれる有害物質の吸着効果があるそうです。ナチュラルなフローリングと木製家具に、グレーのタイル壁でモダンさがプラスされたリビングですね。

大きめのニッチにタイルをプラス

こちらは、壁面が大きなニッチのように設計されているcomoさんのリビング。造作のテレビボードが置かれた、おしゃれなテレビコーナーです。テレビ背面のタイルは、エコカラット。「グラナスヴィスト」のホワイトだそう。ベージュ系の優しいグラデーションがリビングに温かみをもたらしてくれます。

存在感のあるタイルは壁の一部に

s.marimoccoさんのリビングの壁の一部には、モザイクタイルがあしらわれています。存在感のあるモザイクタイルは、少しの量でもお部屋のアクセントになるというお手本ですね。床や建具、レザーのチェアとも色味がマッチした深みのあるブルーが美しいグラデーションタイルです。

ダイニングにもタイルをあしらう

続いてご紹介するのは、ダイニングでのタイル使い。海外のホテルやレストランなどではよく使われていますが、一般住宅においてタイルのダイニングルームはあまり一般的ではありません。インテリア上級者さんのアイデアを見ると、タイルがもたらす美しさと優雅さがよくわかります。

大きめタイルで演出するクリーンダイニング

大きめのタイルをダイニングの壁に使用しているのはtina315mhさん。モダンなテーブルとの組み合わせは、海外の美しいダイニングのよう。タイルの目地とテーブルの天板の白色がリンクさせることで、清潔感のあるスペースにぴったりですね。リビング側の壁にも同じタイルを使えば統一感を演出できます。

壁の腰高までをグリーンのタイルで彩って

1616roomさんは、ダイニングとスタディルームの間にある壁を腰高までタイルで彩っています。木枠の室内窓がナチュラルなアクセントになっていたり、腰壁上部のペイント壁に棚板シェルフを取り付けてディスプレイスペースとしても活用されています。グリーンの濃淡が光の反射で目にも鮮やかなスペースですね。

サーフ派カリフォルニアスタイル

カリフォルニアスタイルのインテリアを追求しているrimonaさんは、ダイニングの壁に白いタイルをチョイス。ホワイト、ブルー、ブラウンをベースにした西海岸風サーフスタイルがラフでナチュラルな印象です。格子窓とキッチンカウンターに貼られたブルー系のモザイクタイルが、さらに「ロンハーマン」風の雰囲気を演出。

キッチンカウンターにタイルをあしらう

Yumiさんのダイニングスペースには、隣接しているキッチンカウンターの下側にごつごつした質感が魅力的なモザイクタイルを取り入れています。ダイニングに壁がない場合でも、こうした工夫でタイルを取り入れることができますね。ウォールナットの落ち着いた色味と相まって、エレガントな高級感がある空間に。

いろんな場所で使えるタイル

インテリアにタイルを取り入れるアイデアとして、リビングとダイニングでの使い方をご紹介してきました。最後は、家の中のさまざまな場所に使われたタイルを見てみましょう。インテリア上級者さんにはモザイクタイルが人気のようです。どのスペースも、タイルによっておしゃれに変身!水回り以外にもタイルがなじみますね。

ニッチの背面をモザイクタイルで飾る

1つ目のアイデアは、ニッチの壁面にタイルを使用する方法。こちらはayaさんのリビングにある大きめニッチ。モザイクタイルでアクセントウォールを作っています。ブルーやブラウンのタイルが上品な印象です。ayaさんは玄関にもタイル壁のニッチがあり、リビングには「エコカラット」を使っているそうですよ。

階段にもモザイクタイルを

2つ目のアイデアは、階段にタイルを使う方法です。すべての蹴りこみにタイルを使う方法もありますが、hotanekohouseさんは、階段の蹴りこみ1段にだけモザイクタイルを使っています。殺風景になりがちな階段もパッと目をひくスペースになりますね。

階段の壁に高級感のあるタイルを

3つ目のアイデアは、吹き抜け階段の壁を高級感あふれるタイル壁にする方法。tonchiさんは鉄骨階段にワントーンのモザイクタイルを合わせてモダンでミニマムな仕上がりに。凸凹のある「名古屋モザイク」のタイルは、照明や日光を反射させてできる微妙な陰影が魅力的ですね。

名古屋モザイクさんのスティックストーンですかね? 階段とも本当によくあってて理想です
r_k
調べてみましたが、多分それだと思います。デコボコ素材の目地のいらないタイプです。ハードなタイルよりは飽きない感じでオススメです
tonchi

キッチンやバスルームといった水回り以外でのタイル使いをご紹介しました。インテリア上級者さんのアイデアは、参考になりますね。インテリアのアクセントとして、色味や質感にこだわったタイルを取り入れてみませんか。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「タイル アクセント」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ