自分流に使いこなして♪IKEAのトロファストで収納上手に

自分流に使いこなして♪IKEAのトロファストで収納上手に

組み合わせが自在な、IKEAのトロファスト。かさばりがちなおもちゃなどの収納に、大人気の商品です。スタイリッシュな見た目と、扱いやすいボックスで、大人も子どももストレスフリー。ユーザーさんも、多様な方法で使いこなしていました。おもちゃ収納はもちろんのこと、それ以外の使い方も参考にしてみてくださいね。

やっぱりコレ!おもちゃ収納に大活躍

トロファストは、おもちゃ収納に大活躍。サイズや色などが選べて、ボックスをそのまま持ち運べるのが、人気の秘密です。細かいものから、大きなぬいぐるみまで、すべてをここに収めることができて、お部屋がすっきりします。

細かいおもちゃも分類できる

おもちゃは、細かい部品やコレクションするものが多いもの。yanaさんは、中に仕切り用のボックスを入れて、細かく分類しているそうです。中でごちゃごちゃにならず、子どもでも片付けがしやすいですね。収納容量が一目で分かるので、買いすぎも防げそう。

リビングのおもちゃも、これならOK

おもちゃはリビングにおいて、目の届く場所を遊び場にしている方も多いですよね。しかし派手な色が多く、雑然としてしまうことも。legomamaさんは、モノトーンの引き出しを選び、そんな悩みを解決していました。ナンバリングをして、子どもでも分かりやすい工夫をしていました。

おもちゃ収納の定番 イケアのトロファストが大活躍です。リビングにも馴染むようにモノトーンで統一しました。子どもにも分かりやすいように、引き出しに番号をつけてます。
legomama

上には大型おもちゃを置いて、収納兼遊び場

低いサイズのフレームなら、子どもの高さにぴったり。棚の上に、ハウス系や線路などの大き目のおもちゃを収納すれば、そのまま遊び場が完成です。Michiさんの子ども部屋は、おもちゃのハウスがたくさん並んで、キュートなインテリアの一部にもなっています。

キッズスペースの仕切りに

リビングに続く和室を、遊び場にしているkoumeさん。仕切りとして、階段型のトロファストを置いているそうです。リビングから目が届きつつ、遊んで散らかしても、リビングへの影響が少なくすみます。子どもが、あちこちにおもちゃを持ちこまず、遊ぶ場所をきちんと認識できるのもいいですね。

アレンジを加えて、さらに便利に

そのままでも、使い勝手が良く絵になる棚ですが、アレンジを加えればさらに便利に。天板を置いて、棚の上を自由に使ったり、DIYの材料としても活躍します。子どもの遊び方や、お部屋の活用法に合わせて、アレンジを試してみてくださいね。

横に並べて天板を置けば、机にも

arika_919さんは、両端に置いたトロファストに天板を置き、長い机のように使用していました。合間に椅子を置けば、座って遊んでも、勉強やお絵かきにも。広いフラットスペースが確保できるので、年齢や遊びの内容の変化に合わせて、アレンジ自在です。

天板を置いて、広々な遊び場を確保

トロファストを二台使って、広々としたスペースを作りだしています。棚を置いてしまうと、遊ぶ場所が狭くなってしまいますが、これならそんな心配もありませんね。立ったまま棚の周りを移動して、自由な遊びができそうです。大きなおもちゃもここに広げれば、片付けに手間がかかりません。

土台に使って、おままごとキッチンをDIY

トロファストを土台にして、おままごとのキッチンをDIYしています。ちょうど作業しやすい高さになっていますね。キッチンで使う小物のおもちゃは、下の引き出しに入れて、散らかり知らずに。使いやすさを考えられているので、子どもも集中して楽しむことができます。

おもちゃ収納以外の使い方も

おもちゃの収納に大変優秀なトロファストですが、それだけではもったいない。それ以外の用途でも、家中で活躍させることができます。ここでは、利点を活かした色々な活用方法を、ご紹介したいと思います。

通気性抜群の洗濯物入れに

三段のトロファストを、分別できる洗濯物入れにしているmmさん。外から中身が見えず、通気性もあるので、ぴったりなんだそうです。上はちょっとした物置にもなって、省スペースで機能的に使えます。

わが家の洗濯物入れはトロファスト。上からタオル入れ、おしゃれ着、通常の洗濯物。丸見えにならず、かつ風通しがよくて最高。奥行も造り付けのリネン庫とピッタリ!
mm

フレームを横に使って、テレビ台

ボックスは使わず、フレームを横にして、シンプルなテレビ台にする方法も。ゴミ箱やオムツセットなど、日常的に使うものを取り出しやすく収納したり、絵本を入れて本棚としても活躍しています。小物収納だけでなく、アイデアしだいで用途が広がりますね。

ワークスペースの、収納と机として

以前はおもちゃ収納に使っていたものを、ワークスペースで再利用。手芸の材料や文房具などを、収納しているそうです。上にはパソコンを置いて、デスクにも早がわり。スツールをあわせて使えば、長時間の作業も楽にこなせますね。

手芸材料や文房具は IKEAトロファストに分別できて 使いやすいです。
bebiko

組み合わせが豊富なので、どんなお部屋にでも合わせやすいですね。おもちゃを卒業しても、ボックスの色でイメチェンしたり、フレームだけで使うなど、用途を変えて長く使えます。自分流のトロファスト活用法を見付けたくなりますね。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「IKEA トロファスト」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ