モロカンからモダンまで!魅力あふれるBOHOインテリア

モロカンからモダンまで!魅力あふれるBOHOインテリア

世界中のインテリア好きたちを夢中にさせる、BOHO(ボーホー)インテリアをご存知ですか?異なる文化や時代を融合させた魅力的なミックススタイルです。放浪生活をする人々を指す「ボヘミアン」とニューヨークのトレンド発信地「SOHO(ソーホー)」から生まれた、BOHOの代表的なスタイルをご紹介していきましょう。

バザールの雰囲気を感じさせるモロカンBOHO

BOHOスタイルという言葉から連想されるのは、カラフルな民族モチーフという方も多いのではないでしょうか。北アフリカに位置するモロッコのバザールを想像させるモロカンBOHOは、BOHOインテリアを代表するスタイルの1つです。豊かな色彩と印象の強いパターンの組み合わせを楽しみましょう。

プフとキリムで作るBOHOスタイル

モロカンBOHOに欠かせないアイテムといえば、多色使いのキリムラグとプフと呼ばれるモロッコ独特の円型や立方体のクッション。ハワイにお住いのGenjiさんは白いプフを選び、暖色系のカラフルなキリムラグと組み合わせたインテリアを楽しまれています。床とソファも白で合わせれば、キリムのデザインが映えますね。

ナチュラルな空間に映えるカラフル小物

timoshinさんのリビングは開放感あふれる空間。白木の梁やフローリング、窓からのグリーンなどナチュラルな空気が漂っていますね。壁面を上手に使ったディスプレイ収納で目を惹くのがカラフルな小物たちです。モロカンBOHOらしいプフとキリムのほかにも、テキスタイルや陶器で明るい色をプラスしています。

モノトーンのベニワレンラグとクッションで

yupinokoさんが選んだのは、モロッコ北部に暮らすベニ・ワレン族の女性たちが作るベニワレンラグ。モノトーンのラグに合わせて、クッションカバーも同系色の民族柄をチョイス。モロッコテーブルやプフ、モロカンBOHOらしいアイテムも組み合わせ、ダークカラーを効かせれば大人っぽいインテリアを演出できます。

念願のベニワレンラグ♡
yupinoko

ヴィンテージレザーとネイティブ柄で作るウエスタンBOHO

ウエスタンBOHOは、ヴィンテージレザーや使い込まれた木の家具などで知られています。低い床のベッドに染め模様のブランケットを組み合わせるなど60年代風のアイテムも人気です。ネイティブアメリカンの民族が代々受け継いでいる模様などを取り入れると、ワイルド・ウェスタンBOHOのインテリアとなるでしょう。

ドリームキャッチャーのあるベッドルーム

pさんのベッドルームには、ドリームキャッチャーが吊るされています。ドリームキャッチャーは、もともとネイティブアメリカンのオジブワ族に伝わるもので、眠っている子どもを悪夢から守るお守りのような存在。西海岸風インテリアとウエスタンBOHOがミックスされた、おしゃれなベッドルームになっています。

レザーソファとキリムラグにニットをプラス

存在感のあるレザーソファが置かれているのは、STELLA_SEAさんのリビング。ブラウンのレザーに近い色味のキリムラグを足元に敷いて、ハンドメイドのアイテムを組み合わせています。極太のチャンキーニットを使ったブランケットは、空間にぬくもりを加えていますね。この上級テクニックは参考にしたくなります。

青空や海を感じさせる壁の色がポイント

bowbowcoさんのリビングは、なんといっても壁の色が特徴的。青空や海をイメージさせる壁を中心に、ボヘミアンビーチテイストのBOHOインテリアを実現されています。こちらもレザーソファとキリムラグの色味がそろっていますね。木製のサーフボードや大きなグリーン、ギターとトータルコーディネートも完璧です。

BOHOスタイルっぽくしてみたいなー ボヘミアンビーチミックスという感じかなー
bowbowco

ホワイト・オン・ホワイトで作るモダンシックBOHO

続いてご紹介するのは、モダンシックBOHOと呼ばれるスタイルです。レースやロープ、ペイントした木の板や肌触りのいいファブリックなど、さまざまな素材や質感の白と白を重ねるホワイト・オン・ホワイトが人気を博しています。さし色に明るさを感じさせるブルーやオレンジ、ブラウンを加えてもいいですね。

コージーなBOHOコーナーのあるアトリエ

9boさんのアトリエには、モダンでシックなBOHOコーナーがあります。白を基調に、グレーをプラスしたおしゃれなモノトーンでコーディネートされた居心地のいい空間です。カラーレスのマクラメ編みで作られたウォールハンギングやハンモック、床に並べられたカゴなどをミックスするアイデアは、魅力いっぱいですね。

リゾートのような雰囲気のベッドルーム

リゾートのような雰囲気でコーディネートされているのは、swaro109さんのベッドルーム。ホワイト・オン・ホワイトのアイテムづかいは参考にしたくなりますね。ドリームキャッチャーも白なので、大きめサイズでも圧迫感はありません。コーナーに掛けられたボールライトは、ハンドメイドだそうです!

手作りのボールライトがお気に入りの寝室や♪
swaro109

余白を活かしたモダンシックBOHO

ハワイにお住いのfreakycatさんのリビングは、白い壁にたっぷりと余白を残した美しい空間。ソファやデイベッドは白を基調にそろえ、足元にはモロッコのベニワレンラグをプラスしています。クッションカバーなど小さな面積にフォークロアな民族柄を取り入れて、モダンシックなBOHOスタイルを作り上げました。

ほかにもあります!さまざまなBOHOスタイル

BOHOインテリアの代表的な3つのスタイルを取り上げましたが、ほかにもさまざまなアイデアがあります。ポイントは、好きなものをミックスさせること。色や柄、文化や時代などさまざまなスタイルを融合させることで、自分らしいBOHOスタイルを作り上げているユーザーさんをご紹介していきましょう。

さりげない手仕事の装飾品をポイントに!

手仕事で作られたアイテムをディスプレイするのも、BOHOスタイルの特徴です。ビーズを使った装飾品やタッセル、刺繍などのアイテムと、ナチュラルな流木や白木を組み合わせた空間は心地よさにあふれています。こちらの白樺や織り機、トルコ絨毯で作られたBOHOコーナーは、Katsuraさんのリビングです。

グリーンと組み合わせるナチュラル空間

shinさんのリビングは、まさに好きなものに囲まれたミックスインテリアが魅力的。家具のほとんどが木の質感を活かしたブラウン系でまとめられ、たくさんの観葉植物とともにリゾート感を演出しています。ソファの背面にはボタニカルアートのフレームを飾り、アジアンスタイルのナチュラルBOHOを楽しんでいます。

ぬくもりを感じる北欧×BOHOスタイル

シンプルでナチュラルな北欧風インテリアは、日本の住宅事情やライフスタイルとのなじみもよく人気がありますね。 Hisayoさんは、北欧×BOHOのスタイルを楽しまれています。藁を使ったフィンランドの装飾品ヒンメリとベニワレン風のシャギーラグの組み合わせが、心地いい空間を生み出しました。


世界中の人々を惹きつけている、BOHOインテリアの代表的なスタイルをご紹介しました。どのスタイルも、異なる文化や時代を効果的にミックスさせるという共通点があります。好きなものに囲まれた、リラックスできる空間を楽しんでみませんか。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「BOHO」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ