機能から使い方まで大公開!実は超優秀なロールスクリーン

機能から使い方まで大公開!実は超優秀なロールスクリーン

カーテンやブラインドに比べると、やや馴染みの薄いロールスクリーン。「とても良いもの」との噂を聞いても、イマイチ特徴が掴めず、使い方も不明で手が出せないという方も多い商品です。そこでこの記事では、このアイテムの特徴と、多様な使い方をご紹介していきます。ぜひ魅力に触れてください。

ロールスクリーンのイロハ

今回ご紹介するロールスクリーンとは、現代のお部屋に似合う、あか抜けたデザインの日除けアイテムです。最近では、カーテンやブラインドに引けを取らない優れた機能付きの商品が続々と誕生し、ラインナップが充実してきました。まずは、そんなこのアイテムの特徴と、人気の機能についてお届けしていきます。

良いところ取りのデザイン

ゆとりある上質な窓辺。ここを彩っている商品こそが、ロールスクリーンです。カーテンの滑らかさに、ブラインドのシャープさが合わさった、程よくスッキリとしたデザインが特徴的。ニュアンスのある上品なこの窓辺にピッタリですね。この商品は、このようにカーテンとブラインドの良い点を合わせたデザインをしています。

サイズは豊富で、オーダーも可能

カーテンやブラインドと同じく、このアイテムも窓のサイズに合わせてオーダーをすることができます。こちらの清潔でさわやかなキッチンに取り付けられた横長のものも、実はオーダー商品とのことです。ジャストフィットさが、とても清々しいですね。

遮光機能付きが人気

最近では、高い遮光機能を備えた商品が登場しています。その実力は申し分なく、遮光カーテンに引けを取りません。遮光1級の商品を購入したというkuuuuさんも、その実力の高さに驚きの声をあげています。写真を見ても、ひと目で効果のほどが分かります。

ショップ名&商品名:ロールスクリーンストア&ロールスクリーン遮光立川機工ロールスクリーン 遮光1級ってスゴイ…( ̄∀ ̄) これで夏のスダレから卒業や〜
kuuuu

調光機能付きの商品も登場

にわかに注目を集めているのが、こちらの調光機能付きの商品です。一般的にボーダーの間隔を細めたり広めたりすることで光の量を調整でき、ブラインドのように使用できると、人気を呼んでいます。デザインも品があって良い感じですね。海外のモデルルームのようなこのお部屋にピッタリです。

ロールスクリーンの飾り方

特徴と機能をご紹介したあとは、このアイテムの粋な飾り方をご紹介していきます。インテリアにこだわりを持つ人たちが集まるRoomClipには、センス良く飾りつけれた実例が勢ぞろい。今回は、その中でも、特に目を惹く例を集めてみました。

透け感のあるものをピッタリサイズで

海外ドラマに出てきそうな、アーバンで洗練されたお部屋。こちらのお部屋では、真っ白なロールスクリーンが取り付けられています。透け感のある素材をチョイスすると、こんなにもお部屋が明るくなるんですね。自然光の優しい光が、お部屋をよりステキにしています。

ニチベイのモニターで頂いたロールスクリーンを下ろした状態の部屋です。 真っ白のレースだから、ほわーんと透けてくれていい感じです! 取り付けも1人で簡単に出来ました(*´∀`)
chiikoko

サイズの違うものを2枚設置する

スッキリとしたナチュラルテイストのリビング。こちらでは、サイズ違いのロールスクリーンが2枚一緒に取り付けられています。この飾り方は、大きな窓でとても役に立ちそう。一方を下ろし、一方を上げるということができるので、光の加減を簡単に調整できますね。

カーテンと一緒に飾る

惚れ惚れするほどクールなこちらのお部屋では、カーテンとロールスクリーンが一緒に使われています。これはとても斬新な飾り方ですね。単品で飾るよりも、かっこよさが際立ちます。ロールスクリーンの新たな可能性に、ドキドキと胸が高鳴ります。

ステンシルでアレンジする

DIY好きさんが集まるRoomClipでは、アイテム自体にアレンジを加えている人も。こちらのpopさんもそのひとりで、なんとご自身で生地にステンシルを施したそうです。お部屋の正面に見える、黒地×英字ロゴのスクリーンが、その作品です。市販のアクセントクロスよりもクールなできばえです。

日除け以外の使い方

ロールスクリーンは、日除けとして使用するのが本来の使い方です。しかし、絶対にその使い方しかできないというわけではありません。最後は、ロールスクリーンをお部屋の意外な場所で使っているユーザーさんをご紹介していきます。どんな使い方があるのか、教えていただきましょう♪

目隠しとして使う

写真正面に取り付けられたロールスクリーン。この奥には、パントリーが広がっています。n_m_houseさんは、このように目隠し代わりに使用しているそうです。カフェカーテンよりも、スマートな印象を受けますね。圧迫感がないので、キッチンがより広く見えます。

押し入れのふすま代わりに

シンプルでクリアーな畳のお部屋。ここでは、押し入れのふすま代わりに使用されています。ちょっと意外な組み合わせかと思いきや、このアイテム独特のスッキリ感が、凛としたお部屋にベストマッチ。お部屋全体があか抜けて見えます。

扉として使うことも

あっさり、でも洗練された寝室。このお部屋からも、ユニークかつ斬新な使い方を知ることができます。なんと、Emiさんは寝室と書斎の境目に設置して、扉代わりにしているのです。人の気配や光の遮断、そして温度調整などに大変役立つ使用法ですね。

お部屋の仕切りとして

小上がりに設けられた畳のお部屋。鮮やかでありながら、上品なコーディネートに目を奪われがちですが、視線をやや外してみると、上部にロールスクリーンの姿が確認できます。これは、高貴な雰囲気の仕切りですね。几帳のような趣があり、畳のお部屋にピッタリです。


まだまだ機能面でカーテンやブラインドに劣ると思われがちなアイテムですが、実はまったく引けを取っていなかった優れものでしたね。もし、興味を惹かれましたら、ぜひ実物に触れて、その実力を確かめてみてください。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「ロールスクリーン」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ