色を使いこなして海外風!カラーコーディネートのヒント

色を使いこなして海外風!カラーコーディネートのヒント

あこがれの海外風インテリア。RoomClipでも人気ですが、素敵な実例に共通しているのはカラーコーディネートの巧みさです。大きな家具からお部屋の細部まで、全体のカラーバランスを考えて選び抜かれたアイテムがそろっているんですね。そこで、今回はカラーコーディネートのヒントをご紹介します。

基本のモノトーン

カラーコーディネートといっても、最初から華やかな色に挑戦するのは難しいもの。まずはお部屋をモノトーンでそろえてみましょう。あとから差し色を加えてもいいですし、モノトーンのまま広々落ち着いた空間を楽しむのも素敵ですね。

全体をホワイトで

真っ白な壁と棚がまぶしいこちらの実例。アイテムも主張が控えめで、壁の白さの中に美しく収まるようなものが選ばれていますね。床の模様が、真っ白な空間のアクセントとなっています。

グレーを混ぜていく

真っ白な壁や家具に、ファブリックでグレーを混ぜていったのがこちらの実例。全体がホワイトとグレーで二階調の色合いになっているので、立体感や動きを感じることができます。それでいてあくまでも大半はホワイトなので、とてもすっきり爽やかな印象になっていますね。

グレーのバリエーションを楽しむ

ホワイトの壁に、ベッドのファブリックやディスプレイでいろいろなグレー・ホワイト系の色を混ぜているこちらの実例。ベッドの上は特に、三種類のカラーが上手に共演していますね。グリーンが差し色になって、オーガニックな雰囲気を生み出しています。

ホワイトやグレーに他の色を混ぜていく

では次に、今まで紹介してきたようなモノトーン系のコーディネートに、一色別のカラーを加えた実例を見ていきましょう。ブルーやオレンジなど、モノトーンとは対照的に主役になるカラーなので、それだけを使いこなすのは難しいですが、ホワイトやグレーを地にすればやりやすいですよ♪

海を感じるターコイズブルー

こちらの実例では、ホワイトが中心になっているベッドファブリックやカーテンに、海を感じるターコイズブルーが主役として加えられています。ほとんど二色で構成されたお部屋は統一感が素晴らしく、ホテルのよう。地のホワイトがブルーを引き立たせているんですね。

青がアクセントの爽やかでステキな寝室ですね! こんなステキな寝室ならいい夢見れそうです(≧∇≦)
bon1116

オレンジのベッドファブリック

こちらは、ホワイトのシーツにオレンジのファブリックを重ねた実例。オレンジはインパクトが強めのカラーなので、ベッドまわりで使うのは難しそうですが、ホワイトの面積が広いクッションや枕を採用することで難なく解決しています。横に添えられたグリーンもいいですね。

グリーンのクッションカバー

ウッドカラーな床に、オフホワイトのソファーが地となっていて、その上にグリーン・ライトグリーンのクッションを載せてナチュラル系で統一されているのがこちらの実例です。シンプルめのコーディネートにクッションカバーを追加するだけで、華やかになるのはうれしいですね。壁のアートも薄めのイエローでぴったり。

現在、我が家は新緑コーデ中です。(*´ω`*)色んなグリーンのカバーで楽しんでます。
hiyo.piet

パープルソファに挑戦

いままでは、あくまでメインの家具はホワイト系のカラーという実例を紹介してきましたが、こちらの実例はパープルのソファーに挑戦。後ろの壁やディスプレイはグレーやホワイトなので、ソファーがよく映えますね。クッションの色もバリエーションを楽しんでいて、全体像に立体感がでています。

色合いが最高にステキです♡!
saya

壁紙や複数の色にチャレンジ

最後は、壁紙を全面的にホワイト以外のカラーにしていたり、何色もの色を上手にお部屋に取り入れたりして、海外のお部屋のようなカラーセンスを再現している実例をご紹介します。ヨーロッパのアート系映画から飛び出てきたような、憧れのお部屋を見ていきましょう。

憧れ♡水色の壁紙

海辺のリゾートのような、爽やかな水色の壁紙が印象的なこちらの実例。ベッドのファブリックも同系色の色でまとめられていて、他の家具はそえる程度。主役の水色が引き立っていますね。グリーンも水色と相性がいいです。

イエロー×グレー

こちらはシックでいて少し遊び心を感じる、グレーとイエローのお部屋。グレーの壁紙はとても落ち着いた睡眠空間を演出してくれそうで、明るい元気なイエローを大人っぽく洗練された印象にまとめています。外にはヨーロッパの街並みが広がっていてもおかしくなさそう♡

ピンクでお姫様のように

海外の女の子のお部屋のようなこちらの実例では、ピンクの壁紙がとてもキュート♡壁紙とベッドが甘い雰囲気なので、お布団はボーダーやホワイトで抑えていて、全体のバランスがとてもよくとれていますね。

ナチュラル×イエロー×ブルー

こちらの実例は、スペースの大半がシンプルにまとめられていながら、イエローのカーテンやブルーのクッションといった差し色がよく目立っていて魅力的。アクセントカラーを二色入れるという上級者テクニックですが、引き算で最低限のアイテムに取り入れているので、すっきりして見えますね。

楽しいカラフルルーム

ブルーの壁紙に、レッドとイエローのソファーという難易度の高そうなカラーを採用しているこちらの実例ですが、びっくりするほどよくまとまっています。ところどころにホワイトを取り入れて、色が混雑するのを上手に避けていますね。雑貨の色も周りとのバランスを考えて配置されているのが伝わってきます。


いかがでしたか?よく考えられた色使いで、完成度の高いインテリアがたくさんありましたね。これらの実例を参考に、カラーコーディネートという視点からインテリアを見直してみるのもいいかもしれません。ご紹介した実例が参考になればうれしいです。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「カラーコーディネート 海外風」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ