ファッショナブルでポップ★憧れの60'sミッドセンチュリー

ファッショナブルでポップ★憧れの60'sミッドセンチュリー

ミッドセンチュリーはインテリアの黄金期。60年代(60's)は先鋭的でカッコいいインテリアが特徴です。また、色味が深く、コーディネートが独特のムーディなところも魅力。サイケデリックでありながら、どことなくノスタルジーを感じる60'sの、カリモク60などの家具をお部屋にとり入れたスタイルのお部屋をご紹介します。

黒革のソファはミッドセンチュリーの華

60'sの色合いが濃く出たカリモク60の黒革のソファ。お部屋にひとつあるだけで、グッと重厚感が増します。オシャレなのに、頑張りすぎていない感じがして、こなれて見えるのも優秀なところ。思わず欲しくなってしまいそうなミッドセンチュリーを感じさせる黒革のソファを使った実例を見てみましょう。

カリモク60のソファに夢中

1Kで一人暮らしをしているkomugiさんのお部屋。窓辺にベッドを横置きして、壁際にカリモク60のソファを置いています。テーブルはほどよく小ぶりにまとめて、空間構成が絶妙です。

ノーブルなリビングに置けば欧風スタイルに

ルイスポールセン、イームズチェア、カリモク60と、ノスタルジックなムードを醸し出す空間作りに成功しているNaoさんのお部屋。書棚が壁の一面を占めているこのお部屋はNaoさんのお気に入りです。時空を超えて、ミッドセンチュリーに迷い込んだかのような錯覚を起こしてしまいそうです。

ここで珈琲飲んでる時はシアワセ❤︎
Nao

ブルックリンスタイルに合わせてもキマる

上質感が漂うカリモク60のソファは、ブルックリンスタイルに合わせても、カッコよくキマります。60'sのソファがほどよくお部屋全体を引き締めて、かといって重くならないマジックが効いています。グレーのベッドや、明るい床やテーブルとも相性がいいですね。

カリモク60のグリーンのソファがいい

置くだけでミッドセンチュリーを感じさせる、カリモク60のグリーンのソファ。気品があって、深みのあるカラーがお部屋を彩ります。モダンなお部屋にも、ネイティブっぽさをプラスしても似合うので、比較的使いやすいアイテムでもあります。

フローリングに直置きの家具が心地いい

無垢材の床を活かしたフローリングに、家具を直置きしているstakeさん。シンプルなアイテムだけを置いた、モデルルームのようなお部屋です。手前のオットマンは、お部屋のアクセントになって、スタイルをキメています。

モダンな雰囲気にも合う重厚さ

北欧風が好きなpandaさんのモダンなお部屋にも、カリモク60のソファがすんなりとなじんで、ホテルライクなお部屋に仕上がっています。カーテンやラグ、ベッドの色味がモノトーンのグレーで配色されているので、60'sのグリーンのソファがアクセントになっています。

オレンジを差し色にして

ジョージネルソンやカリモク60のソファが置かれた、アンティークやレトロ感を愛するSHINPEIさんのお部屋。「音楽好き」という好みを反映して、ギターが直置きされています。本やレコードなど、好きなものに囲まれたお部屋は、ソファと引き立て合う、オレンジのネイティブなクッションが差し色になっています。

ギターは十代の頃にちょろっと弾いてた程度ですが、最近また弾き始めました。 楽器、本、レコードなど、住み手のパーソナリティを感じるものが並んでいる部屋が好き。
SHINPEI

ミッドセンチュリーと呼ばれる世代の絢爛

豊かさを体現して、明るくポップでありつつ、品のある重厚さを併せもつミッドセンチュリーや60's。コーディネートしだいで、華やかな空間を作ることもできます。北欧風やシンプルなお部屋に合わせても、どこか華があるので、そろえていくのも楽しみですよね。

北欧の香り漂う華麗なヴィンテージ風に

北欧風が好きなmashleyさん。イームズチェアをまわりに配置したテーブルは、お気に入りのカイクリスチャンセンのエクステンションダイニングテーブル。60'sのヴィンテージは、デザイナーの手によるアイデアがあふれるアイテムが多く、また、仕上がりも秀逸です。現代でも人気があるのが分かりますね。

わが家にカイクリスチャンセンのエクステンションダイニングテーブル参加。 必要なときはビヨーンと伸びて6人も座れて機能的。
mashlay

一人暮らしの1LDKになじむ

1LDKに一人暮らしのLUUさん。広々としたリビングを自分好みに配置して、楽しそうです。ランプやつばめのオーナメントまで気を配って、行き届いたコーディネートになっています。60'sのアイテムもお部屋になじんで、居心地のよさそうな空間を作っています。

選び抜かれたアイテムが輝く豪華さ

スプートニクランプやサンバーストクロックで飾られた3neoさんのお部屋。ひとつひとつの品が個性的で主張が強く、印象に残ります。それをツートンで分けた壁の色が穏やかに覆って、中和してくれていますね。どこを見ても輝くような、豪華な60'sを感じられるお部屋です。

サイケでレトロな60'sに憧れて

60'sはサイケデリック全盛期。今では、それがキュートでポップなアイテムとして受け入れられています。また、洗練さが漂う英国風のミッドセンチュリーも魅力的です。スペースエイジとレトロヴィンテージを掛け合わせて、贅沢な60'sを展開しているお部屋にも魅了されてしまいます。

ミッドセンチュリーのミニチュアがポップ♡

ringo_beatさんのお部屋の棚には、60'sのレトロでヴィンテージのミニチュアが並んでいます。ひとつひとつが愛らしく、実物と変わらないポップなカラーとデザインが楽しそうです。

英国ミッドセンチュリーの洗練

英国ミッドセンチュリーを愛するmakidさんの洗練されたお部屋。深いボルドーに傾いたピンクのカーテンと、同色のソファがメインカラーになっています。テーブルやライト、時計など、こまかなところまで行き届いた心配りが感じられます。

スペースエイジのキッチュな愛らしさ

ミッドセンチュリー&スペースエイジ&レトロヴィンテージが好きなNK67さん。デスクまわりのスペースも、キッチュで可愛いアイテムがそろっています。フォルムもカラーも、どれも愛すべきデザインで、見とれてしまいます。


ポップで上質、洗練されていながら、どことなくノスタルジーを感じる、ミッドセンチュリーや60'sの、カリモク60などの家具をとり入れたお部屋をご紹介しました。


RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「カリモク60 60’s」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事

RoomClipの関連タグ