ワンルームで新生活!レイアウトのテクニック、教えます♡

ワンルームで新生活!レイアウトのテクニック、教えます♡

これから始まるワンルームでの新生活、待ちどおしくてワクワクしている方も多いはず♪ 一人暮らしでは、大好きなインテリアにもチャレンジしたいですよね。ワンルームはシンプルだからこそ、レイアウトが重要なポイントとなります。先輩ユーザーさんからコツを学んで、住みやすいワンルームを作ってみませんか?

ベッドを奥に配置するレイアウト

すべてのものをひとつのお部屋に納めなくてはならない、ワンルーム。一番大きな家具であるベッドをどこに置くかで、お部屋の印象が決まります。ここでは、ベッドを窓に沿って置いたレイアウトをご紹介します。どんな雰囲気のお部屋になるのか、チェックしてくださいね。

濃いカラーで視線を奥へ集める

ワンルームで基本レイアウトのひとつが、ベッドをお部屋の奥に配置する方法です。ベッドまでの空間を自由に使えることが、大きなポイント♪ mirさんはこのレイアウト法で、濃い色のベッドカバーを使いスッキリとまとめています。視線を奥に集めると広く見える効果があり、お部屋のサイズに悩んでいる方におすすめです。

お部屋が素敵すぎてー! うっとりしました(*^^*)
Spring

収納エリアは左右に設置

ベッドを奥に配置したら、残りをどう使うかで、ワンルームの暮らしは大きく変わるはず。TAIさんは真ん中にスペースを作り、左右に収納エリアを設置。たくさん収納することができ、中央にはゆとりある空間ができました。知らないうちにものが増えてしまうこともあるワンルームで、おすすめのレイアウトです。

ソファを置けるレイアウト

ワンルームでも、ソファを置いてリラックスできるお部屋にしたい!そんな方におすすめなのが、nasiさんのレイアウトです。ベッドは部屋の奥に置いて、中央にはソファとテーブルでゆったりとした空間に。ポイントは、nasiさんのように低めの家具を選ぶこと。お部屋も広く見え、快適なワンルームになるはずです。

ベッドを縦に置くレイアウト

ワンルームのお部屋に多い、長方形。その形を活かしたレイアウトが、ベッドを縦に置く方法です。縦のラインを強調することで、ドアからお部屋の奥までを広く見せる、効果がバツグンのレイアウトと言えるでしょう。ここでは、ベッドを縦に配置して、ワンルームを上手に使いこなしているユーザーさんたちをご紹介します。

ワンルームでシンプルに暮らす

ワンルームでの暮らしは、シンプルなものにしたい!と思っている方に見てほしいのが、kumazouさんのお部屋です。モノは極力減らし、スッキリとした中で丁寧な暮らしを送っているのが分かります。フォトフレームやグリーンが、整然とした美しさを感じるお部屋の中で、気持ちのよいアクセントとなっています。

こちらレースカーテンはどうやって留めていますか? こんな風にスッキリさせたいです。
key20180116
レースカーテンは、左右のレースカーテンを真ん中でクリップで留めているんです。 後は、カーテンと一緒にレースカーテンの裾を緩めにタッセルで留めたら、こんな風になります。
kumazou

ワンルームで感じる解放感♡

pojjm5さんのワンルームで印象的なのは、全体にただよう解放感。お部屋の長方形の形を活かしたレイアウトで、気持ちのよい風がとおり抜けていくようです。ホワイトカラーで明るくまとめた室内に、バランスよく置かれたグリーンが、お部屋をみずみずしく見せています。

クール&リフレッシュな空間を

ワンルームだと、ちょっぴり息苦しさを感じそう?そんな風に考えている方必見なのが、mashumaroさんのお部屋です。縦のラインを上手に使いこなしたレイアウトは、お部屋を広々と見せるのに効果バツグン。クールな印象のコンクリートに観葉植物をプラスし、存分にリフレッシュできるワンルームが完成しています。

コンクリート打ちっ放し憧れます!コンクリートに黄色いお花、とても映えますね❤️
kmk
ありがとうございます! コンクリに植物は実はとっても合うんです^ ^
mashumaro

ベッドをコーナーに置いて、スペースを確保

ベッドをコーナーに配置する利点は、縦のラインを活かすばかりではありません。annさんのレイアウトは、お部屋の中心にゆったりとしたスペースを確保。これなら、大きめソファも置けますね。床のカラーとフィットした木材の家具をチョイスし、お部屋は、コージーな雰囲気に満ちています。

仕切りを使って、ワンルームにメリハリを

ワンルームはその名のとおり、お部屋の数はひとつとなります。それでも、隠しておきたいものやエリアを分けたいときもありますよね。そんなときに活用したいのが、仕切りです。ちょっとしたアイデアで、お部屋を区切ったり、メリハリをつけるのに大活躍!ユーザーさんから、使い方のヒントをもらってくださいね。

パーテーションでベッドを目隠し

ワンルームでは寝るのもご飯を食べるのも、同じお部屋。でもプライベートなエリアを確保したいと思う方におすすめなのが、turisurunekoさんのパーテーションの使い方です。ファブリックを使ってやわらかにエリアを分けており、圧迫感を感じさせません。雰囲気アップにも間違いなし!のアイテムです。

収納ボックスでエリアを分ける

ワンルームでは、限りあるスペースを有効に使いたいもの。Kanさんは、そんな願いとエリア分けをふたつ同時に叶えています。ベッドの脇にはボックスを配置し、収納スペースをキープ。そして、ベッドとソファのエリアをしっかりと区切っています。ワンルームを無駄なく使い、メリハリもつけたお手本レイアウトですね。

お部屋の雰囲気に合うパーテーションで♡

ラック式のクローゼットを使用している方、ご注目です。ゲストが来たときには衣類を隠したい!という悩みを解決してくれるのが、sakielさんの仕切りの使い方です。海外風インテリアにまとめたお部屋にぴったりな白いパーテーションで、室内はスッキリ。女性らしい雰囲気いっぱいのワンルームを作り上げています。


これから始まるワンルームでの新生活。どんなレイアウトにしたら、住み心地のいいお部屋になるか......悩むことがあるかもしれません。そんなときは、一人暮らしの先輩ユーザーさんたちのレイアウトから、コツを学んでくださいね。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「ワンルーム」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ