団地で快適に暮らす!お部屋を広く見せるインテリア術

団地で快適に暮らす!お部屋を広く見せるインテリア術

立地条件や建物の構造がしっかりしていること、敷地内に緑地が確保されていることなど、近年団地のメリットが見直されています。「狭い」「古い」というイメージがある団地でも、工夫しだいでおしゃれなインテリアを実現することが可能です。今回は、団地で快適に暮らすユーザーさんのアイデアをご紹介します。

団地のお部屋を広く見せる3つのポイント!

まずはじめにご紹介したいアイデアは、団地の「狭さ」を克服する3つのポイントです。どれも、今すぐ取り入れることができるシンプルで簡単なアイデアばかりですので、ぜひ試してみてください。

①背の高い家具を置かず空間を広く使う

お部屋を広く見せるためには、家具の圧迫感をなくすことがポイントになります。背の高いものや、重みを感じる質感や素材の家具は避けた方がよいでしょう。dekoさんのリビングには、ご覧のようにソファやローテーブルなど背の低い家具だけが置かれていて、広々と感じますね。

②視界を遮らないレイアウトで開放感を演出

お部屋を広く見せる2つ目のポイントは、視界を遮らないレイアウトです。キッチンダイニングとリビングのスペースに仕切りがある団地もありますね。ふすまで仕切られリビングが和室になっている団地もあるかもしれません。saokoさんは、仕切りを外してオープンなレイアウトにすることで、開放感を演出しています。

③モノの数を厳選して減らしてすっきりと

お部屋を広く見せる3つ目のポイントは、モノの数を減らすことです。コンパクトなスペースだからこそ、床や壁は極力すっきりとさせることで空間を広く感じることができます。モノの数だけでなく色数も抑え、厳選したお気に入りのものに囲まれているokurachanさんのインテリアは参考になりますね。

アクセントウォールで立体的に広く見せる

続いてご紹介するアイデアは、壁の1面を使ったアクセントウォールです。海外インテリアでも定番のテクニックですね。お部屋が立体的に見え、空間を広く感じさせることができるテクニックとしておすすめです。インテリア上級者さんたちは、ペイントや壁紙、リメイクシートなどを使ってさまざまな表情の壁を作っています。

団地とは思えない!原状回復OKの男前な壁

築36年の団地にお住まいのRabbitさんは、原状回復ができるレンガ調の壁紙を使って男前インテリアを実現されています。リアルな質感の壁紙が、団地とは思えないスタイリッシュな空間を生み出していますね。レザーソファには、ぬくもりを感じるチェックの大判ブランケットを掛けて、猫の爪痕防止もかねているそうです。

リビングに作る板壁風のアクセントウォール

kanaさんがチョイスしたのは「ダイソー」のリメイクシートです!リビングの壁だけでなく、キッチンにも活用されています。ラスティックな雰囲気の板壁風のアクセントウォールが、手軽に作れるすぐれものですね。スタイリッシュな雑貨や収納アイテムを並べたすてきなコーナーが誕生しました。

リビングに自分と子供のスペース。
kana

ホワイトインテリアのアクセントウォール

フレンチカントリースタイルのインテリアがお好きというMimi-blancheさんは、ホワイトで統一してお部屋を広く見せています。リビングのテレビが置かれた壁には、部分的に白いレンガが貼られておしゃれなアクセントウォールになっていますね。レンガシートを使ったアイデアです。

押し入れを活用してデッドスペースをなくそう

団地のインテリアを考えるときには、デッドスペースをなくして空間をムダなく使い切ることも大切です。なかでも、もともと設計されている押し入れを利用しない手はありません。単に納戸的に使うだけでなく、フレキシブルに使うアイデアをご紹介していきましょう。

子ども部屋にした和室の押し入れをデスクに

押し入れを活用してデッドスペースをなくすアイデアの1つ目は、akaneさんのDIYです。ふすまを外し、中段を白くしていますね。背面の壁も、サブウェイタイルのような表情でスタイリッシュに変身です。こちらのスペースは、もともと和室だったところを子ども部屋に改装されたそうです。

押入れDIYで子供達の机。
akane

押し入れをハンドメイドや事務スペースに

続いてご紹介するのは、anrimamaさんのアイデアです。押し入れの構造を上手に利用して、ハンドメイドコーナーに作り替えました。ミシンや糸など裁縫用具を整然と並べておしゃれな見せる収納を楽しまれています。中段は、大理石模様のようですね。天袋のふすまは、ラスティックな板壁風にチェンジしています。

押し入れを改装して子ども部屋を広げる

3つ目にご紹介する押し入れの活用方法は、kusuttoさんのアイデアです。押し入れの中段を取り払って子ども部屋のスペースを広げています。水色の壁と白い天袋やデスクとの組み合わせもすてきですね。こちらのスペースは、押し入れに合わせて床全体を高くしているそうです。

参考にしたい!団地でも実現できる海外風インテリア

最後にご紹介したいのは、海外風のインテリアを実現しているアイデアです。おしゃれな色づかいや家具のレイアウト、かわいいデザインのチョイスなどが、まるで海外のアパートメントのようですね。DIYも駆使して、心地よいインテリアを目指している方も多くいらっしゃいます。参考にしたくなるアイデアが満載です!

カラフルなチェストが目を惹くリビング

hotaruさんは日々インテリアを追求されています。カラフルな引き出しのチェストが、リビングのインテリアのポイントになっていますね。レザーソファや昔の学校で使われていたような机とイスのセットなど、どこか懐かしさを感じる家具でまとめた魅力的な空間です。

見せる収納とレトロな雰囲気が魅力的!

Makeesさんは、セルフリノベーションで海外インテリア風の見せる収納を楽しむリビングへとチェンジしました。ランタンやアートを効果的に見せている棚板シェルフが魅力的ですね。レトロな雰囲気の照明や扇風機もインテリアのアクセントとして活躍しています。

さわやかでこなれた西海岸風のキッチン

DIYstさんのキッチンは、バックスプラッシュの白いサブウェイタイルがさわやかな印象を与えてくれます。ブレッドケースはDIYstさんの手作りだそうです!生活感の出るものは隠す収納にし、カラフルなカトラリーは見せるというように、メリハリを利かせるのがポイントになっていますね。

このブレッドケース手作りしてみました♡ いつも食パンが、、生活感漂よわしてくれてて、、(笑)
DIYst

さまざまな工夫をしてすてきなインテリアを楽しんでいる、団地にお住まいのみなさんのアイデアをご紹介しました。広く見せるためのポイントをおさえ、心地よくおしゃれな空間を演出してみませんか。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「団地」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ